72レ / 1050レ、 EF65-100 / EF66-33 須磨
2010/1/9撮影
 朝の梅貨で、ゆるゆると撮影を堪能してから予定通りにスマシオに移動した。めずらしく1番乗り。定番位置でカメラを構える。しばらくするとガラガラを引いてお一人いらした。72レの定刻まで十分に時間があるので、いろいろとお話すると・・・栃木からいらしたとか。メインは65、66、いっしょに「はまかぜ」といった狙いのようだ。このあとも四国に行かれるとか。う~ん、羨ましい。
 天気も良く、日当たり良好。雲もほとんどないので、冬場にしてはしっかりした日差しがある。コントラスト強め。各列車に遅れもなく、予定通りに撮影が進みそうだ。72レを引いて現れたのは、100号機。面に当たった光は、とても微妙?? 引きつけて面撮りしたほうは、日当たりはいいが手摺の陰が斜めにくっきり入って、もっとひどい。この時期は日が差すとこんな感じになるのか。前回の87号機の薄日のほうがいい出来だ。これは、いい勉強になった。
b0185825_19523192.jpg
2010/1/9 JR神戸線 須磨~塩屋 72レ EF65-100
Canon EOS 40D,EF 70-200mm F4.0L IS USM


 仕方がないので、この後の66、3連続は場所を変えることにする。時間がたつと太陽はもっと動くので、どうせなら面が半分完全に暗くなるほうがいいかもしれない。dotechingonさんのblogで、年末に7両「はまかぜ」を撮影されたポイントでやってみることにした。長いレンズを使うと、ドカンとくるので迫力があるはずだ。
 まずは、1070レだが、まだまだ太陽の位置が微妙。30分後の5088レ、1050レはまあまあになった。ひさしの下に影ができて、サングラスを掛けたようでなかなか厳しい面になった。ただ、期待の1050レは、2両目、3両目が空コキでせっかくの大型コンテナの迫力を期待したのだが・・・また、通わなくてはいけなくなった。構図はよかったのだが、全てうまくいくとは限らない。
b0185825_1953291.jpg
2010/1/9 JR神戸線 須磨~塩屋 1050レ EF66-33
Canon EOS 40D,EF 300mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-12 19:55 | JR神戸線 | Comments(8)
3084レ EF210-118 梅田貨物
2010/1/9撮影
 C62重連さまのblogを拝見していると、朝一の梅貨の光景がとてもいい。特にこの季節は3084レ発車時刻に日が射し始めるので、バックのビルがとても映える。いつも見慣れた昼間の光景とはずい分と違う。どうしても撮りたくなった。

 梅田貨物に着くと、まだ真っ暗、どこにも人影がない。いつもなら目の前に55レで到着した桃が止まっているはずだが、いたのは66-105、代走だったようだ。暗い中、105号機の脇に1台の自転車が止まった。もしや・・・カメラの用意をして近ずくと、C62重連さまだった。ご挨拶をしてご一緒させてもらう。まずは、5065レ、EF65-54の到着。暗くて、止まらない絵になった。
 場所を移動して3084レの発車を待つ。出発線にはEF210-118が待機している。辺りはグングン明るくなってきた。ビルの一部に朝日が当りはじめた。ビルの明かりがもっとたくさん点いているはずだったが、平日と違い土曜日の早朝ではどのビジネス・ビルも暗い。定刻に3084レがゆっくりと動き出した。う~ん、暗くていい感じだ。快晴で雲がなく、ピンクに染まった空にならなかった。朝焼けには程よい雲がいるようだ、難しい。発車線から渡り線、本線へと小半径のポイントが続くために架線ビームも小刻みに立っている。バックのビルに掛からない位置はない。初挑戦なので、こんなもんかな。通いながら構図をアジャストするしかない。
b0185825_14511279.jpg
2010/1/9 梅田貨物 3084レ EF210-118
Canon EOS 40D,EF-S 17-55mm F2.8 IS USM


