因美線 677D
2013/5/12撮影
 智頭から物見峠に向かって行くと軌道が走っている谷筋はどんどん狭くなっていく。那岐辺りではほぼ谷間の様相になる。土師川に沿って街道も走り集落の屋根がトップライトに反射して好ましい。少し高台から俯瞰すると田植えの終わった田に里山の緑が映っている。日が射して暑く、退避する場所もないが1本待つ気になった。山の緑をメインにしようか、田をメインにしようかと随分迷ったが、山を向けると屋根の入り方がうまくない。立ち位置も変えてトライしたがしっくりこない。で、第一印象の通りに田を入れてアングルを創る。列車は単行なので軌道は極限まで隅に寄せてみた。手前の作業小屋が少々気になるが、これも良しとした。それにしてもここの列車は実にゆっくりと走ってくる。
b0185825_1630349.jpg
Canon EOS-6D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-05-29 16:32 | 因美線 | Comments(0)
<< 北びわこSL送込み 因美線 みまさかスローライフ >>