カテゴリ:大井川鉄道( 108 )
101レ C10-8 大井川第一橋梁
2011/1/9撮影
 前回、大井川に出かけてから5日しか経っていないのだが、旧友からお誘いが入って急遽出撃することになった。どうも最近、私のまわりでSL病が流行しているようで、特に重症の方が多くなってきたような...爆! 私はもともと重症なんで、これ以上は進行しないはずですが・・・お仲間3名とは東名阪道、御在所SAで合流。東を目指す。金谷に到着後はいつものようにロケハンをしながら笹間渡へ。第一橋梁でじっくりポイントを探す。毎回ここで撮影しているが、道路からお手軽に撮影できるため、周辺をじっくりロケハンしたことがない。いろいろ動いてポイントを見て回る。そうこうしていると電車2本が通過して、ぼちぼち場所を決めないといけない。すでに1名は歩道に4x5をセット、お2人は鉄橋脇の河原へ。さぁて、どうする。教えて頂いたお手軽な俯瞰ポイントに戻るつもりでいたが、4x5の横に立ってみると川の流れがいい色をしている。俯瞰場所は手前の木立の影響で川面が入れにくい、バックの山が中心のアングル。これはもう迷う必要がない。結局、4x5よりも少し先で、川面を狙うことにする。
 1台は望遠で川面の綺麗な色の部分だけを切り取る。もう1台は・・・さらに飛ばすか? ど~んと退くか? 悩みに悩んだが広角でいくことに。河原を大きく取って、大井川らしい絵を狙う。白煙を棚引かせて渡ってくれれば、バランスが良くなりそうだ。それにしても天気は抜群。金谷に向かう途中で雪を被った富士山が奇麗に見えたくらい空気も澄んでいる。ただし、風が強い。時折、突風も吹きつける。三脚が飛ばされないように押えながら列車を待つ。この風だと煙は手前に流されそうだ。

 定刻になって、対岸の抜里駅を蒸機列車が通過。黒煙を噴き上げはじめる。ゆっくりとした速度で茶畑を抜けて鉄橋に接近。黒煙のままだ。白煙にならないか! 鉄橋を渡り始めた。1つ目の架線柱までのスパンで望遠側を切る。風が強くて走行音は聞き取りにくい。風に流されて煙の形が刻々と変化する。なるべく高く上がった時に何度かシャッターを切る。結局、最後まで黒煙のままで、期待した白煙にはならなかった。結果はご覧の通り。望遠は、川の色を中心にコントラストを調整。広角は河原を中心にし列車は黒抜き調整。いかがだろうか?
b0185825_21153110.jpg
2011/1/9 大井川鉄道 抜里~笹間渡 101レ C10-8
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM

b0185825_21161341.jpg
2011/1/9 大井川鉄道 抜里~笹間渡 101レ C10-8
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-10 21:16 | 大井川鉄道 | Comments(4)
1004レ C10-8 徳山
2011/1/3撮影
 第一橋梁で撮影を終えると午前の撮影は終了。ロケハンしながら千頭方面に向う。まずは田野口駅へ。もちろん無人駅だが、かつての駅舎がしっかり保存されているだけでなく、役務室の中の機器類や事務机などもそのままのようだ。改札口も絵になるし、駅の周囲も民家があって、いろいろとアングルが楽しめそうな雰囲気。じっくり時間をかければいい絵が撮れそうだが、ここだけでロケハンは終了できないので、さらに先へ。狭い山道をくねくねと駿河徳山へ抜ける。途中、斜面の木が伐採された場所を通ると、なんと線路が見下ろせる。