 このあと1065レを引いて66-130が到着。0番台試験塗装、100番台1次、2次と3台の66が並んだ。遠く後ろのほうで入換作業中のDE君も顔を出す。マスコミの現場中継で、キャスターの後ろでちょろちょろと動き回ってVサインを出している小学生みたいだ。単回までには時間がある。ゆっくりと場所を変え、露出を変え、構図を変えながら何枚も撮影。結局、バックのビルに露出を合わせたカットが気に入った。手前は暗くて沈んでいるが、バックはきれいだ。ビルには日が射しはじめ明るく、ヤードはまだ暗いまま。実際の光景も丁度こんな感じだったような?? 
 毎朝通われているC62重連さまの足元にも及ばないが、また通ってみたくなるシーンだ。
b0185825_14521937.jpg
2010/1/9 梅田貨物 EF66-54・EF66-130・EF66105
Canon EOS 40D,EF 24-105mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-10 14:54 | 梅田貨物・環状線 | Comments(2)
1083レ EF65-1066 高橋川
2010/1/9撮影
 今日は、いろんな所に出向いたので、どこからアップしようか悩むところ。ざっとダイジェストすると・・・朝一に梅田貨物に出向き、以前からやってみたかった朝焼けの梅貨のシーンに挑戦。C62重連さまとご一緒できた。その後、スマシオに移動し、いつものように72レ、1070レ、5088レ、1050レ、73レと平常に戻ってきたカモ・レ狙い。ここでも栃木からこられた方とご一緒し、楽しく、のんびりと時間を過ごせた。コラボさせて頂いた皆様、ありがとうございました。

 さて、須磨で11時前に73レが少し遅れて通過したあと、栃木からこられた方は四国へ急いで移動された。さぁどうしようかとポケットから携帯を出すとC62重連さまからメイルが入っていた。夢中で話し込み、撮影していたせいで携帯のチェックをしていなかった。「鶴PFが1083レの代走」との情報。すぐにネットでチェックすると1066号機らしい。さらにメイル続報で更新、赤プレ、スロープロー付きと教えて頂いた。実は73レ、EF65-1033はせっかくのカラシだったのに、上り電車線の普電にみごとに被られて撃沈しており、ムッとしていたところ。これは赤プレPFでリベンジしかないでしょう。急いでダイヤを見ると、吹田13:53着、神戸タ14:33。そのまま須磨で待ってもいいが、また被られても癪に障る。1083レの先行3092レに81ムド付きとの情報もあるし、吹田以東ならこの列車は510だ。時間に余裕があるので山崎に向かうことにした。
 午後の下りならば高橋川。到着すると大阪や神戸は快晴だったのに、ポイントは曇り。それも雪か雨が降り出しそうなくらいに暗い雲。京都方面、大阪方面は日が射している様子。晴れていても、ここに来るといつも曇っている。3度目だが、3度ともだ。1033号機といい、高橋川といい、どうも相性が悪いようだ。ISO 800に増感して、やっとS/Sが稼げた。軌道内は暗くて露出はないが、バックの京都方面の空は晴れており、とても明るい。これでは逆光と同じだ。どこに露出を合わすかとても難しい。空は白飛びしても、バックは白ぬけしてスッキリするので軌道内に露出を合わせる。画面全体はコントラストがないので眠たいが、被写体に日が当たらない以上しかたない。
 狙う列車は定刻に通過。並走もなく無事に撮影できた。やっぱり赤プレ、スノプロ付きはかっこいい。

< C62重連さま、情報ありがとうございました。見過ごすところでした。>
b0185825_234947.jpg
2010/1/9 JR京都線 長岡京~山崎 1083レ EF65-1066
Canon EOS 40D,EF 24-105mm F4.0L IS USM

