白煙を引いて
 4月の山口遠征、2日目から1枚。1発目は雹が激しく降る中、列車が現れた時には一瞬の晴れ間で幸運な画をものにできたが、列車が通過するとまたも激しい氷混じりの雨。国道9号で木戸山を越えているとフロントガラスにバチバチと氷の粒が当たってうるさい。路上でも飛び跳ねている。峠を越えて長門峡を過ぎると小ぶりの雨に変わった。追っ掛けの定番ならこのまま徳佐辺りまで走るのだが、列車は地福までしか行けない。普段はあまり撮ったことのない場所で水田脇に三脚を据えて列車を待つと低温が功を奏して白煙を棚引かせて現れた。
b0185825_1859316.jpg
2014/4/6 SLやまぐち
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-05-30 18:59 | 山口線 | Comments(0)
<< 春の雪 新緑の山里 >>