9521レ SLやまぐち 長門峡
2012/9/1撮影
 大山路では関東の方お2人にも声を掛けて頂いて、その後ご一緒することになった。列車通過後は車を止めた場所が違うので各自撤収して長門峡で再度合流することに。焼付いた車内に戻って汗も拭かずにエンジンスタート。国道9号を北上して木戸山を越える。まむしさん、monさんも長門峡に向かわれている様子。現地に到着すると眩しいほどの日射し。ただし、いつもよりも手前の畦に三脚がズラリ。この場所からだと編成が窮屈なんだが・・・いつもの場所に行ってしまうと皆さんの背中がズラリと並んでしまう。サイド攻撃に変更して編成撮りは諦めた。順次、皆さんの車も到着して思い思いの場所で三脚をセットされている。風はほとんど無いが油断はできない。サイド狙いで煙が手前に流れれば撃沈だ。ほどなく長門峡に列車も到着。と、ここで列車に対して追い風の微風が築堤の向こう側に吹きだした。ちょっとヤバい?追い風なんで黒煙が進行方向に押し上げられて煙幕になることがある。バックの山は諦めてフレームをぐっと下げる。稲穂だけにして列車ぎりぎりで上限は切ってしまう。これなら機関車だけが見えれば煙が煙幕になってもなんとかなるかと。発車して鉄橋を渡り始めると煙が押し上げられて真上に立ちあがった。これは暴れるぞ、と思っているとすんなりと倒れて向こう側に棚引きはじめた。そのままいい感じで編成を光らせながら通過。編成撮りをされた皆さんもこれならうまくいったかな?
b0185825_20335295.jpg
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-09-04 20:35 | 山口線 | Comments(4)
Commented by C62重連  at 2012-09-05 08:26 x
毎度です!
長門峡の稲もかなり色づきましたね・・・
ここは編成の後ろが少し切れるのと右側の信号機器が厄介ですが
年間通して良い場所ですね・・・
ただ、人が多いのが難かな・・(^^;
Commented by kony5711 at 2012-09-05 19:16
>C62重連さま

毎度です!
追っかけをすると時間的にも場所的にも丁度いいので人はいつも多いですね。
私は逆光ファンなんでこちら側は極端に少ないですが・・・
ま、稲穂の時期と水鏡の時期だけは別物ですが。
Commented by まむし at 2012-09-06 23:37 x
なるほど、こういう構図だったのですね。手前の畦も少し入った田んぼが印象的ですね。
しかし、鍋倉の写真といい、さすがに通い慣れたベテランは違うなあと、うなっています。
このように煙を構図の上ぎりぎりに収める技は、私は到底無理です。煙は切ってはいけないと、子供のころから自分ですり込んでしまっているのか、どうしても上を大きく開けたくなってしまいます。
このときは、意外にきれいにたなびいてくれ、それで何とか見られる絵にになりましたが。
ここは、太陽を浴びてカマが黒光りするのがいいなあと思いました。
Commented by kony5711 at 2012-09-07 18:18
>まむしさま

夏場にピーカンだと9521レは難易度が高いですね。
逆光のうえコントラストあり過ぎでどこに露出を合わせるか泣かされます。
結局、景色をメインに機関車は潰れても、ってことになってしまうので
場合によっては煙でも切ったりしてしまいます。
「さすが」と言って頂けるととても恥ずかしい。
単に苦肉の策だったりしますので・・・
なんかいい方法はないですかねぇ~
<< 9521レ SLやまぐち 鍋倉 9521レ SLやまぐち 大山路 >>