1053レ EF66-10 調子踏切
2009/6/20

 撮影したい列車が上り、下り立て続けに来る時間帯は、撮影地の選択が難しい。上りは順光で撮影出来ても下りは逆光になってしまったり、上り、下りで違うレンズを付けなくてはいけなかったりする。結局、悩んだあげく順光側の列車に的を絞ってしまうことになるか、もう一方はとりあえず撮影しとくか、程度になってしまう。

 調子踏切は、上り列車の午前中順光撮影が基本。下り列車も工夫しだいで撮影は可能だが、バックに歩道橋とビルが入る。そのため長めのレンズで寄せて撮るほうが気に入っている。ただし、天気が良ければ、午前中は半逆光のため、コントラストがなく、列車のディテールはきれいにでない。この日は運悪く曇りで、下り列車は期待した絵にはならなかったが、逆に上り列車は都合良くまずまずの絵になった。

 頭のうえにクーラーボックスの載っていない若番が来ると、なんか得した気分になる。12番、10番と続けて下ってきた。こんなことは珍しい。曇っていてよかったのかなぁ??
b0185825_1842188.jpg
2009/6/20 JR京都線 長岡京~山崎 1053レ EF66-10

b0185825_18453776.jpg
2009/6/20 JR京都線 長岡京~山崎 1065レ EF66-12

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-07-13 18:49 | JR京都線 | Comments(0)
2084レ EF66-9 七松踏切
2009/3/21

 阪神間の撮影ポイントといえば、歩道であったり、踏切であったり、高架橋であったりと街中の生活空間の真っ只中にある。車が走り、自転車が通り、大勢の人が行き交う。カメラを持ち線路脇にたたずむ姿は、普通に考えれば変である。なにを待っているのか一目で理解してもらえるので、怪しまれたことはないが、子供たちに囲まれて、「なに撮ってるの?」ということはある。まあ、普段街中でする行動とはかけ離れていることに間違いはない。
 この日も地元の方に「特別な列車が来るんですか?」と尋ねられた。「いえいえ、貨物列車を待ってます」は、ちょっと恥ずかしい。小さな子供でもあるまいし、いいオヤジが・・・普段なら遠くの一点を見つめて、ひたすら列車を待っているので、回りはあまり気にならない。しかし、声を掛けられると一瞬で普段の自分に返り、苦笑してしまう。他に撮影者がいらしてないときは、なおさらだ。

 昼下がりのトップライト。すでに先頭部には日が回らず、普段ならこんな時間に七松踏切に居ることはない。ここは、午前中が順光でベストだ。ただ、午前中にさくら夙川で2081レに9号機が入るかも、という情報を頂いた。現時点で稼働中のEF66のなかで最若番。一桁機番は9号機のみ。なかなか出会えずにいただけに、他に移動する時間もなく、七松踏切で狙うことにした。
 ナンバープレートの'9'の右側の余白が、なんとなく愛嬌があって、独特(?)。
b0185825_1721689.jpg
2009/3/21 JR神戸線 尼崎~立花 2084レ EF66-9

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-07-09 17:05 | JR神戸線 | Comments(0)
9522レ SLやまぐち 白井
2009/7/4

 今日も返しの上り列車は、白井の里。ここは何度来てもあきない。もともと線路がなくて、SLが来なくても、景観のすばらしい谷あいの集落だ。田畑の手入れは行届き、辺りは緑にあふれている。日本の里の原風景が凝縮されたような地区だけにアングルは無数にあるうえ、季節ごとに表情を変えるのも魅力だ。そのためここで構図を決めようとすると、どうしても欲張ってしまい、あれもこれも画面に入れたくなる。結果、列車は小さくなり、退いた絵が多くなってしまう。それでも満足できるのは、やっぱり景色が良いせいか。
 しかも、ここに来た列車は必ず(私の知る限り)煙を吐く。スカがない。牧ヶ野の直線あたりから煙を上げてくれる機関士が多い。「SLやまぐち」にとっても、ここは最高の舞台のようだ。

 どんよりと曇った空、ときどき日が射すが、列車が来るタイミングで日があるとは限らない。どこに三脚を据えるか迷ったが、日がないことを前提に、機関車メインではなく、バックの山並みを捕らえられるように線路脇の高い位置に決めた。この場所は初めてだ。
 いつものように10台近いカメラが線路を向く。鳥のさえずりと、せせらぎの音以外は、時折通る車のエンジン音が聞こえるくらい。風も無く、多少蒸し暑いが十分凌げる。3段に折り重なるバックの山並みは、遠ざかるほど水蒸気でかすみ、手前を回り込むように来る列車の先頭は当然黒い。どこに露出を合わせようか、迷いに迷う。黒煙だけを吐くのか、蒸気が混じって灰煙になるのかでも、絵面はかわりそうだ。結論を出せずにいると列車が近づいて来た。