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-09 23:50 | JR京都線 | Comments(6)
3088レ EF66-35 梅田貨物
2010/1/7撮影
 今朝の大阪は、相変わらず寒い。風が強く、雲が流れ、日差しがなくなることが多い。雲はどんどん増えているようだ。この調子なら昼過ぎにはほど良い暗天(?)になりそうなので、3088レを狙うには丁度よさそうだ。
 昼一に梅田貨物に行くと、狙い通りに暗天、ドン曇り。3088レの先頭は35号機。いつものように上り「はるか」通過後、定刻に発車。雲っていて逆光にならないのでバックのビルもすっきり見える。
 発車線にもう1本待機しているのは配1392レ、所定は200の担当だが今日は66-132が先頭にいる。時々66代走になる。こちらを狙っていると、隣の発着線にEF510-15が単機で停車。・・・ん? 日本海縦貫線の遅れ貨物が到着したようだ。阪急中津ガード北側に到着し、荷を切り離した後、吹田への単回のためここに来たようだ。荷を積んだ編成はDE君がホームに押し込んでいる。昼間の梅貨に赤い電機は珍しい。ほどなく吹田にあたふたと出発していった。
 いったい何列車が到着したのだろう。いつもお世話になっている【西日本】鉄道情報発信、管理人 コマ助さまの掲示板によると、梅田着の遅れ貨物は2本。1本は4096レ(帯広→梅田)、午前10時の時点で終着+6時間28分予定なので、定刻着時刻を足すと10時59分には到着していることになる。これは違う。この列車はたぶん4092レのスジに乗って午前中に着いたのだろう。ならば、もう1本の4092レはというと、「4092レ(北旭川→梅田)近江塩津+3時間24分予定」となっている。単純に梅田到着時刻に+3時間24分すると、14時23分となる。梅貨で目撃したのが14時なので、この列車ならば30分以上遅れを短縮したことになる。ただ、この列車も所定の牽引機はパーイチだ。う~ん、わからない。???でも、たぶん4092レなのかなぁ。
b0185825_20434339.jpg
2010/1/7 梅田貨物 3088レ EF66-35
Lumix DMC-G1,45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.

b0185825_2044137.jpg
2010/1/7 梅田貨物 配1392レ EF66-132 / 単回 EF510-15
Lumix DMC-G1,45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-07 20:49 | 梅田貨物・環状線 | Comments(0)
阪堺電気軌道 松虫付近
2010/1/3撮影
 あべの筋といえば、大阪の南エリアを代表する大通りの1つ。もちろん交通量は多く、天王寺付近では慢性の渋滞で知られる。その中央を堂々と単行電車が行き交う。かつてはどこの地方都市でも見られた風景だが、今では限られた場所でしかお目にかかれない。車と同じように交差点で信号待ちする姿はユーモラス。右折する車が軌道を塞ぐこともある。ゆっくり、ゴトゴト、のんびりと走る。正に昔ながらのエコな乗り物だ。
 渋滞でズラリ並んだ車列の間を進む電車をイメージしていたが、正月3日では交通量は少なめ、流れはスムーズ。なるだけ長い焦点距離にズームをセットし、車列を圧縮しながらチャンスを待ったが、やっぱり交通量が少ない。車と絡めるなら年末のほうが良かったようだ。またの機会にチャレンジしよう。
b0185825_154834.jpg
阪堺電気軌道 上町線 あべの~松虫
Lumix DMC-G1,45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


 松虫交差点の手前で専用軌道に入ってゆく。前後の交差点がすべて赤になると、軌道信号が進行になる。するとゆっくりとS字を描いて専用軌道に入ってゆく。大通りから右折して路地裏に飛び込んでゆく感じが実にいい。逆に路地(?)から出てくる電車は、歩道の手前で一旦停車。信号が変わるのを待つ。路地裏に潜んで獲物が来るのを待っている猫のように静かに脇で待機する。この感じがまたいい。
b0185825_155655.jpg
阪堺電気軌道 上町線 松虫
Lumix DMC-G1,45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


b0185825_1511736.jpg
阪堺電気軌道 上町線 松虫
Lumix DMC-G1,45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


