深戸 ススキ
2012/11/25撮影
 いよいよ撮る列車がなくなったので帰宅することに。昼も過ぎているのでお腹も空いている。とりあえず磐越道、津川IC方面へ、もう一度峠を越えて深戸に向かう。里まで下りて来ると快晴になった空から光が降り注いでいる。鹿瀬の鉄橋は逆光だが静かな雰囲気が好みの風景でもある。スピードを落として景色を楽しむと、広い田の畦にススキがポツンと穂を残して立っている。逆光に沈んだバックの山肌の前で光る穂が美しい。後ろ髪を引かれる思いで帰路に着いた身には、この光景は恨めしく思えてしまう。未練タラタラで車を止めて暫し眺める。と、バッグからまたカメラを取り出し、三脚を据えてしまった。列車は来るはずもないのに・・・思いっきりフレームを追い込んで、鉄橋と一緒にススキの記念写真。なんと、この画が今シーズン最後の磐西のショットになってしまった!
b0185825_1754184.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-12-07 17:07 | 磐越西線 | Comments(0)
<< 1082レ EF66-132 ... 3221D 快速あがの >>