 牧ヶ野トンネルを出ると、音は大きくなる。灰煙を期待して、レリーズを握り締め、じっとファインダーを覗き込む。カーブの向こう側に煙が上がると爆音とともに機関車が飛び出す。1点を見つめ、シャッターを切る。ほどよい灰煙。これなら絵になる。
 谷を埋め尽くす音と煙。列車が白井トンネルに姿を消すと辺りは煙にかすみ、静寂が戻る。わずか数秒のひととき。しかし価値あるひとときだ。なにしろこのために500kmも遠征したのだから。今日も満足な時を得た。
b0185825_113971.jpg
2009/7/4 山口線 船平山~津和野 9522レ SLやまぐち

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-07-08 11:41 | 山口線 | Comments(0)
9521レ SLやまぐち 18.5Kポスト
2009/7/4

 500kmを走破し、仁保地に到着。まだ列車が来るまで3時間近くある。風はなく曇り。山にはガスがかかり、湿度は高い。時より強い日差しが射し、気温も上がってきたが、大阪ほどではない。撮影者と思われる車は1台もなく、休憩しながら時間を潰すことにする。日陰に車を止め、窓を開けるとエンジンを切っていても涼しい。
 9時を回って、そろそろ出かけようかと思っていると、1台の車が真後ろに止まった。「SLの撮影ですか?」と声をかけて頂いた。18.5K付近には初めてで、どこから行けばいいかとのこと。ご一緒しましょう、ということになった。線路脇に上がるとS字に三脚が1台見えるのみ。もちろん18.5Kのお立ち台も我々2人だけだ。
 
 同じ志を持つ者が2人いれば当然話題はもっぱらSL。'79年やまぐち復活のころの話、磐西線、只見線、北海道の復活蒸気の話。梅小路SL館開館時の話から、その後のイベント列車まで。神戸ナンバーの方だけに当時の話題はかぶる部分が多い。日が射して汗が流れ出るのも苦にならず、気付くと定刻間近。遠くに宮野を発車する汽笛が聞こえる。ファインダーを覗き、露出をチェック。ここからは、2人とも息を呑んで接近を待つ。辺りは静まり返る。

 強い初夏の日差しが、直線区間を照らし出している。遠くに姿を見せた機関車から真っ直ぐに黒煙が立ち昇っている。期待したよりは薄煙だが、気温を考えると文句は言えない。いつものように、ゆっくりとしたリズムで鼓動を響かせ接近する。辺りの草木を震わすような爆音だ。音の主が目の前に来る。連射。・・・
 足元に振動を伝えて機関車が通過。つづいて軽快な客車の振動に変わる。後ろ姿を見送りながら、撤収。いざ、長門峡へ。
b0185825_12161687.jpg
2009/7/4 山口線 宮野~仁保 9521レ SLやまぐち

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-07-07 12:17 | 山口線 | Comments(0)
9521レ SLやまぐち 徳佐S字
2009/7/4

 今年3度目の山口遠征を敢行。天候の悪い日を狙って行くつもりが、予報通りまずまずの天候。大きな雲が多いが切れ間もあり時より強い日差しが射し込む。風はなく、とても蒸す。水蒸気が多く、遠くは白っぽく霞んで見える。日が射さないとコントラストがなく、眠い画面になりそうだ。いっそ雨が降ってくれたほうがいいのに。
 いつものように下りは追っかけなので、午前中の最後の撮影地は、徳佐のS字。ぎりぎり発車前に到着。300mm望遠をつけて、定番ポイントの一番後ろに入れて頂いた。今日も撮影者は多い。一発やってみたいアングルがある。S字を正面から狙い、発車から追うアングル。私のレンズは超望遠ではなく、300mm程度(APS-Cサイズなので換算480mm)。これではS字に入ってくるあたりは遠くに見えて、思っていたほど迫力はなさそうだ。さて、どうする・・・(焦り)
 すでに踏切は鳴っている。他にどうしようと考えている余裕もない。汽笛一発、徳佐発車。さすがにS字の奥に姿を現した機関車は小さく、バックもうるさくてとても絵にならない。だが、いい煙だ。このままS字の出口まで来い。風は無く、倒される心配はないが速度は早くなり、煙も後ろになびく。バックのうるさい町並みは、大量の黒煙が立ち込め見えなくなってきた。これならいけるか(?)
 いよいよシャッターポイント、速度が上がった分、煙は少なくなった(?)。軽快に駆け抜ける列車。シャッター音のシャワー。遠ざかるジョイント音。午前の撮影終了。結果はいかに?
b0185825_12204686.jpg
2009/7/4 山口線 徳佐~船平山 9521レ SLやまぐち

