<大糸線>  春先の装い
 丘の上で望遠レンズを飛ばす。斜光線が谷に差込みバックの山は既に影。軌道はわずかな隙間しか見えないがアングルを創ってみる。このあたりの木々はまだ芽吹き始めてもいないようで光に照らされた枝は春先の装いだ。軌道脇の草花だけが春を告げているような色をしている。
b0185825_16180619.jpg
2018/4/21 大糸線
Canon EOS-5D4 , Sigma S 120-300mm F2.8

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2018-05-16 16:18 | 大糸線 | Comments(0)
<< <大糸線>  芽吹きの境界線 <大糸線>  堰が幾重にも >>