水路の脇で
 天気は回復方向、午後になって3号の回送の時刻には薄日が射してきた。広い田の真ん中をうろうろとロケハンして水路の脇で撮ることにする。木が1本と水路に空が映っているのでアングルを創る。バックの里山にはまだ低い位置に雲が載っている。回送列車なので煙で後ろが消される心配もなさそうだ。待つ時間は不思議なくらいに暖かいので助かる。510のカモレの続行でPFに引かれて登場。薄日にカマが一瞬光った?
b0185825_19471969.jpg
2014/2/2 北陸線
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-02-06 19:47 | JR北陸線 | Comments(0)
<< 夕暮れ 濡れた石畳 >>