カテゴリ:磐越西線( 82 )
磐越西線 ばんえつ物語
2013/5/撮影
 朝からいつものように下見。上りSLの撮影ポイントで麒麟さんのリクエストがあったが、場所的に追っ掛けができるポイントのため2発目にすることにして、1発目は三川までで決めたい。そうすれば時間が十分に創れるので2発目に余裕を持って挑める。で、天気も良くて光線が良いので順光になる場所にしたいが・・・結局、煙は期待できないがトンネル飛び出しで三脚を据えることにした。ここならトップライトにはなるが、正面から日が射す。トンネル脇に1本若葉の樹木があるので都合がいい。この木をバックにドカンと飛ばすことに。低いアングルからあおって頭だけをフレームに入れてみた。
b0185825_18534116.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-300mm F4-5.6L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-05-15 18:54 | 磐越西線 | Comments(2)
磐越西線 233D
2013/5/5撮影
遠征の3日目は、ここからスタート。ホテルから近いので朝はゆっくりとスタート。前日に菜の花を確認していた場所へ。当初は上りの快速あがのを狙うつもりでいたが、ご一緒の先客のみなさんの話では下り233Dの先頭がタラコだとか。この線区では貴重な車両とかで菜の花の前は三脚林立状態、朝からハイテンションだ。上りのアングルで構えると下りを狙っておられるみなさんのフレームの中に入ってしまう。馬下で快速と交換してすぐに233Dが下ってくるので、林立している脇に入れて頂いてご一緒することに。晴れた空と少し冷たい風が心地いい。快速をやり過ごしてタラコをGET。2両なので丁度いい画になった。
b0185825_189023.jpg
Canon EOS-6D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-05-14 18:10 | 磐越西線 | Comments(0)
磐越西線 ばんえつ物語
2013/5/4撮影
 水上でC61を撮影後に関越道を北進、追っ掛けるのはSLみなかみではなく「ばん物」。夕日を浴びるころに捕えたい。幸いに渋滞もなく車の流れはスムーズ。ほぼ予定通りに磐越道、安田ICに着けた。ポイントに到着するとベストポジションには誰もいない? 見るとそこだけ田に水が入っていない。仕方がないので少し先へ行って三脚を据える。田の畔のパターンがあまり良くないので変化が少ないが、やっぱり水があるほうがいいような・・・三脚がたくさん立っているのでさほど選ぶ余地はないが邪魔にならない場所で構図を創ることに。その間にも太陽はどんどん沈み暗くなり始めた。上りの気動車が通過したのであと10分程度でやってくる。と、地平線の低い位置に雲の塊が湧いてきた。いい感じのオレンジに染まっているのに太陽が隠されそう。今、今! と思っていると汽笛が聞こえた。再度、露出をチェック。また暗くなった。程よい白煙を引いて目の前をやっと通過。なんとか太陽も輝いていて一安心。
b0185825_18193940.jpg
Canon EOS-6D , EF 17-40mm F4L

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-05-12 17:00 | 磐越西線 | Comments(2)
深戸 ススキ
2012/11/25撮影
 いよいよ撮る列車がなくなったので帰宅することに。昼も過ぎているのでお腹も空いている。とりあえず磐越道、津川IC方面へ、もう一度峠を越えて深戸に向かう。里まで下りて来ると快晴になった空から光が降り注いでいる。鹿瀬の鉄橋は逆光だが静かな雰囲気が好みの風景でもある。スピードを落として景色を楽しむと、広い田の畦にススキがポツンと穂を残して立っている。逆光に沈んだバックの山肌の前で光る穂が美しい。後ろ髪を引かれる思いで帰路に着いた身には、この光景は恨めしく思えてしまう。未練タラタラで車を止めて暫し眺める。と、バッグからまたカメラを取り出し、三脚を据えてしまった。列車は来るはずもないのに・・・思いっきりフレームを追い込んで、鉄橋と一緒にススキの記念写真。なんと、この画が今シーズン最後の磐西のショットになってしまった!
