<大糸線>  堰が幾重にも
 姫川に流れ込むどの川も雪解けで水量が多い。川幅が狭い谷川でもその流れはかなり早い。周囲の長閑でゆったりとした時の流れには似合わないように急いで賑やかに流れている。堰が幾重にも連なっている場所ではその音が谷を満たしてしまう。
b0185825_16141664.jpg
2018/4/22 大糸線
Canon EOS-7D2 , EF 70-300mm F4-5.6L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2018-05-15 16:16 | 大糸線 | Comments(0)
<< <大糸線>  春先の装い <大糸線>  強烈な光線 >>