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-07-06 12:25 | 山口線 | Comments(0)
1182レ EF210-901/はるか18号 梅田貨物
2009/3/28

 ブログをはじめて1ヶ月が経過したが、よく考えて見るとEF210を一度もアップしていない。撮影していないわけではないし、嫌いなわけでもない。今からなら全機番の撮影も可能なので、必ずシャッターはきっている。ただ、どうしても興味の中心は65や66になってしまうのは話題性があるからだろう。パンタの違いや「桃太郎」のロゴの大小、有無などバリエーションはいくつかあるが、写真にすると目立った差にならないだけに、特定機番に人気が集中することもない。
 そんななか901号機は試作機ということもあって、わかりやすい違いがある。ただEF200-901のように外見上で他の量産機と違いがあるわけではなく、特別なのはナンバーだけだ。ご覧のように前頭部は一次側、二次側ともに塗装がかなり剥げ落ちており痛々しい。なぜこのような痛み方をしたのか定かではないが、大粒の雹にでも打たれたのだろうか?同じような痛み方をした機関車を見たことがない。

 1182レは11時30分ころに安治川口からやって来て、発着1番に40分ほど停車する。この間に隣の本線を特急列車が数本行き来する。真昼のトップライトのうえ、反逆光になるため露出には気を使うが、ツーショットが可能だ。1018M はるか18号が通過後、本線があくと吹田に向けて出発する。
b0185825_18243224.jpg
2009/3/28 JR梅田貨物線 梅田貨物 1182レ EF210-901、1018M はるか18号

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-07-03 18:28 | 梅田貨物・環状線 | Comments(0)
75レ EF65 加島
2009/3/15~4/18

 今年は2月初め頃から加島に通いはじめた。別に理由があるわけではないが、午後のカモ・レを阪神間で狙うには都合がいいからだ。お手軽でもあるし、三脚も立てられる。地の利も良く、午前中にどこにいても、移動後にうまく時間がハマる。特に13:30~15:00頃は、下り列車の本数が多く、効率が良い。昼下がりはトップライトぎみのため、少々画面がつらいが、時間がたつにつれ光線状態は良くなる。実は日が沈む直前が最高なのだ。ここに通っている理由は、そういうことなのかもしれない。
 新大阪から北方貨物下り線は、大阪駅を経由せずに新幹線高架下に沿って西を目指す。加島付近で新幹線と別れ、弧を描きながら本線3本をオーバークロスし下り線に合流する。それを阪神高速道路と府道がさらにオーバークロスする。府道の歩道上からここを狙う。大型トレーラーが高架橋を通過すると、橋はゆらゆらと揺れる。三脚を立てていても手ぶれ補正をonにしないと安心できないぐらいだ。

 夕方下る、高松行き75レは3月初旬から狙うことができる。日没前の斜光線で、晴れればとても美しい。夏場になれば日も高くなり問題なく撮影できるが、夏場に向かうほど暑くなるとともに湿度も上がり見通しが悪く、黄砂も降る。3月から4月初旬ころのぎりぎり日が残る状態で、空気が透明な日が最高だ。今年は3度もベストの日に出くわせた。
 バックにそびえる梅田・福島・中之島界隈の高層ビルがくっきり見える。画面中央の大阪タワーは、朝日放送の移転にともない夏頃には取り壊されると聞く。すでにタワー脇の旧朝日放送ビルはすっきりなくなっている。画面中央が空間になってしまうようだ。3枚の写真を見比べると、築堤の影が短くなり、緑が濃くなっていくのがわかる。
b0185825_12411294.jpg
2009/3/15 JR北方貨物線 加島付近 75レ EF65-116

b0185825_12414939.jpg
2009/3/20 JR北方貨物線 加島付近 75レ EF65-57

b0185825_12422359.jpg
2009/4/18 JR北方貨物線 加島付近 75レ EF65-87


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-07-02 12:43 | JR神戸線 | Comments(0)
8866レ EF65-103 さくら夙川
2009/6/27

 日差しが強くなってきたので、ネットショップで麦わら帽子を購入した。最近、老朽化が始まった自分の頭を保護しなくては、機関車のように置き換えがきかないので・・・(笑) 線路脇に立って天を仰ぎ見ると、雲は厚く日は射さない。別にかぶる必要はなかったが、まぁいいか。とりあえず試運転。カメラを構えると少々ひさしがうるさいが、気にはならない。これなら今夏は過ごせそうだ。

