磐越西線 ばんえつ物語
2013/5/5撮影
 いつもならこの後は追っ掛けを何か所かするのだが、同じような場所で同じような画を撮るだけなので今回はこのロジックは使わない。天気もいいので前日のように馬下の夕日に賭けることにする。追っ掛けの無理はせずに余裕を持って先回り。現着すると太陽はかなりいい感じに沈んできている。ただ、雲は1つもないが良く見ると空全体に薄い高い雲が覆っている。太陽の輪郭ははっきりと見える程度だが空の青さが抜けていないのが残念だ。それでも地平線に太陽が近づくにつれて薄雲に夕日が乱反射して西の空全体がピンクに染まってきた。太陽が動くたびに農道を少しずつ移動して列車を捕える位置を微調整する。なにしろバックの高圧電線がなかなかうるさい。前日は広角だったのでそれほど気にならなかったが、望遠を使うとバックのわずかな障害物が気になってしまう。注意しながらフレームを固定し露出を決めると列車が接近してきた。無風のため大量の黒煙が綺麗に後方に靡いてくれた。見慣れないカマ次位の展望車は今年から投入された新人。なんで違う色にしたんだろうか?
b0185825_17411112.jpg
Canon EOS-6D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-05-18 17:00 | 磐越西線 | Comments(0)
<< 磐越西線 2228D 磐越西線 ばんえつ物語 >>