 阪堺電気軌道は、コテコテの大阪-下町を走る類い稀な鉄道。テーマの一つとして、今年は通ってみようと思う。ディープな'おおさか'が撮れたらいいなぁ・・・といったところ。学習しながらいろいろな構図にチャレンジしたい。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-06 15:12 | 阪堺電軌 | Comments(2)
3088レ EF66-128 / 入換え ED10-1733 梅田貨物
2010/1/5撮影
 正月休みの間、おせち料理とモチで過ごしてきたので、そろそろ普段の食事がしたくなってくる。撮り鉄も年末・年始は大サロ、ボンネット、A10・・・と豪華キャストで撮り放題だったが、ぼちぼちこちらも質素なカモレ料理が恋しくなった。世の中も本格的に動き出したので、貨物も普段の状態に戻りつつあるようだ。とりあえず梅田貨物に昼一に顔を出した。
 到着するなり下り「はるか」が通過。ん?・・・こんな時刻に下りは来ないはず。いつもなら3085レ-桃が到着し編成を引上げている時刻。遅れがあるな、と思っているとほどなく3085レ-EF210-114が到着。3088レの発車まで5分しかないので、3085レの引き上げは発車後かな?編成をコンテナ・ホームに引上げるには発車線を横断しなければならないので待機のはず。しかし、よく考えると3088レは上り「はるか」通過後に続行で発車する。上り「はるか」が先ほどの下り「はるか」を西九条あたりで待って交換で上ってくれば定刻数分遅れ程度なので3088レは抑止になる。これなら引上げる余裕はある。それ以上の遅れならば3088レが先行発車する可能性もある。
 さてどうなるか、と思う間もなくDE君が編成に接近。カチャリと連結された。こりゃ「はるか」を待つなと、時計を見ると3088レの定刻。時計から発車線に目をやると、なんとサメ君が動き出している。あわててファインダーを覗いたが、困った。目の前にDE君がいるので、いつもの構図では3088レの編成は見えない。とりあえずズームを退いて機関車同士の並びで構図を探る。サメ君は渡り線に入った。フレームを動かし、露出をチェック。間に合った。カメラはG1なので引き付けて一発勝負。この緊張感は久しぶりだ!
 3088レとDE君との並びは過去にもあったが、到着線の先端に居座ったのは初めて。これだから貨物ターミナルはおもしろい。いつも同じシーンになるとは限らない。おせち料理に飽きた身には、変則カモレ料理はたまらないご馳走だ。
b0185825_20101999.jpg
2010/1/5 梅田貨物 3088レ EF66-128&DE10-1733
Lumix DMC-G1,45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-05 20:14 | 梅田貨物・環状線 | Comments(0)
阪堺電気軌道 松虫
2010/1/3撮影
 今年の正月は天気も良く、撮り鉄に出かけたいがまだまだ正月ダイヤでは撮りたい列車は姿を見せない。それならばということで、なかなか出かけられていない場所に行ってみた。阪堺電気軌道上町線。天王寺駅前から住吉公園までを路面と専用軌道を併用して走っている。恵比寿町から浜寺までの阪堺線とは住吉神社前で交差する路線。天王寺駅前からあべの筋の路面を走り、松虫交差点の手前で専用軌道に入る。この辺りで狙ってみることにした。線路脇に居座ってじっと待つ撮影ではなく、動き回って辺りの様を撮りたいので、カメラはG1を選択。小さなバックに本体とレンズ2本を詰め込んで出かけた。
 松虫に着くと・・・なんと次々に電車がやってくる。正に続行状態。どの電車も住吉神社の初詣客で満員。そのための大増発のようだ。普段は何台もの電車が連なって走る姿はなかなか見られない。待つこともなく・・・どころかフレームを探る間もなく、次々にやって来る。交差点の信号が変わる度に上下どちらかが来る。これでは構図が決まらない。しばらく撮影して落ち着いた気分になったところで狙いを絞った。まずは停車場に行ってみる。通りの1本裏側。表通り側はきれいな看板が並んだ商店も裏に回ると普段着の顔。住宅や商店の裏庭に線路があるような感じがなかなかいい。バックのビルの先っぽまで入れて撮ってみた。
b0185825_1331113.jpg
2010/1/3 阪堺電気軌道 松虫
Lumix DMC-G1,14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.


 ホーム(?)の両脇には狭い踏切があって、人通りが結構ある。踏切が上がる度に自転車や人が行きかう。一つ先の踏切脇からこの通行を狙ってみる。自転車に乗ったおっちゃん、高校生の集団、ベビーカーを押したおかあさん。どうせならバックに停車した電車は古めかしいほうがいい。何本か待ってやっとチャンス到来。日も射してまずまずかな。
b0185825_13315751.jpg
2010/1/3 阪堺電気軌道 松虫
Lumix DMC-G1,45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-04 13:38 | 阪堺電軌 | Comments(0)
Lumix DMC-G1

 昨年11月にLumix DMC-G1を購入した。予てよりサブ機がほしくて品定めをしていたが、7万円台でダブルレンズキットが手に入った。すでに後継のGH1→GF1と発売されG1はほぼ値崩れ状態。GH1もGF1もG1をベースに動画機能に重心が移った機種のため、スチールしか撮る気のない私にはG1で十分と判断した。
b0185825_1875031.jpg

