<   2010年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
新快速 調子踏切
2010/9/25撮影
 3099レが通過しても8866レ狙いのため、しばらく線路脇に居座る。時間が経って日が少しづつ傾いてくると、線路東側のビール工場の側壁に西日が当たるようになる。この側壁は金属外装のためシルバーで光りを反射し、本線を走行する列車にレフ板のごとく光りを当ててくれる。列車の側面が逆光なのに白く反射して、なかなかお気に入りになってしまった。この日も3時半を回って、側壁が反射しはじめるといい感じになってきた。特に近郊電車はシルバー・ボディなのでバックとのコントラストがおもしろい。思い切って一番手前、下り外線を走る新快速のサイドだけを抜いてみた。むこう3両は側壁が反射し白く光ったが、手前1両は側壁がなくなり植え込みの緑が窓に写りこんだ。バックの山は既に日陰になり、ボディとのコントラストがおもしろい。
b0185825_19411096.jpg
2010/9/25 JR京都線 長岡京~山崎 下り新快速
Canon EOS-7D , EF 300mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-30 19:42 | JR京都線 | Comments(4)
3099レ EF81-142 調子踏切
2010/9/25撮影
 午後になって再度、調子踏切に出かけた。Carl Zeissを逆光で試してみる。朝と同じポイントに立つと見事な逆光! 日は高く、カンカン照り、コントラストもなく辺りの景色はぼんやりと見える。光線は強烈だ。どんな風に写るのか興味津々。ところが、陽炎が立っていてなかなかピントが合わない。合わせたつもりで来た列車を撮ると・・・合ってない。さすがに逆光で陽炎が立つ中、開放にして、バックをとろとろにするなんて無茶なのか? 手持ちなので余計なんだろうが・・・
 あれこれやっているうちに狙いの3099レの時刻が迫ってきた。諦めずに開放で露出を決めて、息を止め、ピントを合わせる。これでダメなら、今日はダメなんだと割り切ることにする。ヘッドが光って現れたのはヒサシ付の142号機。ちょっと厳しい面だが、望遠圧縮し過ぎでよくわからない。さぁて、結果は如何に? ちょっと前ピンだが、こんなもんか? ボケ味は良好だが、さすがに最新のレンズと比べると解像度も色合いも落ちるか?やっぱり、列車撮影には2絞りほど絞った辺りがおいしいような気がする。またチャレンジしたい。
b0185825_19461564.jpg
2010/9/25 JR京都線 長岡京~山崎 3099レ EF81-142
Lumix DMC-G1 , Contax-M4/3adapter + Carl Zeiss Tele-Tessar 300mm F4 MMJ


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-29 19:46 | JR京都線 | Comments(4)
"夕暮れ" 堀ノ内
2010/9/25撮影
 夕方になって調子踏切で顔見知りの皆さんが、向日操到着線脇の堀ノ内の農道に集結。暮れ行く夕日を眺めながら、流し撮り大会となった。田には稲穂が刈り取られずにまだ残っていて、夕日に照らされとても綺麗だ。ただし、電柱の影が長く伸びるので画面に入らない位置を探すのに苦労する。やっと位置を決めて撮り始めると、さらに太陽は低くなり、今度は自分の影まで目の前に落ちてしまう。(笑) こればかりはどうしようもない。溝に腰掛、頭を低く、なんとも不恰好だ! 目の前をオーシャンアローが通過。夕日を浴びて抜群。
 このあと、数分で太陽は山の中に入ってしまう。赤く染まった残光が東の空にも残っている。雷鳥が通過。ちぎれた雲でもあれば、きれいな夕焼けなんだろうが、スカッと晴れて雲はなにもない。わずかに地平線あたりが赤く見える。その後、80レが通過。空コキを引いて66が駆け抜ける。軽快なコキの乾いたジョイント音が静かな夕暮れに似合っているような。
 お目当ては4001レ日本海だが、容赦なく辺りは暗くなっていく。その速さは想像以上。手元も見えにくくなってきた。接近した新快速で予行練習。すでにISO-3200、SS-1/30 普段ならさっさと帰っている暗さだ。4001レ接近。う~ん暗い。これでは、止まっているのか、ブレているのか? 粒子も荒れてよくわからない。拡大すればナンバーは判読できるので、OKテイクでしょ。やっぱり暗いのは苦手、夜間撮影隊、コンビニ倶楽部の皆さんにはとても敵わない。(爆)
b0185825_19235718.jpg
2010/9/25 JR京都線 向日町~長岡京 70M オーシャンアロー20号
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_19242169.jpg
2010/9/25 JR京都線 向日町~長岡京 4033M 雷鳥33号
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_19245539.jpg
2010/9/25 JR京都線 向日町~長岡京 80レ EF66
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_19251447.jpg
2010/9/25 JR京都線 向日町~長岡京 新快速
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_19255584.jpg
2010/9/25 JR京都線 向日町~長岡京 4001レ 日本海
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-28 19:28 | JR京都線 | Comments(4)
6170レ EF66-130 調子踏切
2010/9/25撮影
 週末に撮影に出かけても、データの整理がなかなか出来ない。ここのところ週明けは本業に追い立てられてプライベートどころではない状態。嬉しい悲鳴なんだが・・・ストレスは溜まってしまう。

