<   2011年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
米原・雪景色
2011/1/30撮影
 前回、米原出撃時は猛吹雪に出会えてハイ・テンションだったものの、予定した列車は撮影できずに撃沈。30日も同じように予報は雪、となればリベンジ出撃しかない。「北びわこ」の運転もあるので、こちらをメインにとも考えたが、前回の雪の状況では車は辛い。ましてやスノー・タイヤを履かない愛車は雪道は不得意。前日にC62重連さんにメイルを飛ばすと「リベンジに行きましょう!」ってことで、前回同様に新快速で大阪を出発! とても寒いが、大津を通過しても雪の姿はない。前回とは大分違う。それでも膳所、石山と下り遅れ貨物が連なって抑止中。足回りは真っ白。関が原は降っているようだ。期待は高まったが、野洲、近江八幡と通過してもやっぱり雪はない。やっと辺りが白くなってきたのは彦根の手前。そして、米原は真っ白! これこれ! ってことで乗り換えホームに移動。すると向えのホームの端に人だかりが・・・黒い人が機回しを始めるようだ。編成の押込み時刻までに乗り換え列車が発車してしまうので、とりあえずカメラを出して機回しを狙う。本日の'北び'の担当は正月に山口出張していたポニーくん。到着線からゆっくりとホーム端までやってきて、前日に輸送された12系の前まで移動。煙をあげながら待機。ここでタイムアップ。豊橋行き快速に乗車する。
b0185825_20191460.jpg
2011/1/30 米原 C56-160
Canon EOS-7D , EF70-200mm F4.0L IS USM


 ポニーくんの動きを追っている間にも、下り遅れ貨物が通過。桃139号機。ほどよく雪をまとっているので、後追いで連結面を狙ってみた。軌道内の雪は根雪のようでコチコチ。これでは雪煙までは吹き上がらないが、その分足回りの雪が綺麗に撮れた。それにしても、やっぱり寒い。カメラを構えている間は、なにも感じないが、カメラをバックにしまうとスイッチが切れたように寒さを感じてしまう。なんで?
b0185825_20194047.jpg
2011/1/30 米原 下り貨物 EF210-139
Canon EOS-7D , EF70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-31 20:20 | JR琵琶湖線 | Comments(6)
8860レ EF66-54
2011/1/23撮影
 午後になって風はとても冷たいが、日差しはうららかに降り注いでいる。下り列車は順光だが、上り列車は逆光なのでサントリー・ビール工場の側壁のレフ板を利用して、機関車側面が白く反射する辺りでシャッターを切る。調子踏切常連のみなさんも川重甲種狙いで集結、鉄談義も盛り上がってきた。踏切が鳴るたびに通過列車を確認しながら、おしゃべりは絶好調! こうなると前日の土曜日の一人ぼっちと違って、寒さも忘れ時間はすぐに経ってしまう。まずは1072レが通過。前日サメ子ママが引いた荷を21号機が引いて現れた。数が激減してしまった66-0番台。3月の改正以降はどうなることやら。300mmでドカンと狙ってみた。レフ板効果もあって逆光だがカッコいい。
b0185825_2120415.jpg
2011/1/23 JR京都線 長岡京~山崎 1072レ EF66-21
Canon EOS-7D , EF 300mm F4.0L IS USM


 お次は、前日に寒い中で凍えながら待ったのに来なかった3099レ。無事に定刻通過。先頭は81-10号機、前半はコンテナ満載でいい編成だ。久しぶりに出会った若番機。車齢のわりに痛みは少ないような気がするが、ぼちぼち81の追っ掛けもしておかないと後悔しそうな時期になってきた。
b0185825_21202785.jpg
2011/1/23 JR京都線 長岡京~山崎 3099レ EF81-10
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


 そしてお目当ての川重甲種。小田急の新車、中間車のみ4両の輸送列車。なんと先頭は人気者54号機。前日、城東貨物線の試験運転に充当された彼が引いてきた。荷は軽いのでらくらく運用なのだが、後ろの荷を壊さないように、そろりそろりと通過。サイドがキラリ反射して、やっぱり0番代はカッコいいですな。
