1071レ EF210
2013/2/11撮影
 このシーズンの関ヶ原はやっぱり雪が多いようだ。積雪こそないが朝から雪は一向に止まない。これだけ降り続くとさすがに路肩は融けきれない雪が溜まり始めてジョリジョリ状態になってきた。里山の木々も白くなって暗いがなかなかの雰囲気。強い風さえなければ1日のんびりと撮影したいところだが、吹きつける雪からレンズを守るのに難儀する。付着した雪はすぐに融けるので手袋を着けていても濡れてグショグショになり指先がなんとも冷たい。列車を待つ間は車内に退避していないととても耐えられない状況。ただし、雪が降っていると変にテンションが高くなるオヤジだけに列車が来ると外に飛び出してしまうのはいつもと同じ。(笑) 望遠で圧縮すると雪の粒は迫力がある。
b0185825_19153481.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-02-14 19:16 | JR東海道線 | Comments(2)
Commented by C62重連  at 2013-02-15 09:46 x
毎度です!
そうですねぇ・・
雪が降ると、桃ちゃんでも電車でも燃える・・(^^)
大きな雪の粒と薄ら雪化粧した山肌は「墨絵」のようで
幻想的に風景に見えるから不思議・・
Commented by kony5711 at 2013-02-15 19:09
>C62重連さま

毎度です!
雪を見るとはしゃいでしまうのは、いつものことですが・・・汗!
降れば降ったで画になるし、晴れればいい画が出来るしで
やっぱり雪はいいですねぇ。
見せたくないものも隠してくれますしね!
<< 3092レ EF81-404 虎姫 あおなみ線SL列車送込み >>