大和川第一橋梁
2012/11/10撮影
 例年のことだが大和川の河原には芦がたっぷりと茂っている。大半は3mくらいもあって背が高い。築堤の線路脇にもたくさんあるのでこの界隈での編成撮りには苦労する。仕方なしにいつもは堤防から鉄橋を狙うのだが、偶には河原に降りてみるのもおもしろいかと。見上げるほどの芦を目の前にするとやっぱり鉄橋は見えない。それでも曇り始めた空には薄い雲が模様を描いているので撮ってみたくなった。芦の茂みの隙間を探して列車のケツがちらりと見える場所を探す。太陽が低いので露出が難しい、何度か試していると踏切が鳴って221が通過した。
b0185825_1645287.jpg
Canon EOS-7D , EF 17-40mm F4L

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-11-12 16:45 | 大和路・和歌山線 | Comments(0)
<< 斑鳩 斑鳩 柿の木 >>