<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
EF66-30 奇跡の復活を願う
2009/9/30
 EF66-30号機が故障し、稲沢から吹田に無動回送されたようです。これで、検査切れを待たずに姿を消すことになるのでしょうか?0番台のなかでも、旧更新色のまま運行された最後の1台。最近は人気上昇中だったのですが・・・
 
 今夏は、とにかく元気に東奔西走しており、その姿を何度も撮影できました。0番台が新更新色になったなか、彼だけが白っぽくて逆光でもなんとか絵になる存在。昨年から何度も噂には聞いていた機番だけに・・・ついに!・・・という思い。(悲)
 66ファンとして奇跡の復活を願って、今夏の勇士をアップします。
b0185825_19232348.jpg
2009/5/23 JR神戸線 さくら夙川~芦屋 EF66-30

b0185825_19235334.jpg
2009/6/13 JR京都線 長岡京~山崎 EF66-30

b0185825_19242496.jpg
2009/6/27 JR京都線 山崎 EF66-30


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-30 19:26 | JR京都線 | Comments(0)
502M きたぐに 山崎
2009/9/26撮影
 「きたぐに」の山崎通過は早朝なうえに、太陽を背負ってやって来る。朝の斜光線のため、どうあがいても逆光になる。大阪到着後、宮原を経由して向日町に回送されるため、こちらを順光で狙うことが多いが、たまには営業運転中にこだわって撮影したい。名神クロスや百山踏切という手もあるが、おもいっきり逆光に挑戦してみた。
 山崎駅通過後、サントリー前の踏み切りまでの直線で後ろの数両はポールにかかるものの、丁度10両が収まる。カメラを向けた方向に太陽が昇るので、バッチリ逆光。(すごい) ハーフトーンだらけの画面の中に、踏切の監視装置が溶け込んでうまい具合に目立たなくなる。(笑) 肝心の列車もグレーカラーで、実に目立たない。(大笑)・・・とりあえず、バックのクリーム色の空だけが朝の雰囲気を出してくれました。(よかった、よかった)チャンチャン。

 やっぱり返しの順光ですね。長い玉を付けてガバッと狙ってみました。予定では、ぎりぎり全編成が入るはずでしたが、9両でチョン。(涙) なんか中途半端やなぁ。・・・次回リベンジ。
b0185825_20117100.jpg
2009/9/26 JR京都線 山崎 502M きたぐに 

b0185825_2014542.jpg

2009/9/26 JR京都線 山崎~島本 回502M きたぐに


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-28 20:02 | JR京都線 | Comments(0)
4004M 雷鳥4号 上牧 / 4009M 雷鳥9号 山崎
2009/9/26撮影
 朝に山崎に入れば、やっぱりこの時期は非パノラマの雷鳥を狙わないわけにはいかない。太陽も元気よく顔を出し、天気も良くなってきたので、大阪行き4号をクロ側から狙いに上牧に向かった。久し振りの場所で、目の前には稲穂が見事に色づいていた。先頭部には日が回らないが、側面は反射してきれいだ。標準で引き付けなんとか9両がぎりぎり納まった。
 再び山崎サントリー前に引き返し、雷鳥9号を狙う。朝一番とは違い、光線の状態はとてもいい。ただ、先頭部の日の当り方が微妙。完全な順光とはいかない。この列車のあと、1時間ごとにあと2本の非パノラマが来るが、どんどん逆光になっていく。本日はこの2枚がベストでした。
b0185825_17171972.jpg
2009/9/26 JR京都線 山崎~島本 4004M 雷鳥4号