駿河徳山を出た列車が川沿いにカーブした後、長い直線を進みトンネルに入る。この直線がズバッと見下ろせる。左には大井川が入り、なかなかの景色。ここもイケル! さて、午後1時を回ってお腹も空いてきた。徳山のコンビニで昼食を調達。さらにロケハンを続ける。前回の訪問時は第二橋梁までしか行かなかったので第三、第四橋梁と見て回る。どちらもロケーションは良い。足場もあるし、川原にも降りられそうだ。雲ってはいるが、日が射せば午後は順光になりそう。すでに第三橋梁には三脚が何台か立っていた。で、気が付けば午後2時を回っている。どこで撮影するか決めなければ間に合わなくなる。第三橋梁か、第二橋梁脇の茶畑か、それとも徳山の俯瞰か?麒麟さんと相談し、徳山の俯瞰に戻ることになった。先ほどの場所に戻ると、定刻通過の30分前。思ったほど時間はない。急いでポイントを決めて三脚を据える。ファインダを覗くと・・・う~ん。直線を縦に見下ろすアングルなので、架線柱と架線ビームが軌道にぐさぐさ。架線柱は片側と両側にあるものとが1本つづ交互に並ぶ。俯瞰なのでどうにでもフレームが創れると思っていたが、機関車にビームがかからない位置はなく、ましな場所をシャッターポイントにすると、残りのフレームは自動的に決まってしまう。あとはレンズを選択し飛ばすか、退くかしかない。7Dと40Dに300mmと70-200mmを付けてそれぞれ違うシャッターポイントでフレームを創って露出を合わす。どうもイメージと違うので、G1を取り出して三脚をもう1台セットしようとしたら・・・白煙が上がって列車が来てしまった。あっという間の30分。川に沿って白煙が近づいてくると、なんと日差しがなくなった。厚い雲が張り出し、一気に暗くなってしまった。列車はすでに7Dのシャッターポイントに! 仕方なくそのまま撮ったが・・・続く40Dのポイントまでに露出を修正、こちらも連写。結局、十分に検討できていない絵が2枚仕上がっただけ。ここはまたの機会にリベンジですな。
 この後もだらだらとロケハンしながら撤収、帰路についたが・・・東名高速下り線、豊田JCT先頭に50kmの渋滞にはまるとは。とほほ・・・
b0185825_19422710.jpg
2011/1/3 田野口~駿河徳山 大井川鉄道 1004レ C10-8
Canon EOS-7D , EF 300mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-06 19:45 | 大井川鉄道 | Comments(0)
104レ C10-8 笹間渡
2011/1/3撮影
 福用で撮影後、急いで撤収。列車は家山で停車するので、数分の余裕がある。その間に先行して第一鉄橋で狙おうという算段。まぁ、ダメ元で出発すると、予想通りに家山駅前で煙を確認。まだ止まっている。発車まで4~5分。川を渡って、SLの見える丘公園に駐車。カメラを出して立ち位置を探していると対岸に煙が近づいてきた。レンズの選択をする余裕はない。70-200mmのままアングルを探る。露出を合わせて、試し撮り。すでに、鉄橋を列車が渡り始めた。対岸の抜里駅辺りでは灰煙だったが、鉄橋にかかると白煙に近くなった。このほうが好都合か? 編成が長いので全てを入れると不安定な絵になりそうなので、咄嗟の判断で渡り始めに焦点を絞る。ゆっくりと昇ってゆく煙は、綺麗に棚引き、ここの風景によく似合う。ズームを退いて、後方の電機の補機まで入れたカットも撮ったが、こちらはやっぱりおもしろくない。全編成を入れるなら客車3~4両程度がバランスもよさそうだ。この絵でよかった???
