磐越西線 ばんえつ物語
2013/5/5撮影
 上り列車の2発目の予定ポイントへ先回り。ところが現地の状況が思わしくない。麒麟さんが以前に訪れたときよりも線路脇の木立が成長しているようで、思い描いたアングルが創れそうにない。しかも辺りは新芽も芽吹いていないため、まだまだ冬枯れの様相。バックの山もどう見ても春の景色には見えない。周辺の里山の北斜面には雪が残っているので当然と言えば当然。今年は全国で低温が続いているが、さすがに会津地方ともなると雪国だけに春はもっと遅いようだ。仕方がないので来た道を後戻り。「雪山バックで、ここいいですねぇ」と途中で言っていた場所に戻ることに。バックに集落が入りそうだが列車でなんとか隠せそう。天気が良いので雪山が白飛びしないように用心しながら露出を決める。戻ったので余り時間はないが、ここならなんとかなりそうだ。それにしても春らしさはあまりない。去年11月に来た時と変わらないような風景。一体、春はどこまで来ているのやら。
b0185825_20334116.jpg
Canon EOS-6D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-05-16 20:34 | 磐越西線 | Comments(0)
<< 磐越西線 ばんえつ物語 磐越西線 ばんえつ物語 >>