8233レ ばんえつ物語
2012/11/23撮影
 午前中、追い掛けの最終点は山都の一ノ戸橋梁まで。ずっと雨のままなので、当日にUPした柿の雫の画になった。撮影後は早々に引き揚げて山都でいつものように蕎麦屋へ。ここまで来ると時間がなくても食べたくなってしまう。で、午後の下り列車に備える。ただし会津若松の発車が15:25、喜多方でも15:51、山都16:06と遅く日没時刻が迫る中での撮影になる。条件はなるべく良くしたいが、この天気ではどこで撮っても条件は悪い。とりあえず喜多方方面に移動しながら下見。何か所かポイントを回ったが暗くなることを考えると・・・結局、バックに紅葉が残るS字に三脚を据えた。近くの上り列車の撮影ポイントに三脚が5台。上り列車?翌日の置き三脚?のようだ。悪天候の3連休でも場所取りは激しそう。で、定刻の10分前に露出が激アンダーに。列車が姿を出すまでの間にもどんどん低下。わずかに残っていた紅葉も暗くなっては茶色にしか見えない。紅葉は諦め、濡れたレールにヘッドが反射することを期待してフレームを下に向けた。幸いにも白煙を噴いて登場。が、レールには反射しなかった。
b0185825_17234310.jpg
Canon EOS-7D , EF 300mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-11-28 17:23 | 磐越西線 | Comments(0)
<< 223D 五十島 8226レ ばんえつ物語 >>