2538D 長門峡
2012/9/2撮影
 9月の山口遠征2日目の画がUPできていないので、しばらくお付き合いを。
 
 この日も天気は抜群。ただし、暑そうな日差しだったのでホテルをゆるゆると出発。どこという当てもなく国道9号を北上。前日に稲穂が綺麗だった長門峡に行ってみる。ここの朝はとても良い雰囲気。風が強く雲が多めなので時折影が落ちるが、光線が当っている場所は順光で美しい。丁度、上り気動車が来そうなのでフレームを創ってみる。バックに国道が並走するので車やトラックの姿がちょっとうるさいが民家の赤い瓦は魅力的。空を入れようかと迷っていると踏切が鳴って列車接近。空のことばかり気にしていたら、なんと雲が掛って画面内は真っ暗。露出を調整したが日が当っていないのでは空がどうかなんて以前の問題。ちょっとがっくりしているとタラコ2両が視界に入って来た。前後ともタラコに遭遇するのは初めて!唸りながら構えていると雲が流れて稲穂が光り始めた。画面の半分ほどに列車は来たが日は当っていない。だめかと思いきや、先頭車に日が射した!なるべく引っ張って連写。バックのうるさいものが影の中に沈んで、ギリギリいい画になったか?
b0185825_18482769.jpg
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-10-11 18:49 | 山口線 | Comments(2)
Commented by C62重連  at 2012-10-12 12:42 x
毎度です!
稲穂の黄金色と、タラコの気動車がマッチしていますねぇ・・・
でも、良く見ると色あせた人がタラコで、色の綺麗な奴は
地方線色のようですね・・・
Commented by kony5711 at 2012-10-12 19:43
>C62重連さま

毎度です!
光線の関係で色が濃く見えますが・・・
たぶんタラコかと・・・
今度、確認しておきます。
<< 9521レ SLやまぐち F1 日本グランプリ >>