北びわこ3号
2013/5/26撮影
 もう1台はドカンと全部頂くことに。退いた画を創るとどうしても空が大目になってしまうのであまり好みのアングルではないが、スジ雲が浮かんで青空も澄んでいるのでやってみることに。PLフィルタを使ってみるとなおさら空と緑が綺麗にぬけたので、これで決定。編成の長さと山の形を考慮して左右のバランスを取る。後は列車の通過時に雲がいい感じになってくれることを祈るのみ。風が出てきたので水面は荒れ始めたが、長閑で爽やかな初夏の雰囲気は十分。無煙で登場した列車だが、いい位置でコンプレッサーの排気を白く出してくれた。
b0185825_16244945.jpg
Canon EOS-7D , EF 17-40mm F4L

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-06-04 16:24 | JR北陸線 | Comments(2)
Commented by たつや at 2013-06-04 22:58 x
久しぶりにお邪魔して、まとめて拝見しました。いろんな所へ出かけられたんですね。いろんな現場を体験することが上達の秘訣やと思っているので、羨ましい限りです。私も常に撮りたい気持ちはあるんですが、なかなか侭ならず、撮影に出られても結果に及第点を得られずで悶々としております!ご自身で書かれているコメントを拝見するにつれ、光線状態の事をよく気にかけられている事に感心しました。実は私は鉄道を撮る場合は余程のことでも無い限りあんまり気にしないもので・・・まあ、順光か逆光かくらいは考えますが、自然光の向きと通過のダイヤはどうしようもないし、他にも配慮する事があるし・・とりあえずその場のライティングをいかしてなんとか撮ってしまえ〜ってな感じで撮ってしまってます。考え過ぎはキリがないですが、多少は考えた方が良いのかもしれませんね・・・
Commented by kony5711 at 2013-06-05 17:27
>たつやさま

最近、なかなかお会いできませんね。近くで撮っていることもあったみたいですが・・・出撃される機会も以前よりも増えたようで、再開された画を楽しみに拝見してます。

鉄道写真は風景写真の一種でしょうが、時刻を選べないので仰るようにライティングの条件は厳しいですね。私の場合、光線状態を気にしているというよりも、この列車を撮るにはこの光線とどう向き合おうかという感じですね。場所を決めれば受け入れるしかないので・・・その場のライティングを生かせるだけの腕があればいいのですが、撮る前から諦めて撃沈、ってこともしばしばです。蒸機列車に拘らなければ光線を選べるので、最近はローカル列車の撮影機会が増えてしまったようです。
<< 北びわこ3号回送 北びわこ3号 >>