富山地方鉄道 14760系
2013/1/3撮影
 お目当ての列車が通過後は新たなポイントを求めて再度雪道へ。1時間半ほどの撮影の間に路面の雪はかなり増えた印象。新雪なので滑ることはないが、路肩が分かりにくい。車間距離も十分にとって用心しながらポイント探し。さすがにフットワークが悪い。手頃な場所が見つかっても農道はとても乗り入れられる状態ではない。四苦八苦しながらなんとかいけそうな場所を見つけた。幾分か降りは弱まったが、それでも少し風もあって容赦はない。農道をラッセルしながら線路脇へ、なんとか三脚を設営。望遠で覗くと雪を被った街並みがおもしろい。これをバックにフレームを創る。ところが列車が来ると盛大に雪を舞い上げ思ったほどバックはきれいに映えない。それでも鉛色の空を背に地鉄らしい画になった。
b0185825_18231111.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2013-01-08 18:23 | 富山地方鉄道 | Comments(2)
Commented by まむし at 2013-01-09 22:09 x
農道ラッセル、短い距離でも汗をかきますね。
でも、その甲斐があってよい絵になりましたね。好きです。

ところで、レンズに雪が付着してしまうような場合、どういう対策を取られていますか。私はエツミのレインカバーをかけて守り、あとは、パフパフで基本は飛ばすようにしていますが・・・
Commented by kony5711 at 2013-01-10 18:32
>まむしさま

鉛色の空に地鉄のオリジナル車
好みの画に仕上がりました。
三脚に載せたときはレインカバーは使っていません。
フレームを創るときに窮屈なのと装着が面倒なので。
リュック用のレインカバーを使っています。
防水ナイロン生地でゴムで絞って被せる奴です。
これならどんなレンズを付けていてもガバッと被せるだけ。
下に余った生地を洗濯バサミ2個で止めてます。
列車が来れば前後を跳ね上げて撮影という算段です。
2台並べていても1つのカバーでいけますので便利です。
雨でも雪でも大体こんな感じです。
水滴はパフパフしかないですね。現地では。
<< 富山地方鉄道 14760系 雪! >>