b0185825_1754184.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-12-07 17:07 | 磐越西線 | Comments(0)
3221D 快速あがの
2012/11/25撮影
 朝から3時間も待ち続けて、やっと霧が晴れて無難にSLの撮影が出来た。ほっとして撤収していると、青空が広がり始め、足元に日が射してきた。いつものように遠征の最終日は午前の列車で帰宅の予定なので、なんとも意地の悪い天候だ。しばらくすると、これでも帰るのかと言わんばかりに晴れてきた。高い山を見ると昨夜の降雪で頭は真っ白。青空と白い山、少し残った紅葉。帰れるわけがない!まいったね。SLの通過があと30~40分遅ければベストだったのだが・・・返しのSLは日没時刻まで来ないうえ、津川から野沢の区間は16:00ころまで昼間は下り快速1本、上り列車1本しか来ない。それでも悔しいので峠を越えて平瀬へ。山の雪は既に溶け始めているが少し白い。軌道は順光が当って実に美しい。直ぐに三脚を据えて、徳沢でSLと交換してくる下り快速を待つ。後追いになるが構わない。悪戯な天気のせいで折角の白い山の上だけ影が落ちてしまった。それにしてもこのアングルで4両編成のばん物ならバックの民家も消えてすっぽりきれいな画ができたのになぁ~
b0185825_1934399.jpg
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-12-06 19:03 | 磐越西線 | Comments(2)
8226レ ばんえつ物語
2012/11/25撮影
 足元を狙ったもう1枚がこれ。遠目がガスったときの保険にと創ったフレームだが、紅葉がまだ残っていたので違った趣の画が出来た。白煙と紅葉で晩秋の雰囲気に仕上がった。鉄橋手前の河原には建設小屋と機械が入っていたので遠目のショットはこれをカットしたが、こちらは避けようがない。昨年ここで撮った画と比べると小屋から右の建設機械のあたりまで林がこんもりとあって木の先端が鉄橋に掛りそうなほど伸びていた。昨夏の大水で被害を受けたか?または荒れたので伐採されたのか?どちらにしても河原の整備のために機械が入っているのは間違いなさそうだ。画的にはないほうが良いが仕方ない。直前には築堤の向こう側に追っ掛けの車が2台。これも予想外、ここで被りつかれるとは思わなかった。ここまで煙が出るのなら列車は築堤で捉えてやれば2台の追っ掛け車は煙で隠せた。フレームも川面を諦めてズームし、下を向ければ建設小屋も切れたかもしれない。ただ、70-200mmはすでに遠目で使っているので、24-105mmではこれ以上は飛ばず打つ手はなかったのだが・・・俯瞰をやるといつも思う、70-200mmクラスの玉がもう1本ほしいなぁ~
b0185825_18221498.jpg
Canon EOS-40D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-12-05 18:23 | 磐越西線 | Comments(0)
8226レ ばんえつ物語
2012/11/25撮影
 磐越遠征の続きから。3連休の3日目は一番天気が期待できる日でもあったので前日から気合いを入れて早々に就寝。ところが朝ホテルの窓から空を見ると厚い雲がどんよりと覆い尽くしているうえに霧が薄く出ていて3日間で一番印象が悪い。やっぱり騙されたかと思いながらも早めに出発。晴れなくとも曇りなら深戸の俯瞰と決めていたので一直線に行ってみたが・・・山の上は雲の中。俯瞰どころか50m先のコーナーさえ見えないほどの霧。ポイントに立ってはみたが目の前はホワイトアウト。とはいえ列車通過までには3時間以上ある。しばらく待ってみることに。この季節に霧が出て気温が低いということは晴れる確率が高い。高空に雲がなく放射冷却で冷やされ霧が立つ。気温が上がって霧が消えれば快晴、なんてことが多い。弱い風にふわふわと流されて突然目の前がすっきり見えたと思うと、5分後にはまた元通りに。明るくはなっているので上空の雲は切れてきたようだが一向に気温が上がらない。1時間前になってようやく下界がぼんやりと見えた。場所を変えるならリミットの時刻だが判断できる材料は少ない。うんと悩んで、リスクは高いがここに賭けることにする。下界は霧が晴れて見通しが良いようだ。30分前になって上空の雲がやっとなくなった。