カテゴリ:大和路・和歌山線( 51 )
和歌山線 吉野口
2011/11/23撮影
 秋になって色付けば撮ってみたい木を見つけておいた場所に向かう。雲はどんどん厚くなって辺りは薄暗い。お目当ての木はというと、予想通りにまっ茶色! 紅葉どころではない。少し色付いた木はちらほらあるが、せっかくの大木がこれではおもしろくないなぁ~ とはいっても周辺の木々はどれも似たようなもので、どこも色が冴えない。本来ならば大木だけをドカンと狙う予定だったが、少し退いてサイドから絵を創る。まぁ、こんな年もあるでしょうな。息を呑むような紅葉がどこに行っても見られないのが残念で仕方ない。
b0185825_18505636.jpg
2011/11/30 和歌山線 吉野口~北宇智
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-11-30 18:51 | 大和路・和歌山線 | Comments(2)
和歌山線 吉野口
2011/11/29撮影
 谷全体にやっと日が射し始めたので以前に見つけた俯瞰場所に登ってみることにする。前回は雨が降り出しそうだったので、登り口から途中まで登って、上まで行けそうなことだけ確認して引き返した。きつい登りなのでカメラと三脚だけにしたいが・・・さてレンズをどうするか? どんなふうに見えるのかもわからないので選択が難しい。結局、24-105mmを付けて登ることにした。途中まで登って見通しのいいところに出ると、なんと西の空は雲で覆われている。風も出てきたので、こちらに接近中。あれに飲み込まれれば、もう日が射すことはなくなってしまう。列車が来るまで15分ほど。ぎりぎりアウトか? 目指す場所に付くとS字が実に美しい。架線柱も向こう側なのですっきり狙える。で、ファインダを覗いてみると、しまった!画角が広すぎる。う~ん、まいったね。取りに戻る時間はないし、もう1度登るのもいやだ。ってことで、あるものでベストを! 手前のカーブのレールが白く光っているので、これをメインにし、右に色付いた木、左に民家の屋根を配してフレームを創る。右に少し、上にあげてと、ちびちびと角度を動かしフレームを追いこんでいく。やっぱり俯瞰は難しい。結局、定刻の5分前には空一杯に雲が占拠。露出はがくんと落ちて、光もフラットになってしまった。幸いレールは光ったままなので、なんとか絵にはなったかな? またリベンジですな。
b0185825_17453569.jpg
2011/11/23 和歌山線 吉野口~北宇智
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-11-29 17:46 | 大和路・和歌山線 | Comments(2)
和歌山線 吉野口
2011/11/23撮影
 田の畔を三脚担いでぶらぶらと散策。毎時、吉野口で交換するので上下1本づつ撮ると45分ほど列車はこない。次なる撮影地を探すには十分な時間だ。吉野口から北宇智にかけては狭い谷筋を集落を避けながら右に左に蛇行しながら軌道が進むので、とにかくS字が多い。S字からS字を短い直線が繋いでいるような感じ。小半径もあればゆったりとした大半径もある。お好み次第でおもしろい。9月に訪れたときには線路脇にススキが伸び放題で軌道を望める場所は少なかったが、どこもきれいさっぱり刈り取られたので畦を歩けばどこからでも狙える。ススキがないのは寂しいが、これはこれで楽しめておもしろい。踏切を挟んで短いS字の脇に少し色付いた木を発見。近づいてみたが、架線柱と通信線がうるさい。棚田を登って見下ろす角度にし、望遠で圧縮するとなんとか列車が見えるスペースが出来た。しかし、イノシシのでかい足跡が・・・まぁいいか。画面に右から日が射しこみ、バックの里山は暗い影。列車の面には日が当たりそうにないが、日向の木と暗い山のコントラストが好ましい。・・・かったのだが、列車が来ると大きな黒い雲に邪魔されて撃沈。暗いなりに絵はまとまったが、やっぱり日差しがほしかった。
b0185825_18372445.jpg
2011/11/23 和歌山線 吉野口~北宇智 
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-11-28 18:38 | 大和路・和歌山線 | Comments(4)
456M 吉野口
2011/10/2撮影
 先月はどのくらいススキがあったかが、こちら。この日も曇りだして暗くなってしまったためススキは光らずだった。そのためリベンジを予定。地図にマークして引き揚げたのだが、そのときに撮ったのがこのショット。ほぼ立ち位置は同じだが、どう見ても別の場所ほど違って見える。両脇にはススキだけでなく雑草がたっぷりあって線路を望める場所はほとんどなかった。わずかな隙間からなんとか狙った。奥がS字になっていることも分かりづらい絵だ。今回は逆に日差しは抜群だったがススキは刈り取られていたいう結果。う~ん、条件はなかなか揃わない。また、来年ですな。
