上越線 SLみなかみ
2013/5/3撮影
 麒麟さんとロケハンをしていると景色の良さと長閑さにうっとり。新緑に包まれた山々が美しい。利根川沿いに北上しながらポイントを巡るとなかなかいい場所が多い。が、架線柱と架線が・・・で、退いて撮ればと俯瞰できそうな場所に行ってみる。光線も良いので列車を待つことにした。川の流れを聞きながらおしゃべりをして過ごす時間は楽しい。時々ちぎれた雲が流れて来て影を落とすが、ほとんどの時間は日が射している。これならいけると期待感も絶好調! ちょっと気になることがあるとすれば、強い風がこちらに向かって吹いていることくらい。どうせ煙は期待できそうにないと聞いているので問題はなさそう。ところが定刻に現れた列車は黒煙もくもく。どんどんと手前に流されて編成が隠されていく。しかも濃い煙の影が機関車にかかって黒潰れ。これではC61なのかD51なのか?わからない。
b0185825_1733558.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-300mm F4-5.6L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-05-08 17:34 | 上越線 | Comments(2)
Commented by C62重連 at 2013-05-09 08:12 x
毎度です!
やはり、SLの場合は光線よりも煙の「流れ」ですねぇ・・・
黒潰れは光線状態で紙一重ですから・・(^^;
でも、温水温め器が無いのでD51-498ではないですな(^^) 
Commented by kony5711 at 2013-05-09 18:23
>C62重連さま

毎度です!
なるほど、確かに煙突の前に給水温め器がないのでわかりますね。
D51の改造機ですからシルエットは似てますが、パーツの取り付けは違いますね。
<< 上越線 SLみなかみ 上越線 SLみなかみ >>