b0185825_1718083.jpg
2009/9/26 JR京都線 山崎~島本 4009M 雷鳥9号


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-27 17:19 | JR京都線 | Comments(2)
3170レ EF66-110 山崎
2009/9/26撮影
 週末の天気予報はまずまずのようだが、朝は雲が多い。6時になってやっと増感撮影可能な光になってきたが、太陽は出そうにない。厚い雲ではないので、太陽が昇り始めれば薄日は期待できる。ただ、3170レ通過まで15分程度。この弱々しい光が、露出十分になるとは思えない。
 露出を確認していると、遠くにヘッドライトが見える。この時間は・・・ロンチキ工臨だ。運よく運転日だったようだ。ゆっくり近づいてくると、な、なんと重連だ。いやいや無動付きでしょう。どちらにしてもパンタがないので、絵面は重連。しかも編成が長い。ラッキー。・・・ところが、一番のシャッターポイントでハイビームを喰らってAFが逃げた。ピントが合ったときは、すでにド・ドアップ。やられてしまった。露出に気を取られて、置きピンしていなかった。ただ、重連の予定がないので、置きピンしていたとしても2台の機関車が重なる位置にピントを合わせるはずで、単機か重連か判断のつかない写真になったはず。これはこれで良かったのか・・・と思うことにした。

 ほどなく、3170レが接近。110号機+ワム22両の編成。5連休明けなので、もっと長い編成を期待したが、長くはなかった。薄日が射す手前の薄々日。よく見れば、プレートガターの影が内線線路に落ちているのがわかるが、編成に日が当ったようには見えない。あまりにも光に勢いがない。わずかに5分程度、通過が早すぎた。このあと薄雲を透してオレンジ色の光が一気に降ってきた。残念。来週以降、この場所では定刻通過だと日差しは望めないことになる。
b0185825_19244639.jpg
2009/9/26 JR京都線 山崎~島本 工臨 DD51-1109+DD51

b0185825_1925341.jpg
2009/9/26 JR京都線 山崎~島本 3170レ EF66-110


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-26 19:28 | JR京都線 | Comments(8)
4017M 雷鳥17号 老坂峠俯瞰
2009/9/22撮影
 非パノラマの雷鳥編成は狙わないわけにはいかない。A7編成はすでに、北近畿用に編成換えされたと耳にしたので、残るは3編成のみ。従来の運用のなかに1本パノラマ編成が入ることになる。残された機会は少ない。
 雲っているので遠目からの撮影は控えたいが、老坂峠からの俯瞰は半逆光になるため、日がないほうが編成が影にならなくて都合がいい、はずだが・・・暗くて露出も不十分、コントラストもない。いくらなんでももう少し薄日がほしい。アングルもいろいろ試して見たが、薄暗がりでバックの山が今ひとつパッとしない。結局いつもの構図になった。

 あれこれやっているうちに定刻になった。眼下を非パノラマ編成が軽快に駆け上がって行く。そろそろこの絵も見納めになるのか。
b0185825_14565864.jpg
2009/9/22 湖西線 マキノ~永原 4017M 雷鳥17号

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-25 14:58 | JR湖西線 | Comments(2)
4002レ 日本海 マキノ
2009/9/22
 久し振りに湖西線に入った。雲に覆われ天気は悪いが、雨が降りそうなほどの雲でもない。太陽はとても顔を出しそうになく、とても暗いが、かまわずマキノまで一気に出かけた。沿線は景観が良く、バックを取り入れて撮影したいが、生憎の天候なので編成アップで狙える、マキノの直線で構えることにする。

 すでに田は刈り取りが終わり稲穂の姿はない。農作業をされていた方に声をかけて頂いた。この周辺は、最近サル、いのしし、シカの被害が多発しているそうだ。特にサルは民家にも押し入り、浜まで遠征する奴もいるとか。農作物の被害だけではないようだ。近々この地域全体に柵を設置するとのこと。この場所も線路に沿って谷の奥まで2m程度の柵が設置されると伺った。このアングルがどうなるのか気がかりだ。お話を伺った方は、多くのファンが写真を撮りにくることをよくご存じで、「この景観を愛して訪れる皆さんに申し訳ない」と話されていた。柵が設置されることは、地域の生活防衛上しかたのないことで我々ファンがどうすることもできないことだ。
 他にもいろいろ伺った。中でも気になったのは、地域の皆さんの中でファンが大勢訪れることに賛否両論があるということ。農作業の邪魔になったり、ゴミや吸い殻の放置、田畑を荒らされるなど快く思っておられない方と、大勢の方に景観のすばらしさを堪能してほしいと思っておられる方とがいらしているようだ。少なくともこの地を訪れる者の責任として地元に迷惑をかけないように撮影時のマナーだけはきちっと守るように心掛けたい。地元の方に歓迎されてこそ、気持ち良く撮影ができる。
 次回もこのアングルで撮影できることを願いたい。
b0185825_168420.jpg
2009/9/22 JR湖西線 マキノ~永原 4002レ 日本海 EF81-108