 不定期の8866レ。レールや車輪を運ぶ専用列車で、編成が短いため、どこで撮ってもスッポリ収まる。午後に阪神間にやって来ることもあって人気の高い列車だが、不定期なので撮影機会は少ない。ただ、ここのところは毎週運転されている。不定期だけに、来ることがわかっていないと、この列車だけを狙って線路脇に立つことはない。
 どこで撮るかいろいろ悩んだが、よく考えてみると曇っているのでどこでも良い。なら、同じ時間帯に来るほかの65牽引列車も狙えるように、上下撮影可能なさくら夙川西側のカーブに決めた。午後に大サロの向日町送り込み回送があるため、みなさんそちらに行かれたようで、ここの撮影者は私を含み2名のみ。大サロ人気にはかなわない。

 定刻より15分遅れでやって来た8866レの先頭は103号機。原色、パンタ置き換えなし。ほぼ国鉄時代の原型に近い、一番のお気に入りの機番。ゆっくりと目の前を通過していった。
b0185825_12394089.jpg
2009/6/27 JR神戸線 さくら夙川~芦屋 8866レ EF65-103

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-07-01 12:42 | JR神戸線 | Comments(0)
3170レ EF66-34 山崎サントリー前
2009/6/27

 下り貨物列車は大幅に遅れていて、なにも来ないが、上り列車は定刻でやってくる。今日も撮影の本命は、3170レ ワム・レだ。6時を回って定刻が近づいてきた。いつ来るかわからない下り貨物をあきらめて、上り線に狙いを合わせる。薄雲があるものの日差しは十分にある。太陽が少し高い位置に昇ってきたので、気温が上昇しはじめる。でもまだ、汗が流れるほどではない。
 サントリー前のカーブは、この時間に日が射すととてもきれいだ。さすがに古くからの定番撮影地だ。カーブを切って回り込んでくる列車の先頭部に真正面から日が当たる。スポットライトがあたったようだ。白っぽい先頭部だとディテールが飛んでしまうくらい反射する。前日夕方に梅田の出発線にセットされた今日の編成は40両以上あったのを確認してきた。今日も長いが、ここではとても全両は収まらない。機関車に照準を合わせ、なるべく引き付けて狙うことにする。
 やって来たのは34号機。空ワムを軽快に牽いていく。リズミカルなコキのジョイント音と違い単調な2軸車の音はなつかしい響きがある。速度も遅く、昔貨物列車はみんなこうだったなぁと思い出した。この列車を狙いたくなるのは、そんな理由があるのかもしれない。
 
 さて、この後どうするか?まだ来ないSRCを待つのか、予定通り朝のEF65を狙いに阪神間に移動するのか。下り線の状況がわからないだけに判断が難しい。
b0185825_9291440.jpg
2009/6/27 JR京都線 山崎付近 3170レ EF66-34

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-06-30 09:31 | JR京都線 | Comments(0)
4058レ EF81-26 山崎付近
2009/6/27

 明け方の下りサンライズと51レSRCの間で、トラブルがあったようで、米原以東から来る列車が全く来ない。始発電車が動き始め、電車線は次々に通勤電車が来るが6時を過ぎても列車線は静かだ。大阪着のカモ・レは始発電車前までに滑り込むため4~5時代がラッシュ。いつもなら引っ切り無しに下ってくるが、なにも来なかった。やっとSRCが来たのは6時20分頃。80分以上遅れている。おそらく他のカモ・レはそれ以上だろう。
 そんななか北陸からの列車はほぼ定刻。ローピン・パーイチがやって来た。「ローピン・パーイチ」? 麻雀やってるわけではない。ローズピンクのEF81。汚れがひどいのが玉に瑕だが、ブルーの直流機に混じって時々やってくるローピン(!)は貴重。傷みもひどく、EF510への置き換えが進んでいるため、撮影機会は逃したくない。
 山崎駅方向を望むと、ほぼ逆光。朝もやに辺りはかすみ、白っぽい。レールと枕木が太陽に反射してきれいだ。被写堺深度を浅くして、機関車の頭だけを狙ってみた。うまくピンクの色が出た。

 しばらくすると、5085レEF200が待避線に入ってきて停車。2時間近く遅れている。下りはるか3号を先に行かせるようだ。普段ならこんな時刻にカモ・レが山崎駅で退避することはない。ここはツーショットしかない。この調子なら大量のカモ・レが各駅に数珠つながりに退避していることになる。このあと7時を過ぎると運転の始まる(列車線を走る)新快速の合間を縫って下ることになる・・・かな。まだまだ遅れそうだ。

b0185825_12383584.jpg
2009/6/27 JR京都線 山崎付近 4058レ EF81-26

b0185825_12512211.jpg
2009/6/27 JR京都線 山崎付近 5085レ EF200-5、1003M はるか3号

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by kony5711 | 2009-06-29 12:44 | JR京都線 | Comments(0)