カテゴリ:播但線( 5 )
コスモス
2010/10/17撮影
 最近、スカッと晴れない。週末はいつも雨。先週末など、台風まで接近して強風のオマケつき。仕事が忙しい+休日に撮影に出れない、で滅入ってしまう。ドキドキするほど綺麗な秋晴れにめぐり会えないものだろうか! 願いを込めて、先日播但線で撮ったコスモスの絵をご紹介。

 この日は気持ちがいい晴天。コスモスが綺麗に咲いている脇で昼食を取って、しばらく雑談。仲間とのんびりと昼下がりを楽しんだ。普通列車が上下2本通過するので、コスモスを狙ったのがこの1枚。ラッピング車が来たので車輌の存在がイマイチ不明瞭だが、明るい日差しと鮮やかなコスモスなら、"てるてる坊主"の代わりになるか? 明日、天気にな~あれ!
b0185825_19363595.jpg
2010/10/17 播但線 寺前~長谷 
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-11-01 19:38 | 播但線 | Comments(2)
1238D 普通 寺前
2010/10/17撮影
 夕暮れが近づいて来て、太陽は山影に隠れそうな時刻になったが、すでに雲が空を覆い日は射していない。最後に上下2本の普通列車を狙って帰宅することにしたが、暗くなってコントラストもなくなってきた。雲の切れ目はあるものの、日は望めそうにない。高台に再び登って、斜光線のなか山並みを撮りたかったが、どんよりと沈んだ色になっている。とりあえず下り列車を退いた絵で撮ってみたが、なんてことのない絵になってしまった。日が射さないと山並みは、やっぱり綺麗にでてくれない。G1にFD 200mmをつけて、杉木立の谷間だけに狙いをつけた。次は上り列車なので、後追いになるが構わない。暗いは暗いなりに露出を合わせて、やってみることにした。
 切り立った杉の木立の高さが際立って、なんと車輌の小さいことか。こんな絵もおもしろい。でも、やっぱり日が欲しかった。
b0185825_21155799.jpg
20100/10/17 播但線 寺前~長谷 1238D 普通列車
Lumix DMC-G1 , FD-M4/3adapter + Canon FD 200mm F2.8


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-10-22 21:17 | 播但線 | Comments(2)
4D [はまかぜ4号] 第3市川橋梁
2010/10/17撮影
 播但の時間はゆっくりと流れ、のどかに撮影も進行。同行メンバーと談笑しながら撮影地を行ったり、来たり。結局4Dをどこでやるかは、しゅうがさん任せ。お薦めの第3市川橋梁に陣取った。周辺は道が細くて曲がりくねっているため、車の駐車場所には気を遣う。幸い踏切脇の碑塔の周辺に空き地がある。午前から午後にかけて大勢の撮影者の車が連なって止まっていたが、午後も遅い時間になると人も車も少なくなった。4D通過の時間帯は谷間のせいで日差しがあるか怪しいためか、寺前辺りの開けた場所に移動されたのだろう。
 トンネルを抜け、市川を渡って、踏切、そしてもう一度トンネルに入る。そのわずかな区間で狙う。イン側には踏み固められた1段低いお立ち台がある。広角でドカンと顔面アップの見上げるアングル。どうも好みのアングルではないので、同じ顔面ドカンでもアウト側から望遠を飛ばす。橋梁の中央辺りがシャッターポイントになるが、4両が入るかは微妙。しかも日がもつかも微妙。で、雲が多いので、日がもっても射さない可能性もある。この時間になると体力も無くなってくるので気力も低下。とりあえず三脚にカメラを据えてセットすると、後はおしゃべり三昧。市川の流れる音を聞きながら、時折通る地元の車を避けて、あれやこれやと話題は尽きない。もう撮影は二の次になった。
 突然、踏切が鳴って4Dが接近! あわてて踏切を渡って三脚のもとへ。日があることを確認して露出をチェックする。トンネルから勢いよく風が吹き出してくる。やがて轟音をあげ列車が飛び出してきた。・・・おしゃべりに夢中でアングルはあまり考えてなかったが、なかなかベッピンさんに写った。架線の下を走っている「はまかぜ」と違って、播但ではスターなだけにカッコいい!
b0185825_20131382.jpg
2010/10/17 播但線 長谷~生野 4D [はまかぜ4号]
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-10-21 20:14 | 播但線 | Comments(6)
1D [はまかぜ1号] / 3D [はまかぜ3号] 寺前
2010/10/17撮影
 181系「はまかぜ」が11月には新車更新されるので、なにわが去っても沿線に撮影者は多い。寺前~長谷の定番カーブなら逆光になるので人出は少ないはず、と思って行ってみたが、イン側のお立ち台にはズラリと三脚。はみ出した方が道路脇にもいらしてる状態。後ろに脚立に乗れば入れないことはないが、そこまでして皆さんと同じアングルを撮ることもないか、ってことで、みつるさんと周辺をうろちょろ。太陽は南中しほぼトップライトの逆光。これでは編成写真どころではない。面はつぶれ、サイドにも日が当たるかどうかは微妙な光線だ。ただし、景色は抜群だ。朝から谷間の色合いと紅葉はしていないが秋の空気感が、とても気に入っている。思い切ってアウト側に三脚をたてて、もろ逆光に挑戦することにした。本来、逆光のショットは嫌いではない。編成写真は諦めて、ちょっと退いたアングルにし、バックの山並みをドドーンと入れてみた。コントラストは乏しいが、水蒸気の舞う秋の空気は逆光でも遠近感が出せる。幸いバックの山は日の当たった斜面と当たっていない斜面があって、好ましいパターンになっている。これは使わない手はない。アクセントがほしいので中景の濃い杉木立を左に配してフレームを作った。ただ列車が来ると絵面がどうなるかは・・・
 結果はご覧のとおり。思った以上に明るい絵になった。はまかぜの写真というよりは、播但、生野の写真という感じか? コントラストを強めに調整してみた。如何だろうか?
b0185825_19404374.jpg
2010/10/17 播但線 寺前~長谷 1D [はまかぜ1号]
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