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-24 16:09 | JR湖西線 | Comments(4)
列番不明 加島 EF66-111
2009/9/19
 朝からこの日はダイヤが上下ともにグダグダ。朝の甲種を撮影後に一旦撤収し、午後、加島に出向いた。貨物の遅れは当然回復していない。2~4時間程度軒並み遅れている。いつ、なにが来るかわからない。本来、加島の高架橋からのショットは、3時台が光線状態がとてもいい。しかし、定刻通過なら3時台には1本も来ない。遅れ貨物がここで来てくれると最高だ。天候も良く、雲もない。
 高架橋の階段を上っていくと、不思議なことに誰もいない。とりあえず定点に行くと、足元の下り外線に丹波路快速が信号現時待ちで停車中。運転手は立ち上がり、さかんに連絡を取っている様子。もうそこそこの時間停車しているようだ。よく見ると、この快速の後方数百メートルのところにスーパーはくとが停車中だ。下り内線は、各停が通過するので、外線になにか障害があるようだ。これでは、カモ・レは下ってこれない。と思っていると、66-100番台がオーバークロス上で停車。眼下に3列車が見下ろせる。もちろん最後に動き出すのはカモ・レだ。
 30分ほど停車した後、やっと66が動き出した。近づいてくると機番はなんと休車あけの111号機。廃車の噂の絶えない機番だ。このあと順調に遅れ貨物が通過。2時台に桃が4本。3時台に2本、66が1本。4時台には桃が2本と75レが定通。5時台の早いうち、日が残る時間帯に桃が2本。さながらカモ・レのラッシュ。普段ならこの時間帯に通過することのない宅配コンテナや大型コンテナ積載コキが次々に通過。・・・いやいや、満腹です。
b0185825_2036339.jpg

2009/9/19 北方貨物線 加島付近 列番不明 EF66-111 14:11通過

b0185825_20373164.jpg
2009/9/19 北方貨物線 加島付近 列番不明 EF66-117 15:45通過

b0185825_20381388.jpg
2009/9/19 北方貨物線 加島付近 列番不明 EF210-149 15:55通過


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-20 20:41 | JR神戸線 | Comments(0)
8862レ 甲種輸送 EF65-1064 山崎
2009/9/19
 日が昇っても雲が多くて日が射しそうにない。5時半、山崎サントリー前のカーブにはすでに大勢の方がいらしている。いつもの場所より先で、カーブに入ってくる辺りで撮影したいが、すでに場所はなさそうだ。ベストの位置よりも架線柱1本分京都寄りで場所が確保できた。ここも、ほぼ同時に満席になった。今日は多い。
 6時を回って、少し気になることがある。ここに来て30分になるが、上り列車が1本もこない。5:50ころのEF210の上りカモ・レも来なかった。どうも静かだ。内線列車も来ない。6:15になり各駅がやっと来た。いつも3170レといっしょに来る各駅かな?甲種の定刻は過ぎている。雲の隙間から日が射した。今、来い。でも、もちろんこない。
 やっと島本のカーブをきって外線列車のヘッドライトが光った。来た。甲種、なんと65、10分遅れ。直線をゆっくり近づいて来る。原色、赤プレ、1064号機。幸運にも日が射している。very good!! 2ひき目のどじょうが釣れた。いやいや、鯛でしょ。
 
