8226レ ばんえつ物語
2012/11/25撮影
 磐越遠征の続きから。3連休の3日目は一番天気が期待できる日でもあったので前日から気合いを入れて早々に就寝。ところが朝ホテルの窓から空を見ると厚い雲がどんよりと覆い尽くしているうえに霧が薄く出ていて3日間で一番印象が悪い。やっぱり騙されたかと思いながらも早めに出発。晴れなくとも曇りなら深戸の俯瞰と決めていたので一直線に行ってみたが・・・山の上は雲の中。俯瞰どころか50m先のコーナーさえ見えないほどの霧。ポイントに立ってはみたが目の前はホワイトアウト。とはいえ列車通過までには3時間以上ある。しばらく待ってみることに。この季節に霧が出て気温が低いということは晴れる確率が高い。高空に雲がなく放射冷却で冷やされ霧が立つ。気温が上がって霧が消えれば快晴、なんてことが多い。弱い風にふわふわと流されて突然目の前がすっきり見えたと思うと、5分後にはまた元通りに。明るくはなっているので上空の雲は切れてきたようだが一向に気温が上がらない。1時間前になってようやく下界がぼんやりと見えた。場所を変えるならリミットの時刻だが判断できる材料は少ない。うんと悩んで、リスクは高いがここに賭けることにする。下界は霧が晴れて見通しが良いようだ。30分前になって上空の雲がやっとなくなった。が、ポイント付近の高さだけ谷の奥から次々に霧が流れ出てくる。相変わらずスカッと見通せると、また霧に包まれるの繰り返し。とりあえず遠目を狙って1台、足元を狙って1台を設置。列車を待つ。10分前になってようやく霧の流れが止まった。不安は残るがフレームを追い込む。新潟方面は晴れて日差しもあるが、鉄橋には日が射していない。こうなると遠目を狙った1台の露出が難しい。川面が反射している場所で機関車を捉えることにして、あとは霧が邪魔しないかどうか・・・結果はご覧の通り。この時間帯でベストの見通し。それにしてもトラス橋を隠すほどの見事な煙、これなら列車だけをドカンと狙ってもよかったような・・・
b0185825_17515198.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-12-04 17:52 | 磐越西線 | Comments(2)
Commented by C62重連  at 2012-12-05 10:53 x
毎度です!
不安定な天候では俯瞰の判断は難しいですねぇ・・・
霧が晴れれば儲けものですが、下手すると霧の下界画像に
なってしまいますものね・・・
しかし、何処でも絵になるのか対岸にも撮影者が居ますね・・(^^;
Commented by kony5711 at 2012-12-05 18:25
>C62重連さま

毎度です!
鉄橋周辺はどこからでも狙えるので撮影者はいつも多いですね。
ただし、この日は俯瞰場所にいたのは少数派で、変な奴だったようです。
リスク覚悟で粘ったのは2人でした。
<< 8226レ ばんえつ物語 大和川 >>