4049M しなの9号
1979/8/30撮影
 ついにネタがなくなってしまった。なにしろ9月17日の磐越遠征以来、どこの沿線にも出向いていないので仕方ない。コメントだけでもUPしようかとも思ったが、話題の鉄ネタも少ない。少々不本意なんだが過去ものをご覧頂くことに・・・

 381系が原色に復帰し山陰口に投入されているのはご存知の通り。沿線は他の形式も含めて話題が豊富になった。大勢の方が出向かれているようなので、そのうちにとは思っているが・・・旅客ネタはどうも力が入らないのか延び延びになっている。ただ、381系はデビュー当時から好きな車両。本来、屋上にある機器類が床下にあるため屋上はすっきりとして低重心。車体の断面も他の形式とは違い窓の位置も低い。ローアングルで下からアオルと運転台だけが飛び出して見えて独特の画になる。すっきりと長く伸びた編成は美しい。9両で6丁パンタ。西線でも何度か撮影しているが、複々線区間で長く撮ったこの画が気に入っていた。
b0185825_19461754.jpg
Minoruta XD , MD 85mm F1.8

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-10-19 19:46 | 国鉄時代 東海道 | Comments(0)
<< 普電 さくら夙川 9522レ SLやまぐち >>