b0185825_19435930.jpg
2011/1/3 笹間渡 大井川鉄道 104レ C10-8
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-05 19:44 | 大井川鉄道 | Comments(2)
101レ C10-8 福用/大井川
2011/1/3撮影
 年末から年始にかけて、今年の年明けは忙しかった。なかなか沿線に出かける時間が取れず、ちょっとイライラ。結局3日になってしまった。年末から麒麟さんと大井川に出撃予定。約束通り早朝に合流、大井川を目指す。東名高速で終日長い渋滞予想が出ているが、早めの時刻なので余裕をもってゆるゆると出発。東名に入るまでは順調に走行、浜松を過ぎてもう少し。が、渋滞! 目指す相良牧之原を越えて掛川まで伸びてきている。時間は十分あるが、あと10kmほどなので国道1号に出る。ところがこちらも渋滞。のろのろとなかなか流れない。結局、そのまま金谷まで。まぁ、通過時刻まではまだまだある。
 1本目は、福用の通過。日章旗が付くこともあって正面から狙いたい。ポイントに到着すると通過50分前。すでに定番には三脚が5台。少し離れて客車の側面が見える位置でフレームを創ることにした。ただ、望遠を付けて覗いてみると架線柱に架線、さらに信号、手前にスイッチボックス、背後の建物と障害物が多い。ドカンと頭だけを撮りたいが・・・う~ん。しかも天気も味方してくれない。分厚い雲が空を覆い、日は落ちてきそうにない。逆光に白煙が輝く絵をイメージしていたが到底実現しそうにない。
 定刻になると踏切が鳴って、ゆっくりと列車が接近。駅を通過すると白煙が上がった。先頭はC10、日章旗も着いて画面のなかは正月モード。吹き上がった白煙で障害物の半分は隠せたが、足元のスイッチボックスは消せなかった。ドレーンが出る予定(?)だったのだが・・・シャッターポイントの後でドレーン! そこでは遅い! 顔がフレームアウト。300mmは飛ばし過ぎたようだ。
b0185825_21555834.jpg
2011/1/3 大井川鉄道 福用 101レ C10-8
Canon EOS-40D , EF 300mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-04 21:56 | 大井川鉄道 | Comments(6)
大井川鉄道 大井川第一橋梁
2010/12/12撮影
 さて、最後はどこで撮ろうか? やっぱり午前中に通り越してしまった第一橋梁かな、ということで金谷方向に戻ることに。ナビで道を確認し今度こそ到達したい。(オーバーな!)到着してみるとなんと判かりやすい場所。普通に広い道を走っていれば自然に見つかったはずが、山道を選んで走ったために通り越してしまったようだ。まったく、あり得ない!
 県道脇に川根温泉と隣に道のえきがある。駐車場に止めて、裏手の川原から十分に狙える。こんなに容易い場所はない! 各々ポイントを求めてうろうろと。川原には一面ススキが夕日に反射し綺麗だ。鉄橋もペンキ塗りたてのようでピカピカ。薄雲が広がってきたのが気になるが、いい絵になりそう。それにしてもまたも半逆光だ。遊歩道脇に三脚を据えてフレームを創る。ところが太陽がどんどんと傾いていく。通過は15:40頃なので日差しはあると安心していたが、どうも怪しい。薄雲のせいで日差しも淡くなってきてしまった。まずい! これでは逆光にならない。(笑) 日没まではまだまだ時間があるので辺りは明るいが、しばらくすると山影に太陽は入ってしまい鉄橋には日が落ちなくなってしまった。と、汽笛が。あと5分早ければ・・・結局、ススキは光らず、なんてことのない暗天の絵になってしまった。(撃沈!)
