カテゴリ:スナップ( 25 )
なにわ筋・踏切
環状線福島駅前
 夕方のラッシュになると環状線の本数はグッと増える。同じように阪和方面に向かう特急の本数も増えるのだが・・・梅田貨物を通った列車はなにわ筋を横断して環状線に合流する。そのたびに車の流れは遮断され渋滞に。帰宅を急ぐ人の流れも一旦停止。踏切の上がるのを待っていると環状線にも列車が入ってきた。見慣れたいつもの光景。
b0185825_21563170.jpg
2012/6/27 Fuji X-10

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-07-06 17:00 | スナップ | Comments(2)
ガード下
環状線・福島界隈
 今どきのカメラの高感度はすばらしい。単なるコンデジでもここまで撮れてしまう。フィルム時代では撮れもしなかったので、考えもしなかった時間帯に気軽に撮れてしまうのは時代なのか。夜になると都会の明かりはおもしろい。火の中に虫が飛びこむように人も明かりに吸寄せられる。被写体を求めてふらふらと歩いていると自然と明るいほうに向かってしまうのは本性のようだ。ま、真っ暗ではさすがのデジカメも機能を発揮しないので仕方ないか。
b0185825_21352812.jpg
2012/6/27 Fuji X-10

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-07-05 17:00 | スナップ | Comments(2)
環状線・福島界隈
 仕事帰りにふと見上げた夜空、目についた看板、轟音で振り返ったガード下。いつもの視線の先を気負わずにカメラに収めることに。シャッターチャンスを待つ気はない。日常の自分の記憶と同じ画が撮れればそれでよい。遠くの看板を見ると記憶の中では望遠レンズで看板だけがドカンと残る。ワイドな川面を見渡せば左右一杯に広がった風景全部が記憶される。人間の脳は都合よく出来ているので、記憶したいものだけが残ることになる。それをどこまで画に出来るかは修行中ということに。記憶に残る画のなかの中枢だけが切り取れればOKテイクかな?
b0185825_2174292.jpg
2012/6/29 Fuji X-10

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-07-04 17:00 | スナップ | Comments(2)
高層マンション
西梅田界隈
 当時、フィルムは安価で入手できたTri-Xの長尺ものを手巻きして使用。DPEも自前でしていたので、完全にモノクロの世界に浸っていた。今回もスナップを撮るならやっぱりモノクロで挑戦したい。X-10のアスペクト比は紙焼き時代のプリントサイズに近いので違和感がないのも助かる。フィルムモードをモノクロに設定し露出もその気で合わせる。色を排した世間を切り取ると、情緒があっておもしろそうだ。色がないと純粋に光と影だけで遊べる。色の調整が不要なかわりに微妙なハーフトーンの調整が楽しい。その昔、夢中になって現像していたのはそんなおもしろさだったような。
b0185825_2114076.jpg
2012/6/29 Fuji X-10 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-07-03 17:00 | スナップ | Comments(2)
スタンドバー
環状線・福島界隈
 その昔、学生時代に街中でガツガツとスナップを撮っていたことがある。撮れども撮れども思うようにならず、悶々としながら若さで突っ走っていたような・・・ま、考えてみれば、何が撮りたいのか明確な目的も目標も持たずにやっていたのだから仕方ない。あの頃に戻りたいというわけではないが、この歳になればあの頃に視れなかったものが撮れるかもしれない。と、以前から思っていたが、機会もなくやり過ごしていた。なかなか思い切ることが出来なかったがX-10を入手して気持ちが動き始めた。遠出する必要もないので日常の世界で気軽に撮ってみることに。
b0185825_20533044.jpg
2012/6/27 Fuji X-10

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-07-02 17:00 | スナップ | Comments(4)