 お昼を済ませて、のんびりと午後の撮影に備える。午後のプランはまだない。ただ、ハセイク大カーブから寺前辺りを朝から3往復ほどしていて、その度に気になっているススキがある。丁度S字の線路脇にかたまって穂をなびかせているので列車とからませることができそうだ。S字の最初のカーブはイン側が定番撮影地なので畦にはたくさんの三脚がたっているが、S字の奥には、誰もいない。列車が回り込んでくるところを狙うには長い玉がいるので敬遠されたのか。それとも定番ならバックに山が入るので、お好みなのか。
 私は朝のなにわから既に編成写真は諦め、「秋のハセイクの風景」が撮れればいいやと割り切ってしまったので、ここでも編成写真の公式は当てはめずに、ススキに狙いを絞り込んだ。Zeissでドカンとやることにする。列車の足回りはススキで隠れるが、お構いなし。日が当たって光ってくれれば最高だ。ところが、午後になって雲が多くなってきた。日が射す時間と射さない時間が半々程度。列車が来たときに日が当たるかどうか、だれにもわからない。手前のカーブを回った辺りにピントを置いて、2絞り絞り込んだ。ススキにもピントが来ていることをファインダで確認。G1はライブビューなので、こういうときに便利だ。
 踏切が鳴って列車が接近。ところが雲に覆われ日が射していない。撃沈を覚悟して露出をオーバー側に補正しようとした瞬間に足元に日が差し、軌道に沿って影が遠のいてゆく。ラッキー! 列車はシャッターポイントに!・・・結果は先頭から3両目まで日が当たり、バックのちょっとうるさい民家は影に沈んだ。その分ススキにスポットライトが当たったように見え、際立ってくれた。こんなこともあるんだ!
b0185825_19412359.jpg
2010/10/17 播但線 寺前~長谷 3D [はまかぜ3号]
Lumix DMC-G1 , Contax-M4/3adapter + Carl Zeiss Tele-Tessar 300mm F4 MMJ


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-10-20 19:43 | 播但線 | Comments(6)
9612レ なにわ 寺前
2010/10/17撮影
 誘われるままに先週末は「なにわ」を狙いに播但線に出かけた。早朝、5時過ぎに起床。待ち合わせは西宮名塩SAに7時なので十分に時間がある。身支度を整えて腕時計を見ると、まだまだ時間あり。冷蔵庫をごそごそ、少し腹ごしらえも出来たところで、もう一度腕時計を見ると・・・あら、時間が経っていない? な、なんと止まっている! あわてて別の時計で確認。時間なし、待ち合わせ場所までぎりぎりか? なんとか7時過ぎに到着。皆さんはどこ? 携帯電話を出していると、コンコンと窓を叩く音。すでに皆さんお揃いのようで・・・(失礼しました)朝っぱらから大汗かいた。

 無事に寺前に着いて、ロケハンがスタート。寺前から長谷へ、さらに生野方面へ移動。有名な定番撮影地を廻ってみると、どこも既に三脚が立ち並び始めている。光線状態や編成の長さを考慮しながら転々と巡っていると、どんどん目移りしてしまって、なかなか決められない。とりあえず2D「はまかぜ」の時刻になったので谷間で狙ったが、軌道に日が十分落ちなかったうえに編成は切れてしまい、撃沈! やっぱり場所を決めないとどうしようもない。編成をきれいに入れて、日が射して、と思っていたが、どうもピンと来る場所がない。どこも中途半端な気がして、三脚を据えるほどでもない。
 結局、迷ったが編成写真は諦めて、風景の中に列車が入ればいいかってことで開き直ることにした。高台から俯瞰でZeissをドカンと飛ばすことにした。山の影が画面に奥行を出してくれそうなので、折り重なる杉木立を画面の中にたっぷりと取り込んでフレームを作った。列車は隅に追いやられるが、赤いDDが先頭なので目線は行くだろうという計算。ただし、太陽はどんどん高く昇り期待していた影が画面の中で小さくなっていく。やきもきしながら待つこと数10分。やっと踏切が鳴って、DDがトンネルを抜けてきた。7両の「なにわ」の編成がなんと短く見えることか。ほとんど屋根しか見えず、「なにわ」はどこに?DDしか分からない。・・・「なんてことをしたんだ! もったいない!」という声が聞こえてきそうだ。ま、天の邪鬼なんで仕方ないですな。編成写真は次回にチャレンジということで・・・(ほんまかいな)
b0185825_22285753.jpg
2010/10/17 播但線 寺前~長谷 9612レ
Lumix DMC-G1 , Contax-M4/3adapter + Carl Zeiss Tele-Tessar 300mm F4 MMJ


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-10-19 22:29 | 播但線 | Comments(2)