カテゴリ:JR北陸線( 118 )
澄みきった空気
 朝からゆるゆると北びわこに出撃。5月18日のことだが、やっとデータの編集が終わったのでお付き合いを。麒麟さんをお誘いしたので、やっぱりここに登ってしまった。前回の反省もあって時間には余裕をもって出掛けたつもりだったが、登ってみるとやっぱり息が切れてしばらくは動けない。2度目なのでルート上の力の入れ加減は判っているが、きつい登りは変わらない。機材を調整したが登ってみるとやっぱり辛い、歳と普段の不摂生とでスイスイとはいかないなぁ。息が整ってやっとのことで眼下を見下ろすと、あの辛さが吹っ飛ぶほどの光景。晴天なうえに空気が澄んでいて抜群のパノラマ。これだから止められない。ただ、残念なことに線路周辺の田に水が入っていない。見渡す限りの水田をイメージしていたのだが、こればかりはしかたないか。また、宿題ができてしまった。
b0185825_17105777.jpg
2014/5/18 北びわこ1号
Canon EOS-6D , EF 70-300mm F4-5.6L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-06-03 17:11 | JR北陸線 | Comments(0)
夕暮れ
 北びわこが走り去ってしまうと沿線はいつものように静かになってしまう。が、日は傾いてはいるが日没まではまだまだ時間がある。いつものように帰り道に築堤に寄って西の空を狙う。とは言っても列車はそんなに来ない。田んぼの脇に三脚を据えて列車を待っていると車が1台、2台と寄って来た。「SLはもう来るの?」と声を掛けられたが・・・SLは終わって電車を待ってます、と告げると残念そうに走り去っていった。
b0185825_18291078.jpg
2014/2/2 北陸線
Canon EOS-6D , EF 17-40mm F4L


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-02-07 18:29 | JR北陸線 | Comments(0)
水路の脇で
 天気は回復方向、午後になって3号の回送の時刻には薄日が射してきた。広い田の真ん中をうろうろとロケハンして水路の脇で撮ることにする。木が1本と水路に空が映っているのでアングルを創る。バックの里山にはまだ低い位置に雲が載っている。回送列車なので煙で後ろが消される心配もなさそうだ。待つ時間は不思議なくらいに暖かいので助かる。510のカモレの続行でPFに引かれて登場。薄日にカマが一瞬光った?
b0185825_19471969.jpg
2014/2/2 北陸線
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-02-06 19:47 | JR北陸線 | Comments(0)
濡れた石畳
 1号の撮影後に回送を狙いに木之本へ。商店街の石畳が雨あがりで濡れて反射し、趣がある。撮りたくなったがアングルが難しいうえに良い足場がない。町内ではイベントがあった様子で人通りも多いのでタイミングも難しそうだ。リスクは高いが遠目から踏切通過を狙うことにする。バスかトラックが手前で停車すれば撃沈だ。定刻に踏切が下りる。車が1台、2台・・・ゆっくりとPFと客車が通過。このまま大きな車は来るなよ・・・やっとC56が見えた。汽笛が鳴ると通りを歩く人は一斉に踏切の方向を見て立ち止まった。機関助士は踏切前のカメラを持った女性に手を挙げてサービス。
b0185825_19281745.jpg
2014/2/2 木之本
Canon EOS-7D , EF 70-300mm F4-5.6L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-02-05 19:29 | JR北陸線 | Comments(0)
水滴・・・消えた!