b0185825_21205844.jpg
2011/1/23 JR京都線 長岡京~山崎 8860レ EF66-54 川重甲種輸送
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-28 21:21 | JR京都線 | Comments(5)
遅れ4002レ EF81-101
2011/1/23撮影
 朝、4時間10分も遅れていた4002レだが、その後も順調(?)に遅れが拡大し4時間30分遅れになった。午後になれば京阪間で順光撮影が可能なので、いつものように調子踏切に向うことに。ただ午後2時30分を回らなければやってこないはずなので時間はたっぷりある。みつるさん、たけもとさんが、なにやら悪巧み中の様子なのでメイルを飛ばすと、これから昼食に出かけるとか。間に合うようなので合流することにした。3人が揃えば、カメラと蒸機談義になってしまう。最近4x5撮影を復活させた、みつるさん。たけもとさんも4x5を整備して撮影を復活させるとか。お2人で機材の相談だったようだ。いやいや、どんな絵が飛び出すのか、また1つ楽しみが増えた。私は? 4x5はやったこともないし・・・今後もデジでいきますよ! 悪い誘惑を囁いてもフィルムには戻りませんから! (笑)
 調子踏切に着くと、すでにtetuoyaziさんがスタンバイ。予想時刻になっても4002レは現れない。結局、4時間50分遅れで、午後3時前に通過。綺麗なボディの101号機が先頭。いつもなら半逆光でしか撮れない列車だが、きれいな順光で撮影に成功。最初から遅れを知っていれば、わざわざ湖西まで行かなかったものを・・・結局、いつもの調子踏切で無事に捕獲。なんか損したような、得したような、複雑な気分。
b0185825_2118852.jpg
2011/1/23 JR京都線 長岡京~山崎 4002レ 日本海 EF81-101
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-27 21:21 | JR京都線 | Comments(4)
小野~和邇 国鉄色
2011/1/23撮影
 湖西線と言えば、国鉄色の普通列車が楽しい。我々親父世代には、こればかりが走っていたので見慣れた'普通'の車輌なのだが、沿線では結構人気があるようだ。個人的には117系がデビュー当時からのご贔屓さん。戦前の流電の血を引くといってもいいような、関西独自のデザインは、ちょっと誇らしかったりしたもんだ。となれば、ボディカラーはクリーム地に茶色の帯が基本でしょう。私にとってはこの色以外は117系ではないかな。名古屋のオレンジ帯、岡山のサン・ライナー、和歌山のグリーン・ボディなどは別形式と思っている・・・どれも嫌いではない。それぞれに個性があって沿線に行けばカッコ良く見える。ただ、原色車とはどうしても別物と思えてしまう。ところで話は変わるが、当時、いすず自動車に117クーペという優雅なスタイルの車があった。デビュー当時は丸目4灯だったものがマイナー後は角目4灯に変更されたが、この車のなんとも優雅なスタイルのイメージと角目4灯のイメージ、そして117という数字の符合が117系と重なってしかたがなかったことを思い出した。まぁ、関係ない話ですが・・・で、京都の117系が原色復活したのは大歓迎だったわけですな。

 雪の比良山をバックに架線柱の1スパンだけを抜いてみた。国鉄色の2形式にお付き合いを。
b0185825_1946928.jpg
2011/1/23 JR湖西線 小野~和邇
Canon EOS-40D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_19463573.jpg
2011/1/23 JR湖西線 小野~和邇
Canon EOS-40D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-26 19:47 | JR湖西線 | Comments(6)
4008M 雷鳥8号 小野-和邇
2011/1/23撮影