 G1はマイクロフォーサース・マウントを採用した、軽量コンパクトのミラーレス一眼機。Canon 40Dと比較すると圧倒的に小さい。まさにこのサイズが気に入ったわけだ。レンズは、14~45mmと45~200mmの2本。マイクロフォーサースは35mm換算で2倍になるため、このレンズ2本持てば28~400mmまで撮影できてしまう。日々の撮り鉄には必要十分。しかも45~200mmを付けても手のひらに載ってしまう大きさ。仕事カバンの隅にこっそり入ってしまう懐刀。描写力は評価が高いので、ズバッと切れる刀でもある。
 2ヶ月あまり使ってみて、やっと自分なりの使い方が分かってきて手にも馴染み、機能面の良し悪しも分かってきた。少しレポートしてみたい。
b0185825_1882669.jpg

 全体のイメージは、大きい目のコンデジがレンズ交換式になったと思えば丁度いい。レンズ自体も普段見慣れたレンズよりもかなり小さく、おもちゃに見える。紙焼き時代の引伸機のレンズよりちょっと大きいくらい。(古くさ;)
 ファインダーを覗くと、ミラーがないのでここも液晶表示。印象はビデオカメラのようだ。一眼レフだとファインダー内は絞り開放で明るさが固定されるが、液晶表示なので画面中央付近の明るさで常にファインダー内が調整される。フレームを動かすと明るくなったり、暗くなったり。ここがビデオカメラのようで、ちょっと違和感がある。日の当たった絵面の中に濃い色の列車が近づいて来るとファインダー内はどんどん明るくなっていく。C57が近づいて来ると白煙は空に溶けて確認できなくなった。(!??) 慣れればいいことだが・・・
 AF動作は通常のおまかせモードとは別にAFフレームを画面のどの位置にでもカーソルで移動できる機能がついている。これがすこぶる便利。鉄道写真の場合、画面中央付近にピントがほしいケースよりも左右の偏った位置にほしいことが多い。ちょっと俯瞰ぎみだと、左下隅とか右下隅にピントがほしいが、ここにAFを設定することは難しい。G1はAFフレームを画面の隅にも移動できる。画面のきわきわの縁までは移動できないが、それでも結構使えて便利だ。AF動作もまづまづのスピード。列車の速度には十分ついてくる。
 問題は連写ができないという点だ。シャッターを切るとコンデジのようにファインダー内はフリーズする。CCDからデータが転送終了するまで、ライブビューは表示されない。G1は秒間3コマの連写性能だから、連写するとファインダー内は約0.33秒のコマ送りのビデオ映像になってしまう。これでは手持ちでフレームが固定できない。次のコマが表示せれると同時にシャッターも切れるので、またもフリーズし、その間に微妙に動いたフレームが修正できないし、動くものを追うことも到底出来ない。バッファ容量を増やして転送速度を圧倒的に上げてもらわないと、一眼レフには遠く及ばない。(GH1,GF1では改善されているのかもしれないが・・・)
 まぁ一発必殺で1ショットをものにするつもりで使えば問題はない。連写性能のいい今時の一眼レフに慣れてしまうと、昔のことを忘れてしまっているが、もともと鉄道写真は置きピンが基本。ベストのピン位置ではシャッターは一発のみ。そう思えば連写が出来なくても不満はない。ピントが自動でくるだけ、なんと便利な!(おやじ世代の言うことは、わけがわからんと若人に叱られそうですな)
 フレームの中に列車が来るとどうなるかをイメージし、線路上の一点にピントを合わす。列車が来ると、じっと我慢してピント位置に来るのを待つ。ここだ!・・・ってとこでシャッターを切る。この間の集中が、いい写真を作ってくれると信じていた。なにしろ、待てずにシャッターを切るとピントが合わずに撃沈ですから。今は、フレームを線路に向けダダッダーと連写する。確かにどの位置でもピントも来るし、露出も合う。とても便利になったし、シャッターチャンスは圧倒的に増えたが、ただ、集中するのが一瞬だったのが、数秒間になった分、写真の出来も薄っぺらになったような気もする。「この1枚」に賭ける思いが連写枚数で割り算されたように思う。連写するのが良いか、悪いかはまた別の議論として、こんな使い方をするAFカメラを持っていても損はない。(かな??)
 さて肝心の描写力だが、一言、すばらしい。もちろん最新の一眼レフとは比較にならないが、コスト・パフォーマンスはG1の勝ちだろう。120万画素なので、性能的には平均値。色のりはいいし、解像力もある。ただ、レンズが若干プァーなせいか、ボケ味がいま一つ。絞り込んで使っている。レンズにもコストをかければライカレンズも用意されている。そこまで投資するかは、これからの課題。実は11月、12月の梅田貨物でのショットはすべてG1で撮影。すでにUPしている。66-27のカン付きもG1で撮影。さらに例のPF無動重連もG1で撮った。暗い空のもとで2色の更新色の違いが表現できたのだから立派なものだ。とにかく作品の出来は満足している。小型軽量、コンパクト、カバンの隅に入ってフットワークは抜群。そのうえ大きな投資はいらない。今のところ、どこにも不満はない。

