磐越西線 228D
2013/5/6撮影
 いつものように最終日は翌日の仕事を考えて午前の部で撤収し帰路に着く予定。天気が良いのでちょっと残念な気もするが仕方ない。咲花、五十島、三川、津川、鹿野瀬とロケハンをしながら沿線を走る。三川辺りまでは若葉も芽吹いていたが津川を過ぎると完全に冬枯れの景色。新緑どころではない。それでも鹿野瀬を過ぎて深戸の鉄橋はとてもいい感じ。きれいに光線が当たっているうえに霞もすくなく遠目もすっきり。鉄橋で撮影しても良いのだがこれだけすっきりしているのならば平瀬は雪山バックがいけるかも・・・で、行ってみることに。峠を越えるといつものように実に長閑な風景に出合える。日出谷~豊美~徳沢は沿線の中でも一番好きかもしれない。予想通りに雪山がすっきりと見える。2人とも納得の風景なので、ここで本番のセッティングをすることになった。とりあえず先行の普通列車で望遠アングルを試してみる。線路脇に桜が1本、花を残して綺麗に咲いている。この位置に列車の先端を合わせてアングルを調整したが・・・2両のつもりが3両でやってきた。際どくケツが切れてしまった!
b0185825_1657915.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-300mm F4-5.6L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-05-20 16:56 | 磐越西線 | Comments(0)
<< 磐越西線 ばんえつ物語 磐越西線 2228D >>