b0185825_196497.jpg
2010/12/12 大井川鉄道 川根温泉笹間渡付近
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM

b0185825_1964911.jpg
Canon EOS-7D , EF-S 17-55 F2.8 IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-12-16 19:09 | 大井川鉄道 | Comments(2)
大井川鉄道 崎平
2010/12/12撮影
 下り列車2本の撮影を終えると、もう昼下がり。太陽もぼちぼち傾き始める。折り返しの上り列車は機関車がバック運転になるので、どう撮ろうかと思案。ただ、1本目の上り列車までは40分ほどしかなく、場所を探して移動している暇はない。同行のお2人は第二橋梁近辺で撮影されるようなので、辺りを散策しながらポイントを探す。静岡と言えば、やっぱり、お茶→茶畑でしょ! 鉄橋の崎平寄りに茶畑が広がっているので、あれこれと試してみる。が、順光側は架線柱があってうるさいし、逆光側も向って来る列車を撮るアングルは道路が入るうえに、電柱でグサグサ。しかも先頭の機関車は後ろ向き! どうもうまくない。諦めかけて振り返ると、後追いの絵になるが茶畑が手前にド~ンと入って、スカッと撮れそうな光景が広がっている。崎平方向ばかり見ていて気付かなかったようだ。そのうえ、まぁ、都合よく太陽までド~ンと入る、ベスト(?)アングル!!(笑) とりあえず茶畑を一杯に入れてフレームを創ってみる。太陽はご遠慮願ったが、画面上端は白っぽいうえにフレアがすごい。ここまで太陽に挑戦されると、逆光ファン(?)としては「やってやろうじゃないの!」って気になる。・・・思えば朝から逆光でしか撮影していない!
 定刻になると、何の前ぶれもなくいきなり近くで汽笛が一発! 崎平通過。直後に軽快なジョイント音とともに列車が目の前を横切る。う~ん、これじゃ電車と変わらない! 太陽の真下に来たところでシャッターを切る。無煙のままで勢いよく通過。この絵だと列車はどっちに進んでいるのか判らないが、こんな絵も大井川らしい(?)かな。
b0185825_19311429.jpg
2010/12/15 大井川鉄道 崎平付近
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-12-15 19:32 | 大井川鉄道 | Comments(0)
大井川鉄道 大井川第二橋梁
2010/12/12撮影
 神尾で撮影を終えると次の列車までしばらく時間がある。大井川第一橋梁でお次は撮影したいが、土地勘のないメンバーだけにロケハンをすることになった。とりあえず千頭方面に車を走らせる。途中、コンビニで昼食を調達、ナビを頼りに線路に沿ってゆっくりと走る。何箇所か下見をしてからさらに先へ。気が付くと駿河徳山まで来ている。「第一橋梁はどこだ?」「まだ、先でしょ!」「この先はもう千頭では?」情報が錯綜。「この先に鉄橋がありますよ」「それ第二橋梁や!」ってことで第一橋梁をナビで捜すと、遥か以前に通り越している。第一橋梁は神尾のすぐ先、さほど離れていない場所だったようだ。どうも対岸の道を走ったために、まったく気が付かなかったようだ。ということで、戻ったのではまたも列車通過の直前になりそうなので、千頭方面に進んで、第二橋梁で待つことになった。大井川初心者なので仕方ない!

 第二橋梁脇には既に三脚が3台。橋梁の先の茶畑にも何人かいらしているようだ。なるほどなかなかのスポット、完全に逆光になるが、綺麗な風景には違いない。処理を間違えなければコントラストも出そうだ。3名が各々下見を始める。時間はたっぷりとあるが、逆光処理を考えると、フレームを作って先行列車の通過でいろいろと試したい。鉄道橋と並行する道路橋を渡ってみる。サイド狙いがなかなかいい感じ。鉄橋の袂に広葉樹が1本。まだ、半分ほど葉を残している。逆光に照らされていい色をしている。これは使える!ただし、サイド狙いにするとこの木と右側の架線柱までの距離が狭く、機関車が入るか微妙だ。どうしようか悩んでいると、お隣さんが枕木を数え始めた。「たぶん、ぎりぎり入ります」ときっぱり。信じることにする。(?) バックの山肌は影になり暗いので白煙が上がれば白く反射して浮き上がりそうだが・・・煙が出るかどうか知識がない。とりあえず、思い描いた絵になるようにフレームを作って、露出を探る。先行で南海ズームカーが通過。これで露出をアジャスト。さぁ来い!