 今後は2台のカメラを使い分けて使用するため、カメラ、レンズのデータを添付します。とりあえず梅田貨物から1枚。
b0185825_1864168.jpg
2009/12/17 梅田貨物 3088レ EF66-36
Lumix DMC-G1,45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-03 18:17 | その他 | Comments(2)
8020M/9216レ サンダーバード88号/大サロ+EF81-44 長岡京
2010/1/2撮影
 のんびりと2日も朝からお正月モード。夕方には大晦日に加賀温泉に発った大サロが戻ってくるので、お出迎えの予定。どっこらしょ、っとお正月太りした体を動かして長岡京に向かった。上りホーム京都端に着くと、下りホームにお1人のみ。もっと多いかと思ったが・・・雲は少なく、日はかなり傾いてきているが翳ることはなさそうだ。通過は16時前、なんとか線路に建物の影が入らずに済みそうだ。構図を作っていると、もうお1人いらした。お話をしていると、どうも編成の長さが噛み合わない。「9両だから・・・」えっ?? 機関車入れて8両なんだけど・・・よく聞くとサンダー88号に489系ボンネットの代走が入っているとか。大サロの10分ほど前に下ってくるらしい。どうりで話が噛み合わないはずである。
 定刻に489系ボンネットが通過。それにしても、かなり色褪せている。かつての栄光を知っていると、なんとも悲しくなってしまう。斜光線が正面から当たり、本来最も美しいはずなのに・・・どう見ても、刀折れ、髪振り乱し、落ち武者の形相だ。ただ、来阪は最後かもしれない。ラッキーだったことに変わりはない。
 続いて大サロの登場。ほんの10分ほどの間に1絞りほど暗くなってしまった。建物の影もグッと伸びて下り外線際まで来たが、ギリギリ・セーフ。面にはきれいに日が当った。じっと我慢して画面一杯に列車を捕えてみた。一瞬の集中で一発勝負。結果はご覧の通り。なんとかうるさいバックの建物の影響は最小限にできたかな??
b0185825_2323367.jpg
2010/1/2 JR京都線 長岡京 8020M サンダーバード88号 
     Canon 40D,300mm F4L IS USM

b0185825_2323473.jpg
2010/1/2 JR京都線 長岡京 9216レ EF81-44+大サロ 
     Canon 40D,300mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-02 23:25 | JR京都線 | Comments(8)
2010年 1月 元旦
あけまして、おめでとうございます。
 年も明け、ゆっくりと時間が流れ、ゆるゆると1日が過ぎゆく。今年も静かに新年が迎えられた。激動の時代に公私ともに何事もなく正月を過ごせることはなによりだ。本年も気負わず'やわやわ'と撮り鉄活動を続けたい。

 新年最初のupは、加島の75レ1136号機からスタート。昨年は1年を通し加島に75レを撮影しに通い続けた。まだまだ、まだまだと、もっといいシーンが撮れるはずと通い続け、このショットをupせずに温存し続けたが、結局この時期が夕日にも勢いがあって最も美しかった。昨年の秋以降のベスト・ショット。後ろ3両が空コキだがPFはこの角度がカッコいい。築堤の影がうまく列車のバックを潰してくれるので、この角度なら列車がクローズアップされる。このシーンは今年も続けたいテーマの1つ。

 昨年同様、本年もどうぞ気長に当ブログとお付合いをよろしくお願い致します。
b0185825_23112222.jpg
2009/10/16 北方貨物 加島付近 75レ EF65-1136

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2010-01-01 23:13 | JR神戸線 | Comments(2)