 前週の米原の雪が強烈だったので、せっかくの寒波襲来は生かしたい。ただ、今週は遠征をしないと湖西や湖東では降雪もなければ積雪もないが、天気は良くなりそうだ。ならばと、雪ののった比良山バックに日本海を狙うことに。早朝、気温はぐっと下がったようで駐車場の愛車のフロントガラスは真っ白。薄暗いうちに出発し小野~和邇に向う。すでに三脚3本。お隣にポジションを取って、列車の遅れを調べる。「4002レ、4時間10分遅れで柏崎通過」!! え~!! ここに来るのは午後じゃない!! 撮る前に撃沈。出発する前にチェックすればよかった~。はぁ~。前日の土曜日は55分遅れだったので、その程度なら問題ないと思い込んでいたのが間違い。さっさと諦めて、カモレを待つことに。こちらも定刻では来そうにないが・・・が、定刻に510が通過。ん? 3096レの定刻だが、5時間遅れと掲載された列車が来るはずはない。4058レ? とにかく不明の遅れ貨物、日も射して赤いボディが綺麗に映える。4002レは来ないが、先週雪の米原で撮れなかったカモレが撮れたので良しでしょうなぁ。
b0185825_20305248.jpg
2011/1/23 JR湖西線 小野~和邇 EF510
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


 日本海と並んで湖西のエース、雷鳥を待つ。ただし、エースと言ってもすでにその座はサンダーに譲っているので、3月には引退。比良山バックも見納めになる。光線状態も良く、山の稜線も雲から逃れて綺麗に見える。遅れもなく定刻に通過。見慣れた編成だが、ちょっと寂しさも感じる。ラスト・ランまであと少し。がんばって走ってほしい。
b0185825_20311625.jpg
2011/1/23 JR湖西線 小野~和邇 4008M 雷鳥8号
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-25 20:31 | JR湖西線 | Comments(4)
1072レ EF66-127 & 8866レ EF65-1129 調子踏切
2011/1/22撮影
 午前中の所用を済ませて、さて午後はどうしようかなとサクサクと検索すると、サメ子ママが1072レで上って来る様子。これは、どこかで出会いたい。毎度、毎度本線走行シーンはピンが来なくて失敗しているだけに、今日こそは・・・すでに通過時刻が迫っているので、安全策をとって時間に余裕ができそうな山崎方面に走る。午前中は天気も良く、日も射して良かったのだが、山崎に近づくにつれて雲が増え、暗くなってきた。これは、サメ子ママの前兆現象か?
 調子踏切に着くと、空には雲が一面に居座っている。どうせ日が射しても午後は逆光だし、工場側壁というレフ板効果もあるので、曇ったほうがいいか。と、思っていると風も出てきて体感温度は下がってきた。辺りも薄暗いし、ママ登場の雰囲気は十分に味わえる。(笑) 定刻に踏切が鳴ってママ登場。予想通りのハイビーム。この眼光を喰らうとピンが逃げてしまう! 用心しながらAFフレームをずらせる。シャッターポイントに接近、連写! 問題なく撮影に成功。久しぶりに本線走行シーンをズバッと撮れた。良く見ると穏やかな顔に見えるので、ご機嫌は良かったようだが・・・この後、まむしさんが目撃されたときにはご機嫌は悪かったとか。一体なにがあったのかな?
b0185825_1929496.jpg
2011/1/22 JR京都線 長岡京~山崎 1072レ EF66-127
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


 ママを見送ったあと8866レまでは十分に時間がある。いつもなら調子の常連さんがチラホラ現れる時刻なので、おしゃべりをしているとすぐに時間が経つだろうと思っていても・・・だれも来ない。しかもパーイチ先頭の3099レも来ない。目当てもなく、ただじっと待つしかないのか? ママが絡むとどうもうまくない。
 雲っているので分からないが、山の陰に太陽が入ったのかグ~ンと暗くなってきた。増感して露出を調整。8866レに備える。先行の5050レ桃ちゃんが通過。高槻で退避していた8866レがすぐ後を上ってくる。この時刻は下り快速も通過するので、踏切はほぼ鳴りっぱなし。ゆっくりと65原色が姿を出した。レフ板効果もあって暗さを感じさせないコントラストがでた。足回りが沈んでしまったが、これならOKでしょう。
b0185825_19292454.jpg
2011/1/22 JR京都線 長岡京~山崎 8866レ EF65-1129
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-24 19:30 | JR京都線 | Comments(6)