が、ポイント付近の高さだけ谷の奥から次々に霧が流れ出てくる。相変わらずスカッと見通せると、また霧に包まれるの繰り返し。とりあえず遠目を狙って1台、足元を狙って1台を設置。列車を待つ。10分前になってようやく霧の流れが止まった。不安は残るがフレームを追い込む。新潟方面は晴れて日差しもあるが、鉄橋には日が射していない。こうなると遠目を狙った1台の露出が難しい。川面が反射している場所で機関車を捉えることにして、あとは霧が邪魔しないかどうか・・・結果はご覧の通り。この時間帯でベストの見通し。それにしてもトラス橋を隠すほどの見事な煙、これなら列車だけをドカンと狙ってもよかったような・・・
b0185825_17515198.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-12-04 17:52 | 磐越西線 | Comments(2)
8226レ ばんえつ物語
2012/11/24撮影
 国道を再び喜多方方面に向かう。幸いにも雨は止んだので視界も良くなってきたような。日本では紅葉する落葉針葉樹の種類は少ない。朝のロケハンで杉林のなかに紅葉した針葉樹を見つけていた。線路脇なのでなんとかならないかと。落葉針葉樹ではメタセコイヤが知られているが、こちらは姿がよく似ているがヌマスギだと思う。ウィキしてみると正式にはラクウショウ(落羽松)というらしい。松と書くがスギ科の植物。薄いオレンジ色から茶色に色付いている。沼沢地を好むようなのでたぶん間違いない気がする。なるべく見上げるように構えて機関車だけを入れることに。手前には大量のススキが入るので機関車の足回りは隠される。ならば暗くて被写界深度も稼ぎたいので列車はブレてもらうことに。うまい具合に白煙で通過したので機関車が杉林の濃い色に飲み込まれることなく存在を主張してくれた。
b0185825_222322100.jpg
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-12-01 22:23 | 磐越西線 | Comments(0)
8226レ ばんえつ物語
2012/11/24撮影
 下見をしながら喜多方方面へ。小雨になっていたこともあって結構楽しくなってきた。あそこも、ここもと欲張って回っていて野沢近くまで来てしまった。朝からちょっとやり過ぎ。で、時計をみると10時。急いで戻らないと1発目の予定ポイントに間に合わない。平日の土曜日なので国道は何か所も工事で片側通行になっていたのでヤバイ。最寄のICから磐越道に入って一気に新潟方面に戻る。危ない、危ない、通過の7分前に到着。車を止めると走ってポイントへ。三脚を据える暇もなく遠くから汽笛が聞こえてきた。先客さんにご挨拶してお隣へ。アングルと露出を決めて手持ちでいく。列車は接近、灰煙が確認できる。轟音とともに鉄橋を通過。淡い色合いがとても心地よい。即座に撤収して次のポイントへ。わずか10分ほどのリターン・ショットになった。
b0185825_16403837.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-11-30 16:42 | 磐越西線 | Comments(2)
223D 五十島
2012/11/24撮影
 遠征2日目の朝、ホテルの窓から外を見ると、やっぱり雨。前日よりは弱いがしっかり降っている。予報では気温も下がるとか。雨ならば1発目はどこで撮るのか決めていたのでSLの時刻までホテルでうだうだしている手もあるが、折角なので朝からロケハンすることにした。咲花から徳沢辺りまで回る時間はある。国道をのんびりと流しながら見て回る。まだ行ったことのない国道から1本離れた五十島の駅へも行ってみた。雨が小降りになったせいもあって駅の周辺はなかなかの雰囲気。濡れた軌道も落ち着きがあって好ましい。じっくりと見て回れば良いアングルはありそうだ。駅の時刻表を見てみると20分後に下り列車がある。撮るとつもりはなかったが列車が来るのなら話は別だ。気に入った里山をバックにアングルを創ってみた。わずかに霞んだバックと紅葉が残っていた木が静かでのんびりとした光景をみせてくれた。
b0185825_17294923.jpg
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-11-29 17:30 | 磐越西線 | Comments(0)