のんびりと走りゆく
 日差しはなかったが、津和野の街はいつも通りに長閑でゆったりと時間が流れてゆく。春らしい装いはまったくないが、赤い石州瓦の静かな街並みを見下ろしていると時間を忘れてしまいそうだ。盆地に響き渡る汽笛、黒煙を噴きながらゆっくりと築堤を登る列車の姿は、実像のパノラマなのか、模型のジオラマなのか、錯覚してしまうほどのんびりと走りゆく。
b0185825_18173115.jpg
2015/3/28 津和野
Canon EOS-6D , EF 24-105mm F4L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2015-04-08 18:18 | 山口線 | Comments(0)
<< 程好い煙 満開ならば・・・ >>