大井川鉄道 21000系(旧南海車)
2013/1/13撮影
 冬場の大井川のSLは「かわね路」の1往復のみ。金谷のスタートが11:45なのでポイントにはどこにいても正午以降でないとやってこない。南からやって来るので天気が良いとトップライトの逆光。サイドに日が当たる場所は少ない。いつも最初は福用なので今回は別の場所で。とは思うが適当なポイントは浮かばない。とりあえず大井川の河原が望める場所で三脚を設置。日の回り具合を考えるとサイドの日当たりは微妙?当たらないことはないが、程度か。大井川特有の白っぽい河原をたっぷりと入れてみる。煙りは出ないポイントなので列車の上端のバックが消されることもない。と、覚悟して選んだポイントだが、実際にSLが通過するとまったく煙りなし。ここまでないといくらなんでも引き摺られているのか、自走しているのか判断できないような画! 後ろの客車も1両が微妙に収まって、どうも収まりが悪い。結局、先に来た上り普電がベストになった。サイドに当たった光は角度が浅いので黒いSLではどうにもならなかったが、南海車は淡い色なので明るく見える。しかも全長が短い車両なので2両がドンぴしゃ!この車両を待っていたかのようなアングルになってしまったなぁ。
b0185825_19544646.jpg
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-01-16 19:56 | 大井川鉄道 | Comments(0)
<< 大井川鉄道 かわね路1号 線路! >>