斑鳩
2012/11/10撮影
 同じレンズで撮った画ばかりUPしているので、既にお気づきの方も多いと思うが、以前から使っていたEF-S 17-55 F2.8をEF 17-40 F4Lにリプレースした。3年ほど使っているが、どうも馴染まない。解像度も良いしコントラストも良い、評価も高いレンズなんだが、気が付くとその画角なのに別のレンズを選択していることに最近気が付いた。知らず知らずに避けていたような・・・で、思い切ってLレンズに替えることにした。今回の散歩もレンズの焦点距離と被写体との間合いを掴みたくて出かけたようなもの。いろいろやってみて、EF-Sとの違いは・・・と考えながら構図を創ってみる。どうもレンズ本来の性能ではなく、創りの違いなのか?ズームやピントの操作感が随分違う。17-55mm意外、他の焦点距離はF4のLレンズなので、この1本の操作感の違いに違和感があったのか? 手持ちのレンズの中では24-105mm F4Lが一番のお気に入りなんだが、これと大きさは変わらないが若干軽い。カメラに装着したときのバランスや操作感は良く似ていて、どうもこの感じが好みだ。写りが気に入ればどんなレンズでも、と思っていたが普段使いのレンズはそうはいかないのか? こんな経験は初めてだ。
b0185825_18421712.jpg
Canon EOS-7D , EF 17-40mm F4L

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-11-15 18:42 | 大和路・和歌山線 | Comments(2)
Commented by C62重連  at 2012-11-16 12:00 x
毎度です!
確かに画角は似ていても、操作感で違いが大きく感じる瞬間はありますねぇ・・・
当方も、最近では70-200のレンズを使わなくなったのは社外なので
純正レンズとピントリングの操作が違うのですよね・・・
最近導入した70-300のレンズは違和感が無くて、定番レンズになっています。
でも、一番馴染んでいるのは単焦点レンズだったり・・(^^)
Commented by kony5711 at 2012-11-16 19:17
>C62重連さま

毎度です!
確かに一番馴染んでいるのは永年使い込んだFDレンズだったりします。
最近はG1を使ってないのでFDはご無沙汰ですが・・・
EOS-M用のFDアダプタが早く出ないかと・・・
<< 斑鳩 大和川第一橋梁  >>