 先週末も調子踏切でワム貨の朝練。天候は曇り、日が射しそうで射さない。予報では午後から晴れるらしいが、日がないのなら工場の影は気にしなくてすむ。露出はないがワム33両とそこそこ長いので、工場横の直線を狙う。踏切手前の'うちわ’が4枚、とても邪魔。隙間から狙うと、串パンになりそうだが、本来串パンはあまり気にしていない。コンクリート柱も濃いグレーでバックに馴染みそうなので、そのアングルでいくことにした。300mmを付けて列車を待つ。
 6時を廻って、5065レ、7055レといつも際どい下り貨物が立て続けに通過。リスクは減った。下り普電が通過すると、66のヘッドが見えた。並走する上り普電の姿なし。オールクリアで狙えそうだ。踏切脇には、たくぱぱさん、私の前にJB23さんとしゅうがさん、とお馴染みさんが集合、列車の接近を待つ。先頭は66-130号機。艶はないが奇麗な出で立ち、ブルーのワムに良く似合う。曇って暗いのでサメちゃんの色は反って映える? ちょっと長いワムの編成がうねっていい感じだ。
b0185825_15504045.jpg
2010/9/25 JR京都線 長岡京~山崎 6170レ EF66-130
Canon EOS-7D , EF 300mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-28 15:51 | JR京都線 | Comments(2)
8865レ EF65-116 守山
2010/9/19撮影
 この日は、関66の廃車回送や14系客車の廃車回送など、西に東にネタ列車が走り回ったために、どこのホームもファンで一杯。定番列車を狙うにも足場が確保できない状態。朝、さくら夙川で73レを狙うにもちょっと苦労した。その後、いつもなら山手で72レ狙いだが、大勢の方でホーム端は一杯だろうし、65-1077だが諦めて8865レ狙いに決定。1077号機は午後の2073レに入る予定なので、こっちで狙うことにする。普電で移動し始めると、西芦カーブにいらした'みつばちさん'からメールが着信。無事に撮影できた様子。天気もいいのに72レを撮りもしていないので、返事のしようもない。車窓には正に72レが並走している。色褪せたピンクのプレート(?)が痛々しい。72レ見ながら移動?変な奴、と思われそうだが、実は変な奴なのだ。人の多いとこでは撮りたくない!
 守山に着くと、上り端に何人かいらしてる様子。下り端で場所を確保。編成は9両と長いがほとんど空コキ。ただしカマ次位にヨが付いている。これだけを狙うことにした。MFレンズで置きピン。1箇所しか狙えない。ポイントを決めてピントを置く。接近する列車を眺めながら、1人振り返ってカメラを構える。逆光だがカマとヨだけ一発! やっぱり変な奴だ。
b0185825_19315553.jpg
2010/9/19 JR琵琶湖線 守山 8865レ EF65-116
Lumix DMC-G1 , FD-M4/3adapter + Canon FD 85mm F1.8


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-24 19:34 | JR琵琶湖線 | Comments(6)
回9244レ EF65-1133 虎姫
2010/9/18撮影
 Lumix DMC-G1を使い始めて10ヶ月あまり。MF、Film時代のCanonの古い資産をフル活用してきたが、ここまで来るとM4/3でもっと遊んでみたくなる。M4/3ならどんなレンズでもセットできる。ネットを探ると、おもしろいレンズや興味のあるレンズは中古でたくさんある。未だに高価なものもあるが、大半は手頃な価格で入手できそうだ。その昔、憧れだったレンズもズラッと並ぶ。いろいろ物色していて、どうしてもほしくなったレンズが数本ある。なかでも旧ヤシカ、コンタックス・マウントのcarl zeissはとても魅力的だ。鉄道写真に使えそうな焦点距離の明るいレンズが3万~5万程度で販売されている。先日、ネットショップを覗いていると、300mm F4の完品が手頃な価格で上がっていた。右手が勝手に、ぽちっとクリック! 気が付けば注文処理が完了していた。(笑)週末にはアダプタも用意できて出撃体制は整っていた。
 北びわこでどう使えるか、なにも考えずに持ち出していたが3号の撮影を終えても出番なし。ところが、PFによる回送を狙いに虎姫~河毛の直線に出向くと、事前に聞いていた通りに、広角から超望遠までなんでも使えるすばらしいポイント。これはやるしかない。M4/3で使うとフルサイズ換算2倍になるので焦点距離は600mm。さすがに手持ちではブレてピントが合わない。三脚に据えて600mmmを飛ばす。面に当たる光は微妙だが、サイドには綺麗に斜光線が当たる。バックの山並みも実に美しい。置きピンの一発勝負なので、串パンにならないようにピンを置く位置が難しい。慎重にピントを合わせて、2絞り。5両の編成にはピンがきて、バックはフワッとボケてもらう。ファインダの中はゾクゾクするほど綺麗な光線状態だ。
 Zeissを使った初撮影、結果は如何に?コントラストのある光線状態なのでレンズの性能のせいだけではないだろううが、機関車の立体感がすばらしい。バックのやさしいボケ味は癖になりそうだ。
b0185825_17193625.jpg
2010/9/18 JR北陸線 虎姫~河毛 回9244レ EF65-1133
Lumix DMC-G1 , Contax-M4/3adapter + Carl Zeiss Tele-Tessar 300mm F4 MMJ


