ウスバシロチョウ
 朝8時台に上下1本づつの普通列車の後は12時台までなにも来ない。狙いのスローライフも津山発は12時なので、大阪をゆっくりと出発したが時間は余るほどある。保線用の使われていない軌道に紫の小さな花がたくさん咲いている。その中を白い蝶がヒラヒラ。モンシロチョウかと思って近づくと羽が半透明で透けている。胴も黄色く毛深い。ウスバシロチョウ、寒冷地に多い個体で本州では標高が高い地域でしか生息していないはず。少年時代に捕虫網を持って追い掛け回した記憶からすると、結構珍しい種だ。まわりを見ると3~4頭が舞っている。捕虫網の代わりにカメラを構えてレールと絡みそうな場所で待っているとチャンス到来。羽を広げてくれる瞬間を待ったが、残念、食事に夢中でそれどころではなかったようだ。
b0185825_20471467.jpg
2014/5/11 因美線
Canon EOS-6D , EF 24-105mm F4L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-05-23 17:00 | 因美線 | Comments(0)
<< 白い奴3連 長閑な昼下り >>