サンダーバード 南条
2011/1/16撮影
 猛吹雪の米原を堪能したあと、さらに北に向うことに。とりあえず敦賀まで北上したいが、列車の遅れが拡大してきた。近江塩津行きの普通列車も米原を延発。途中でさらに遅れ近江塩津に到着。湖西線の列車も大幅遅れで接続はなし。結局、寒いホームで小1時間待つはめになった。やっと敦賀に着くと午後2時を過ぎている。テンションが上がっていて気が付かなかったが考えてみると朝パンを齧った程度で、空腹で倒れそうだ。駅外に出て、福井名物、ソースカツ丼をかきこむ。どんぶりからはみ出さんばかりのボリュームに圧倒され、さすがにこの量は多いぞ!と、思ったがペロリと完食。暖かいは、満腹だは、で外に出たくなくなった。(笑)
 貨物は軒並み、遅れと抑止で来そうにないが、ここまで来たら駅外で撮りたい。南条まで移動して踏切まで歩く。雪原に吹雪き!行き交う人もいないのに、大の大人が4人で線路脇でカメラを構える。しかも結構はしゃいでいる。傍目には実に怪しい集団だ。そして踏切が鳴るたびに来るのは、'サンダー'と'しらさぎ'ばかり。立て続けに数本が通過。カモレが来なくとも、雪景色が撮れればこの状況では大歓迎。雪国らしい風景をバックに流し撮りにも挑戦。架線柱さえかわせば遮るものはなく、ただただ雪があるのみ。アングルは自在で、とてもおもしろい。
b0185825_2145774.jpg
2011/1/16 JR北陸線 南条
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_21453627.jpg
2011/1/16 JR北陸線 南条
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_2146010.jpg
2011/1/16 JR北陸線 南条
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-20 21:46 | JR北陸線 | Comments(6)
N-700 米原
2011/1/16撮影
 ここまで雪が降っていると、もう楽しくて仕方ない。(笑)在来線の撮影もそこそこに今度は新幹線ホームへ。猛吹雪といっていい状況はそのまま。凄まじい風と雪で息も出来ないときがある。お上品な新幹線ホームはタイル貼りで、その上に積雪が2~3cmある。これではグリップがまったくない。体重移動を間違うとズルッといきそうだ。歩幅を小さく刻んでペンギンのように並んで進む。カメラバックを開けてカメラを取り出す間に中が白くなるほど降っている。屋根があるホームなのだが・・・体の風上は真っ白。たぶん雪だるま?みたいでしょうなぁ。とても寒いのだが、テンションは絶好調! 「すげえ~」の連発。強風が吹きつけるたびに、屋根からも、ホームからも、架線やビームから積雪が吹き飛ばされて視界を遮る。どこを向いても真っ白。向かいの下りホームすら見通せない。
 カメラが白くなるのもかまわずにフレームを創って列車を待つ。各列車ともに30~50分遅れ。中線を通過するN-700を待つ。まともにフレームを創っても列車後方は白い世界に溶けてしまいそうなので、頭と尻尾だけを狙うことに。露出計はまったく当てにならないので、何度か試して適当に合わせる。そうこうしている間に下りが通過。速度制限がかかっているのでかなりゆっくり減速して走り去る。いや~おもしろい。真っ白でなにも写ってない?って感じの画像。何本か繰り返し撮影した絵にお付き合いを。
 どこまで見えますか? 向かいのホームは見えますか? 編成は何両見えてますか? って、視力検査じゃあるまいし!!.....爆
b0185825_1983312.jpg
2011/1/16 東海道新幹線 米原 N-700
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_1991194.jpg
2011/1/16 東海道新幹線 米原 N-700
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_1993929.jpg
2011/1/16 東海道新幹線 米原 N-700
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-18 19:10 | その他 | Comments(4)
米原 雪・雪・雪!!!
