カテゴリ:大和路・和歌山線( 53 )
回2311M 第一大和川橋梁
2009/11/7撮影
 土日の休みは用が重なり撮り鉄はまたもゆっくりできなかった。土曜に朝練だけは出かけたが、帰宅時間の関係で遠出はなし。夏の間、気になっていたが撮影していない列車を狙いに出かけた。
 平日は「やまとじライナー1号」として運行される列車だが、土日は運休。ただ、金曜夜に3号として加茂に向った列車が、土曜朝に1号のスジで日根野に回送される。「回送」のサインで運転されるが、時々「やまとじライナー」のこともある。原色の381系6両編成。今やこの編成は、定期運行では「やまとじライナー」と「はんわライナー」でしか見られなくなった。もちろん平日の朝練がベストだが・・・
 夏場は問題なく撮影できるが、この時期は大和盆地に太陽が顔を出した数分後にやってくる。大和川の堤防から望遠で狙う。もう少し引き付けて6両を入れたいが、手前の雑草が長く伸びて列車を隠してしまう。グッと退けば6両入るが、この角度のほうが昇りかけた太陽の光を反射してくれる。やって来た列車は「回送」だった。・・・あたりまえか。
b0185825_20474447.jpg
2009/11/7 JR大和路線 王寺~法隆寺 回2311M

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-11-09 20:49 | 大和路・和歌山線 | Comments(0)
大和路線各駅停車 103系 第一大和川橋梁
2008/12/23

 私だけではないと思うが、必ず同じ形式でやってくる通勤電車を真剣に狙うことは少ない。いつもやって来るだけに、いつでも撮れると思ってしまうからか、なかなかレンズを向けることはない。それどころか狙っていた列車が来るとガバッとカブるのは各駅停車や快速ばかりで、通勤電車ファンには悪いが私にとっては天敵かもしれない。
 しかし、いつの間にか数が減り、気が付けば走っていなかったりする。JR神戸線、京都線の201系、203系などいつもの顔ぶれはいなくなり、今や221系を残し他はシルバーボディばかりになってしまった。いつかは撮ろうと思わずに、今撮っておかないといけないようだ。
 JR大和路の103系も見かけることが少なくなってきた。201系がずいぶん増えた。平野で城東貨物を待っていても、やって来るのは201系ばかりになった。大和路の各駅は103系の時代が長く、各駅といえば103系で記憶が定着しているだけに、今でも103系が来ても慌てて構えることもない。天気が良くて、景色が気に入れば1発とるぐらいだ。

 第一大和川橋梁付近は、奈良盆地の南西に位置し周囲はのどかな田園風景がひろがる。川の両岸に道路があり、どこからでも列車が狙える。橋梁はほぼ東西に架かるため、南側からは終日順光。ただ、沿線は南側架線柱の低い位置に通信ケーブルが張ってあるため、橋梁に続く築堤では撮影できない。ボディ中ほどにケーブルがくる。橋梁から架線柱1本分はケーブルが高い位置に迂回するので、橋梁の前後でのみ撮影可能だ。編成写真にこだわらず、鉄道風景を撮影するなら問題なし。景観はとても良い。
 この日は快晴。傾いた日が、うまく車体を照らしてとてもきれいだ。空気も澄んでいて、バックの生駒山系が間近かに見える。信貴山のピークが山並みから少し飛び出しほどよいアクセント。こんなにすっきり見える日は少ない。
b0185825_1855525.jpg
2008/12/23 JR大和路線 王寺~法隆寺 103系各駅停車

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-06-26 18:09 | 大和路・和歌山線 | Comments(0)
469T 北宇智
2009/5/31

 昨夜の雨はあがったものの朝から雲が厚く、降ってもおかしくないような空だ。予報は回復方向らしいが、空の重さに押されて午前中は出かける気になれない。とりあえず用を済ませて午後の天候回復を待つことにする。昼食を取るころには、厚い雲もきれはじめ、ときより隙間から日が射すようになった。これなら雨に降られる心配はなさそうだ。
 最近気になっている場所、JR和歌山線、北宇智付近に出かけることにする。この時期なら水田に水が張られ、きっと美しいはず。現地到着は2:45ころ。いきなり下り列車がやってきた。この後、40分なにもこない。なにしろ上下とも1時間に1本の運行。おかげで(?)ゆっくり場所を捜すことができる。でも、もうアングルは決まっている。

 北宇智駅は、2007年3月ダイヤ改正まで、関西で唯一のスイッチバック駅であった。すでに2年が経過し、当時の面影はほとんどない。スイッチバック中央のダブルクロスポイントのあったあたりに現在のホームが1本あり、駅は無人だ。上り下りの引き上げ線は撤去され、空き地になっている。その昔、朝、和歌山から上ってくるC57牽引の客車列車が1本残っていたことを思い出した。大阪や京都からは、始発に乗ってもこの列車には間に合わず、たしか近鉄でなければダメだったように記憶しているが・・・。35年以上前の話です。歳がバレますな。
 
 太陽が顔を出したので、順光側で上り列車を撮影。その後、反逆光になるが水田を大きくいれて下り列車を狙うことにした。列車は後追い、手前の電線もうるさい、線路脇の雑草も気になる。条件は良くないが、水田はきれいだ。待つこと10分。近くの踏切が鳴った。するとなんと突然大きな雲が太陽を隠した。あわてて露出調整。ご覧の通りの結果に。もう1本待とうかと思ったが、40分後には山の陰が間違いなく伸びてきそうだ。今日はここまで。
b0185825_17391155.jpg
2009/5/31 和歌山線 吉野口~北宇智 469T
[PR]
by kony5711 | 2009-06-12 17:42 | 大和路・和歌山線 | Comments(0)