 続行のワム・レは来ない。どうも東西で事故らしい。上下ともに遅れている。3170レの前運用の3171レは梅田に30分遅れで到着した模様。3170レも30分以上遅れて梅田を発車するだろう。いつ来るかわからない。下り「きたぐち」を狙って帰ろうと思っていたが、その「きたぐに」も来ない。朝、用があるのでもう引き揚げ時刻になった。赤プレだけで満足して帰るしかない。
b0185825_10581731.jpg
2009/9/19 JR京都線 山崎~島本 8862レ 甲種輸送 EF65-1064

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-19 10:58 | JR京都線 | Comments(2)
9521レ SLやまぐち 二反田S字
2008/11/23
 朝一番に二反田に入った。7時半なのにすでに線路下の駐車スペースには5台の車が駐車している。前日よりも人は多そうだ。とりあえず撮影ポイントに上がってみる。二反田S字には三脚が3基。奥にも場所取り用なのか、棒が1本線路脇に突き刺してある。朝早くから陣取りは始まっていたようだ。・・・それとも前日からなのか?一旦、車に戻って朝食。その間にも次々に車が上がってくる。空き地はほぼ満車。入りきれない車が手前の道路脇に駐車しはじめた。このまま増え続けると、撮影後すぐにここから出ることは出来ないかもしれない。秋のこのシーズンは、国道9号はよく混む。特に長門峡の駐車場前後は一般の観光客も多いため、車は動かない。まぁここからでは条件が悪いと追かけはほぼ不可能なので問題はない。撮影後はゆっくりと午後の撮影地に向かえばよい。

 定刻が近づいてきたがS字の真中、切り通し部分に日が射さない。夏場なら日が落ちる場所だが、晩秋の太陽は高く昇らない。しかたがないので、カーブを切って頭をふるあたりで、シャッターをきることにする。ここまで引けば先頭部にも日が回りそうだが・・・かなり微妙・・・結果はご覧の通り。吹き上げる煙はうまく捕らえたが、やっぱりデフの影が煙室扉にかかってしまった。望遠とは違い、ぐっと引いてドカンと頭だけを切り取ったため、C57の表情がいつもとはちょっと違うかな。
b0185825_12413621.jpg
2008/11/23 山口線 仁保~篠目 9521レ SLやまぐち

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-16 12:44 | 山口線 | Comments(2)
9521レ SLやまぐち 長門峡
2008/11/22
 昨年は夏の間に長門峡の築堤の草刈が行われたため、秋のススキはあきらめていたが、鉄橋に近い部分に少しだけ刈り取らずに残っていた。撮影者への配慮?・・・夏は雑草が長く伸びると列車の足回りにかかってしまうので、刈り取られたほうが良いが、秋にはススキの穂が是非ほしい。なんとも勝手な話だ。
 日が射して逆光ぎみだがトップライトなので気にせず、線路脇に近い位置に三脚をセットした。ここでは、長門峡の駅から鉄橋までで煙がよく噴くため、焦点距離は長ければ長いほど有利だが、秋の雰囲気を出したいので中望遠でアングルを決めた。なんとか残っていたススキも入る。
 
 いつものように元気よく発車した列車は、鉄橋を越えても予想に反していい煙を吐いている。速度が上がるほど、煙も後ろに棚引くようになるが、さいわい逆光ぎみのため煙の縁が光に当たって折り重なるように模様が広がる。ボリューム感十分。辺りに充満した黒煙に客車の陰が落ちて空間に線を引いた。この角度だとくっきり写る。先頭部にも側面にもまったく日は当たらないが、赤プレとヘッドマークに救われた。欲を言えば、編成が10両ほどあればもっと迫力が増すのだが・・・こればかりはどうしようもない。
b0185825_14572767.jpg
2008/11/22 山口線 長門峡付近 9521レ SLやまぐち


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-15 14:59 | 山口線 | Comments(0)