b0185825_13132740.jpg
2011/10/2 和歌山線 吉野口~北宇智 456M
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-11-27 13:14 | 大和路・和歌山線 | Comments(2)
和歌山線 吉野口
2011/11/23撮影
 ようやく谷の半分に日が落ちるようになってきた。S字の先に三脚を据えて日陰から飛び出す列車を狙う。しばらくすると集落からお婆さんが上がってこられた。畦に据えた三脚が邪魔になるのでお詫びをしながら挨拶を交わす。「鉄道を撮りにこられたのかえ?」・・・??鉄道??・・・お見受けしたところ80歳くらいだろうか。普通は「電車を撮りに・・・」となるはず。怪訝な顔をしていたのか「親が国鉄の機関士やってな」と付け加えて頂いた。なるほど。女学校のころよく機関車に乗せてもらって釜焚きを見せてもらったそうだ。その後も話しは続き「貨物列車の数をよく数えていて、38両もの長いのが走っていた」とか「北宇智のスイッチバックは勾配がキツイので小さい半分くらいの機関車が後ろにもう1台ついとった」とか・・・スイッチバックだの勾配だの、鉄道用語がよく飛び出す。女学校のころ、とは60年ほど前の話だろうか? 記憶では1970年の時点で和歌山線には和歌山~吉野口間にC57の客レが1本あっただけで、貨物列車は運転されていない。戦前から戦中の話のような気がする。となると「小さな半分くらいの機関車」とはC11やC12ではなく明治生まれのテンダー機を改造したタンク機だったかもしれない。ならば本務機は・・・と思いを巡らしていると「ここは、み~、イノシシがでるで、気ぃつけや」み~、というのは、え~、と間を取るときの大和のことばである。スタスタと山へ栗拾いに登っていかれた。実に健脚。で、周りの田を見ると確かにイノシシの足跡がそこここにある。しかも結構大きな足跡だ。ぞっとして心細くなった。(笑)
b0185825_18221825.jpg
2011/11/23 和歌山線 吉野口~北宇智
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-11-25 18:22 | 大和路・和歌山線 | Comments(2)
和歌山線 吉野口
2011/11/23撮影
 8時を過ぎてやっと谷にも日が射し始めた。とは言ってもまだまだ影の面積のほうが広い。谷筋の奥に特徴的な三角屋根の建物を見つけた。以前は茅葺だったのだろうか。そこだけ日が射しているので、辺りの暗い影とのコントラストが気に入った。傍を通る軌道もほとんどが影の中だが一瞬だけ面に日が当りそうだ。どう狙おうかと思って道路から一段低い田の畦に降りてみる。と、休耕田の片隅に白い穂を付けた植物が群生している。あまり詳しくはないがおそらくチガヤ(茅萱)だろう。地下茎が発達するのでススキのように群生する。河原などでよく見かけたが最近はあまり見ない。暗い日陰の中でふわふわとした白い綿毛が不思議な光景に見えた。この前に陣取って日向に露出を合わす。スポットライトの当った三角屋根と暗がりの中の白い筋。ちょっとおもしろい。
b0185825_17412568.jpg
2011/11/23 和歌山線 吉野口~北宇智 
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-11-24 17:42 | 大和路・和歌山線 | Comments(4)
465T 吉野口
2011/10/2撮影
 辺りは益々暗くなってきた。谷筋に沿って細い道を走ると線路脇に真赤な彼岸花が目に飛び込んできた。既にほとんどの場所では枯れ始めていて色褪せているのだが、ここはまだまだ真っ盛り。暗い谷の奥なのに鮮やかに存在を主張している。思わず車を止めて畦に座り込んで見とれてしまった。暗ければ暗いほど鮮やかに見えてしまうのはなぜだろうか? 列車の通過までしばらく時間はあるがフレームを創って待つことにした。せっかくなので花を大きく入れて列車は流してしまう。露出がないので丁度いい。花にピンも露出も合わせてみた。赤が奇麗だ。
b0185825_2225103.jpg
2011/10/2 和歌山線 吉野口付近 465T
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-10-05 22:25 | 大和路・和歌山線 | Comments(0)
469T 吉野口
2011/10/2撮影