 定刻になると汽笛が聞こえた。ドラフト音はしないがジョイント音は近づいてくる。何度か汽笛を鳴らして鉄橋に現れると、なんと都合よく白煙が棚引いている。狭い隙間でシャッターを切らないといけないので、息を止めて(オーバーな!)じっとチャンスを待つ。一発必殺!! なんとか収まった! が、正にぎりぎり!! でも、いい絵が撮れた。この日のベストショットだ!・・・・・ほぼ思い通りの絵になった。これほど気持ちいいことはない。これだから、やめられない!
b0185825_18103117.jpg
2010/12/12 大井川鉄道 青部~崎平
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-12-14 18:11 | 大井川鉄道 | Comments(8)
大井川鉄道 神尾
2010/12/12撮影
 先日、やまぐち最終運転の際に冬場は大井川もいいですよ、といろいろと声を掛けて頂いた。機会があれば行ってみようかなと少々色気をだしてお勉強(笑)。すると早速、調子踏切常連メンバーからお誘いを頂き、車2台、4名で出撃となった。12月12日は貸切SL列車が1本増発され、1日2往復運転されるので好都合。待ち合わせ場所は東名阪道、御在所SA。ところがJB23さんの車が新名神で自走不能になってしまいリタイア。同乗者を迎えに一旦引き返すことになった。土山SAで悲しいご対面。車はJAFのトラックに乗ってご主人といっしょにご帰還。残された3名で大井川を目指すことになった。が、だれも大井川に車で出撃した経験がない。道も不慣れで、撮影地も判らない、さてさて、どうなることやら。
 予定時刻を1時間以上遅れてリスタート。1本目の下り列車は諦めていたが相良牧之原ICを出るとぎりぎりの時刻。一般道を走って金谷駅前へ。白煙がゆらゆら昇っている。まだ、発車していない。先回りして・・・どこに行く?? 事前の学習(?)の効果があってか、とりあえず道路脇から俯瞰できそうな神尾を目指す。こういうときはナビが威力を発揮する。街中を抜け川沿いに進むと曲がりくねった細い道になった。ゆるゆると走りながら、台地をうねうねと登る。道は狭く、木陰で薄暗い。対向車に注意しながら、崖下を覗き込んでは、「この辺?」「もうちょっと先!」「あそこで、下が見えそう」ワイワイやりながら、やっと神尾駅が見下ろせるポイントに到着。だが、路肩に車が止められない! 少し先の脇道に入ったところで安全な場所を発見。時計を見ると通過10分前!なんとか間に合いそうだ。

 天気は快晴! 雲1つない。見下ろした風景はとても綺麗だ。逆光だが見下ろすアングルなので太陽は気にならない。その分、大井川はきらきらと反射し、青空も映している。脇には足元の切り立った崖。紅葉もちょっぴり残っている。バックは駿河湾に続く平野が見渡せる、なんともいい風景。俯瞰なので広角ズームを付けて車からカメラだけ持ってきたが、これを全部入れると欲張り過ぎで失敗しそうだ。急いで標準ズームを取りに戻る。少し登っているので小走りでも息があがってしまいそうだ。なんとか元の位置に戻ってカメラを覗く。既に神尾で交換する対向列車が到着していた。どこを切り取ろうかとあれこれ探っていると、遠くで汽笛が鳴る。露出を合わせて試し撮り。微調整をしながら、フレームを再度チェック。するとゆっくりと川に沿って列車がやって来た。一旦トンネルに入る。抜けるとすぐに駅なので、構えたまま息を潜める。ところが獲物はなかなか飛び出してこない。ん?目を離した直後に姿を出した。汽笛を鳴らして駅に進入。ポイントを渡りながらドレーンを切った。連写!!・・・煙は薄いが減速するシーンなので仕方ない。SLよりもこの逆光シーンはインパクトがある。さぁて、お次はどこへ??
b0185825_1949411.jpg
2010/12/12 大井川鉄道 神尾
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-12-13 19:50 | 大井川鉄道 | Comments(4)