濡れた石畳
 1号の撮影後に回送を狙いに木之本へ。商店街の石畳が雨あがりで濡れて反射し、趣がある。撮りたくなったがアングルが難しいうえに良い足場がない。町内ではイベントがあった様子で人通りも多いのでタイミングも難しそうだ。リスクは高いが遠目から踏切通過を狙うことにする。バスかトラックが手前で停車すれば撃沈だ。定刻に踏切が下りる。車が1台、2台・・・ゆっくりとPFと客車が通過。このまま大きな車は来るなよ・・・やっとC56が見えた。汽笛が鳴ると通りを歩く人は一斉に踏切の方向を見て立ち止まった。機関助士は踏切前のカメラを持った女性に手を挙げてサービス。
b0185825_19281745.jpg
2014/2/2 木之本
Canon EOS-7D , EF 70-300mm F4-5.6L IS


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2014-02-05 19:29 | JR北陸線 | Comments(0)
<< 水路の脇で 水滴・・・消えた! >>