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-23 17:21 | JR北陸線 | Comments(8)
C56-160 米原(操)
2010/9/18撮影
 撮影を一通り終えたところで、夕方。さて、撤収か、オプションツァーか? 同行の皆さんとあれこれと相談。C56が梅小路に帰るので、出発前に米原で撮ろうということになった。国道8号を一路、米操へ。
 C56は後ろ向きにPFに繋がれて出発定位置に止まっていた。線路脇の小道から十分に狙える。吹き上がる蒸気が逆光に照らされてなかなか美しい。300mmレンズを付けて蒸気だけをアップで撮ってみる。回送に備えて缶圧を下げているのだろう。安全弁から勢い良く蒸気が吹き上がっている。風もあって蒸気の姿は変幻自在。機関士のシルエットも、あれこれ点検と弁操作に忙しそうだ。本線を上る貨物列車や駆け抜ける新幹線を横目に出発時刻をじっと待っている。昼間の撮影ではサイド打ちばかりだったが、今回のHMは25万人乗車記念の特別仕様。顔のアップでゆるりと狙う。メモリーがなくなるまで、たっぷりとスナップショット。約30分間、目の前に止まったC56をじっくりと観察することができた。
b0185825_16284270.jpg

b0185825_16292546.jpg

b0185825_16301180.jpg
以上3枚とも
2010/9/18 米原操作場 C56-160
Canon EOS-7D , EF 300mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-23 16:30 | JR北陸線 | Comments(2)
9241レ/9243レ SL北びわこ 虎姫
2010/9/18撮影
 調子踏切に通っていると、いろいろと顔見知りの方も増えてきた。なかでも中学時代の旧友と再会できたことは先週も書いたが、彼の御子息が始められた板に参加させて頂くことになった。さっそく20日に北びわこを撮影する例会があるとか。ところが20日は所用があって参加できない。18日に下見ツアーがあるので、こちらに参加。
 朝、調子踏切で6170レを撮影後に集合場所のJR長岡京駅東口に向かう。メンバーは4名。私の車にみつるさんが同乗。しゅうがさんを乗せたJB23さんの車の後を走る。早々に出発。途中、京滋バイパスで渋滞したが、大きなロスもなく長浜ICに到着。沿線に詳しいJB23さんの案内で下見を始める。前夜、梅貨で夜くねをした際に麒麟さんが参加しますとのことだったが、朝寝坊! 後を追ってこられているようだが、我々が通過したあと高速道路は大渋滞の様子。しばらく到着されそうにない。虎姫~河毛~高月と回って、定番撮影地を下見。結局、虎御前山からの俯瞰で1本目は撮影することに。みつるさんは4x5で撮影。既にジッツォの上には大きなカメラが据えられている。その傍で脚立に載って、いつものように手持ちでいく。天気は良いが、光線状態はあまり良くない。列車の後方から日が当るような感じだ。バックは琵琶湖が入り、霞んでいるが竹生島も見える。邪魔な建物や鉄塔をなんとかかわしてフレームを作る。汽笛とともに列車が接近。運が良ければ煙が出るそうだが・・・見事になにも出ていない。力行する蒸気の音と5両の客車のジョイント音が軽快に通り過ぎてゆく。眼下に広がった景色は美しいが、煙がないのはやっぱり残念。
 列車が通過直後に麒麟さんから連絡。虎姫でSL列車を見送ったとか。この後、合流して午後の撮影に向かう。
b0185825_11562730.jpg
2010/9/18 北陸線 虎姫~河毛 9241レ SL北びわこ1号
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