 午後になって完全に雨は上がった。小枝に水滴が着いて逆光にキラキラしている。ここにスポットして軌道を狙う。絞り込んでも距離があって列車はボケボケだが白煙でも出ればOKかと。ところが、列車を待つ1時間ほどの間に水滴は消えてすっかり少なくなってしまった。これは計算外。せっかく白煙で通過してくれたのに・・・
b0185825_19273110.jpg
2014/2/2 北陸線
Canon EOS-7D , EF 300mm F4L Is + Extender x1.4


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-02-04 19:28 | JR北陸線 | Comments(0)
1台の車
 久しぶりに北びわこに出撃、昨年の夏以来だ。急ぐこともないのでゆるゆると出発。前日からの雨が残って視界も悪いので接近戦を前提にポイントをロケハン。何か所目かで民家と林が気に入ったので三脚を据えた。遠くで汽笛が聞こえたような・・・すると目前に1台の車が停車。中から子供たちが降りてきた。お母さん2人も加わってSLを待っている様子だ。おいおい、そこはフレームに入るんだが・・・距離があって声は届きそうにないし、列車は接近してきているし。打つ手なし、これも現場の風景と割り切ってフレームを調整。ま、狙っても撮れない画が撮れたのでOKかな。北びわこでは、よくあることだ!
b0185825_19132936.jpg
2014/2/2 北びわこ
Canon EOS-6D , EF 70-200mm F4L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-02-03 19:14 | JR北陸線 | Comments(0)
蒼い雪山
 西の空に雲の切れ目があるので、都合良くそこから日が沈まないかと期待しながら待ってみる。切れ目はどんどんオレンジ色に輝いていい感じなのだが肝心の太陽が一向に顔を出さない。これではフレームの中が夕日に染まることもなさそうだ。気がつけば日没も過ぎて辺りは暗くなってきた。残念だが撤収かな・・・とは思ったが諦めが悪い。蒼くなった雪山をバックにS/Sを思いっきり落として撮りたくなった。と、運よく原色の客人が飛び込んできた。3両なので収まりもいい。これですっきりと帰れる!
b0185825_202493.jpg
2014/1/3 富山
Canon EOS-7D , EF 70-300mm F4-5.6L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-01-21 20:24 | JR北陸線 | Comments(0)
夕暮れの北アルプス
 富山地方鉄道を堪能した後は、前回吹雪いたために行けなかった場所へ。アルプス・バックの本線撮影ができる有名なお立ち台。初めてなのでナビが頼りだったが近づくと三脚が数本立っているのが見えたので難なく発見。なかなかのポイントだが、遠目に倉庫のような大きなビルと携帯の基地局アンテナが見える。手前には信号BOXがあるので、この間で収めるしかないが、そうなると手摺のあるガータ橋が真ん中にきて避けようがない。なるべく山が覆いかぶさるアングルを探して右往左往。10回は往復したかも。
b0185825_20462198.jpg
2014/1/2 富山
Canon EOS-7D , EF 70-300mm F4-5.6L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-01-20 20:47 | JR北陸線 | Comments(0)
北びわこ1号回送
2013/7/21撮影
 午前中の俯瞰の画をもう1枚。暑い中やっと登った山の上で本番1本だけで下りてしまうのは勿体ないので回送列車まで粘る。本番列車は時間もなくて無難なアングルで決めたが、回送は打てそうな場所をあれこれと試してみる。三脚に据えて撮ったのはすでにUPした画だが、すぐに三脚から外して手持ちで数カット。どこまでも見渡せるポイントなので、ゆっくり走る列車を余裕をもって追いかけられる。このカットは集落にPFが隠れて後ろの編成だけがうまく残った。煙が出ていないので、なにも言わなければ本番列車に見えてしまう。こんな遊びもおもしろい?
b0185825_18304148.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-300mm F4-5.6L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-08-02 18:30 | JR北陸線 | Comments(0)
4076レ EF510
2013/8/1撮影
 赤い機関車をもう1枚。こちらは退いた画を6Dで創った。少し斜光線になって空が青く抜け始めたので川面も全部入れてガバッと長閑な風景を頂くことにする。相変わらず強い熱線に照らされて頭はボ~として、汗も止まらない。透明な流れを見ていると頭を突っ込みたい衝動に駆られてしまうほど暑い。涼しげな流れの中を時折キラリと魚体が光る。スイスイと泳ぎ回る姿はなんとなく羨ましいような・・・そんな気持ちでシャッターを切ったからではないだろうが、撮れた画はなんとなく涼しげな仕上りになった?
b0185825_16295692.jpg
Canon EOS-6D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-08-01 16:31 | JR北陸線 | Comments(0)