2011/1/16撮影
 先週から日本列島には寒気が居座り各地で雪の猛威。にも関わらず週末の予報はさらに冷え込み大雪との予報。平野部でも積雪があるとか。これはどこかで雪を撮らねば損をするとばかりに米原に雪を見に出かけた。お目当ては8865レで下ってくるEF65-1041号機。サメちゃんの無動付の予測もあるので、これは関が原しかない。大阪駅でC62重連さんと合流して新快速で米原へ。途中、山崎サントリー前ですでに積雪。夏場に6170レを撮影するポイントは圧雪でツルツル、ピカピカ、とてもよく滑りそうだ。京都、山科、大津と進むごとに雪の量は増え、野洲から先はもう完全に雪景色。これは調子がいい。と、思っていると彦根を出て急減速、吹雪いてきた。定刻に走っていた新快速もほとんど止まりそうな速度に。それでも5分程度の遅れで米原に到着。すごい吹雪! 降り立ったホームはまだ除雪されていないので、列車の床面よりも高く雪が積もっている。ザクッ、ザクッと階段に向う。なにしろホームの屋根などないのと同じ。横殴りに雪の粒が強烈に顔に当たる。乗り継ぎの豊橋行きが延発。柏原で8865レを迎え撃つ予定だが、10分遅れではギリギリ。まぁ8865レも遅れるだろうから・・・そのまま乗車し予定通りに柏原を目指すことに。ところが醒ヶ井を発車して数分後、65と66がくっついて白い景色の中を後方にぶっ飛んでいった。なんと、ほぼ定刻! 撃沈。まいったね。
 とはいうものの、これだけの雪に気分は上々!(笑) 米原に戻ってホームで撮影。いや~寒ぶ! それにしても強烈な風景だ。まずは向かいのホームの新快速を狙う。少しでも多くの雪の粒を画面に捕らえたいので、S/Sを上げて露出を何度も調整。グレーの車体バックに大量の雪を捕らえる。至近距離でこれだけの雪が写るのだから・・・
b0185825_2233125.jpg
2011/1/16 JR琵琶湖線 米原 223系「姫路行き」新快速
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


 動き出した新快速を後追いで狙う。止まっているときとは違い、露出が出ない。露光不足という意味ではない。辺りは真っ白なので、そのまま測光するとかなりのオーバー露光。ハイキーからローキーまで、なんとかグラデーションの出る露光を探すのに単なる測光ではどうにもならない。露出が決まらない、つまり露出が出ない。普段の明るさの感覚とあまりに違い過ぎる。列車が動き出し、フレームに入る前に露出を決めたいが、なにしろどこもホワイトアウト状態なだけに露光の基準になりそうなものさえない。上を向いたり、振り返ったり、いろいろ試して、この辺りという露出でいくしかない。さてさて、結果は如何に? コントラストを調整すると、狭いグレーのトーンだけに露出が合ったのか、手前の大粒の雪は黒く写った。強風に飛ばされる屋根の雪、足回りから巻き上がる雪、そして降頻る大量の雪。とにかく凄まじい! この絵、東海道線なんですがねぇ~
b0185825_22332744.jpg
2011/1/16 JR琵琶湖線 米原 223系「姫路行き」新快速
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-17 22:34 | JR琵琶湖線 | Comments(8)
家山駅
2011/1/9撮影
 南海ズームカーが通過してしまうと、辺りは夕暮れの様相。それでも帰宅せずに最後の悪あがき。小学生が日が暮れて暗くなってきても、いつまでも帰宅しないのと同じ気分。迫りくる暗闇にちょっと不安になりながらも、遊びに夢中になる、あのドキドキ感がたまらないのだ。ガキですな! 家山駅に向かう。すでに日はない。薄暗くなってきているが、増感すれば露出はある。このあと上下2本の列車がここで交換する。寒くなってきたが空はきれいで、明るさも残っている。どう狙おうか、あちこちとうろうろ。旧客3両が側線に留置されているので、これを使いたいが・・・暗い青空に青い旧客、う~ん。やっぱり近鉄特急色のほうが似合いそうな・・・などとくだらないことを考えながら、とりあえず駅の進入ポイントに向けてカメラをセット。でも、どうもしっくり来ない。ホーム脇には葉の落ちた桜の枝が寒々としていい感じだ。こっちを狙うか? 問題はどっちの列車が先にホームに入って来るかだ。手前の列車が先に入って来るなら、ちょっと難しい。仲間うちでうだうだと憶測するが、確かではない。しゅうがさんがどこかに消えると「金谷行きが先みたいですよ」これが決定打! ロジックを組んでフレームを創る。結局、やって来たのは2本ともに近鉄特急。薄暗いホームをサイドから狙った。
b0185825_2025586.jpg
2011/1/9 家山 大井川鉄道 
Canon EOS-40D , EF-S 17-55mm F2.8 IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-15 20:06 | 大井川鉄道 | Comments(2)