 午後は、高時川の河原からと決めていた。夏の日差しが戻って来たようで、ジリジリと暑い。避難するように北陸道の高架下の日陰で休憩。そのままそこに三脚設営。なんといい加減なことか。でも、日陰なうえに川面を渡ってきた風はとても心地良い。こんなにベストなポジションはない。昼食を取りながら談笑。私の後ろに4x5が据えられると、麒麟さんがまじまじと観察。4x5、ポジ撮影にとても興味があるようだ。丁寧な講習会が河原で始まった。
 光線状態は抜群。列車のサイドに奇麗な日が射す。鉄橋には手摺があって少々足まわりがうるさくなるのと、向こう側に道路橋のトラスが見えるのが難点。川には十分な流れがあって、バックの山とうまくマッチする。ただし、列車の接近はわかりにくい。鉄橋の両側には木立が生い茂り、もともと接近列車の音は聞こえないのに、頭上に高速道を通る車の通過音、足元に川の流れで水の音では聞こえるものも聞こえない。定刻が迫ると緊張が走る。列車はいつ飛び出すかわからない・・・ところが、汽笛が1発。ドラフトもしっかり伝わってきた。さらに汽笛。轟音とともにゆっくりと鉄橋に姿を現した。黒煙を噴き上げながら、なかなかサービス満点だ。渡りきるまで連写! 
b0185825_11565987.jpg
2010/9/18 北陸線 河毛~高月 9243レ SL北びわこ3号
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-22 11:58 | JR北陸線 | Comments(8)
6170レ EF66-125 調子踏切
2010/9/18撮影
 ここのところ6170レは調子踏切で、というパターンが続いている。なにしろ光線がいい。台車まできれいに日が当たって抜群のシーンになる。0番代だろうが、サメ子ちゃんだろうが、とにかくカッコ良く写ってくれる。うまくフレームを作れば、バックは山だけになるのもお気に入りだ。ワム18両と、ちょっと短めだが、どうせ工場の影から出た編成だけをズバッと狙うのであまり関係ない。短いほうが反って影に入る両数が少なくてすむ。踏切から長岡京寄りで、カーブに入った辺りを狙うことにする。たっぷり光りが当たるはず。丁度機関車の鼻先に緑の植え込みが来るようにフレームをセットして列車を待つ。予定は125号機。木曜日の夜に5078レで梅貨を出発したカマだ。
 定刻になって普電が先に直線に飛び出してきた。その後ろに6170レのヘッドが見える。これは並ばれたか?と思っていると、「後方から貨物!」とだれかが声を上げた。下り5065レの接近。前を通過されると長い編成だけにアウト!轟音と共にコキが目の前を塞ぐ。う~ん!普電並走+カモレ被りではとても救われそうにない! 長いコキ編成が通過するのをじっと待つ。長い! コキの向こう側を普電が通過中。6170レはどこだ! やっと、5065レが通過、と同時に普電も通り過ぎた! 6170レは・・・まだ直線区間を走っている。間髪入れずに工場の影から飛び出した。抜群の斜光線を浴びてとても綺麗だ! 連写! 天は見放さず! 秋の空気感満点、バックの山も美しくボケた。パンタのシューの先まで光りが当たっている。こんなにドキドキさせられても、これだからやっぱり止められない。
b0185825_1939356.jpg
2010/9/18 JR京都線 長岡京~山崎 6170レ EF66-125
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-21 19:39 | JR京都線 | Comments(4)
8866レ EF65-100 調子踏切
2010/9/11撮影
 朝の撮影を終えてからは、実家で所用があったので一旦撤収。皆さんとは夕方の8866レの時刻に再出撃予告をしてお別れした。そして、午後4時前に再度、調子踏切へ。わずかな間に朝のメンバーが再集結。相変わらず笑いが絶えない。
 午後の踏切は半逆光。アングルも朝とは変えたいので、踏切脇の畦に降りる小道から狙うことにする。8866レは編成がカモレほど長くないので、直線の奥まで入れる必要がない。それよりも軌道からなるべく離れてサイドに近いほうが編成が長く見えるだろうという計算。バックの山は、既に日陰でちょっと沈んだトーンでなかなかよろしい。やって来たサンダーバードで試し打ちすると、なんとサイドが白く光っている。線路に沿って建った長い工場の側壁が銀色のため、レフ板になって列車を照らしている。半逆光なので、コントラストが付いて、これは助かる。その気になって、露出を調整して本番を待つ。
 姿を見せたのは一般型、100号機。編成も無蓋車ばかりだが9両と立派だ。ォトキ、車輪コキ、空コキ、レール・コキとなかなかバラエティ豊かでおもしろい。予定通りにカマのサイドがぎらり、白く反射して逆光には見えない絵になった。午後の調子踏切もおもしろい。
b0185825_202618.jpg
2010/9/11 JR京都線 長岡京~山崎 8866レ EF65-100
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-09-16 20:02 | JR京都線 | Comments(7)