 御所界隈に出向きたかった理由がもう1つ。秋本番までにススキの状況と狙えそうな場所を見つけること。まだ早いことは判っているが、線路脇の草むらを探してはススキかどうか確認する。結構たくさんポイントはチェックしたが、うまく撮影出来そうな場所は少ない。架線柱が乱立していたり、低い位置に通信線がぶら下がっていたりで、うまくない。もう少し日数が経って背丈が伸びれば状態も変わりそうなので、とりあえず見た場所は全て地図上にチェックした。地図に覚えてもらうのが一番いい。なにしろ絶対に忘れてしまう自信がある。(笑) 何か所かで既に穂がある場所もあったが、穂に芯があってまだまだ固い(?)感じだ。風にふわふわと揺らぐという感じではなく、さらさらとなびく感じ。下り列車の時刻なので狙ってみることにした。ただし、アウトカーブ側にあるのでちょっと狙いにくいうえに、通信線がたれ下がり、退いた絵は創れない。しかもさらに雲が厚くなって暗くなってしまった。増感するしかないのだが、それではススキがどうなるか? やっぱり穂は逆光で撮りたいが、どうしようもない。で、どうしようかと思案の末にヘッドライトで逆光にしてしまおうと・・・ぐっと寄せてススキだけでフレームを創りピンを置く。バックに列車が通過するとヘッドライトでススキが光るという趣向だが。編成によってライトの位置が違うので、どの辺りに狙いをつけるか悩ましい。高い車両のときと、低くて両サイドの場合の2種類のフレームを想定。それぞれ立ち位置を半歩ずらせばよさそうだ。結果はご覧のとおり。105系の低い両サイドの車両がやってきた。
b0185825_1940567.jpg
2011/10/2 和歌山線 吉野口 469T
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-10-04 19:41 | 大和路・和歌山線 | Comments(4)
461T 和歌山線 玉手
2011/10/2撮影
 今週も地元の用が立て込んでしまい午後にやっと手が空いた。では出撃と思ったが空模様が良くない。厚い雲に覆われて日が射すどころではない。この調子なら夕方には雨かもと思わせるような天候。ま、どちらにしても遠出する時間はないので御所方面に行くことに。ここなら40分ほどで現着できるので撮影時間は稼げる。で、走りながらどこに行こうかと思案。曇り空でないと撮れない場所がある。先週、いい感じの場所を見つけたが南向きに撮影するために日があると終日逆光になる。普段なら大歓迎の逆光だが、事情がちょっと違う。どっしりとした農家をバックに撮影したいので逆光ではディテールが出ないのだ。まだ奈良盆地の稲刈りは始っていないので、稲穂を前に置いて撮りたい。現地に着くと、確かに光りはフラット、屋根も反射しイメージに合う。が、暗過ぎて露出がギリギリだ。畦をあれこれ歩き回ってアングルを調整。線路に近い最初の場所は気に入らず、望遠を付けて距離を圧縮し農家を大きくした。稲穂も綺麗な黄金色だ。列車は全部入らないので、フレーム創りに気が抜けない。農家が奇麗に見えるように・・・結果はご覧の通り。
b0185825_2356100.jpg
2011/10/2 和歌山線 玉手~掖上 461T 
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-10-02 23:05 | 大和路・和歌山線 | Comments(2)
461T 北宇智
2011/9/24撮影
 昼を過ぎて太陽が西に傾いてきたので、気になっている場所に寄ってみることにした。毎年、ススキが綺麗なんだがどんなもんかと。さすがに穂はまだまだ。でも、今年は線路脇の草刈が結構されているので、これは秋本番になっても期待できそうにない。彼岸花にしてもそうだが毎年同じ場所で見られるとは限らない。その年の農作業の状況で生えていたりいなかったり。草刈もされていることもあれば、そのまま生え放題のこともある。同じポイントに立ってもその日その時で様子が随分と違う。だからこそ毎年通ってしまうのだが・・・ススキに限っては今年は別の場所を探さないといけないようだ。真夏に近鉄生駒線のススキの草むらを紹介して、秋が楽しみだと書いたが、実はあの草むらも先日きれいに刈り取られてしまった。お蔭で望遠で平群駅の交換が狙えるくらいに線路脇はすっきりしてしまったが、秋の風情は楽しめそうにない。どうも今年は奈良盆地のススキは受難の年か?(笑)
b0185825_18192893.jpg
2011/9/24 和歌山線 吉野口~北宇智 461T
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-10-01 18:19 | 大和路・和歌山線 | Comments(0)