磐越西線 8233レ ばんえつ物語
2012/5/4撮影
 午前中にロケハンした候補地に戻る。日差しがあっても山影なのでいつも暗い場所だがトンネル出口に覆いかぶさる緑が印象的だった。戻ってみると風向きが悪い。山肌に当った風が吹き下ろしてくるので雨が顔に当る。これではレンズは水滴だらけ。少し退いて望遠にすればなんとかなりそうだが、肝心の緑が圧縮されて迫力が半減してしまう。さてさて・・・列車の接近時刻が迫っているので悩んでいる時間はない。濡れることを覚悟して三脚を据える。露出を決めて一旦カメラにカバーを掛ける。レンズの水滴を拭うために布をとりに戻って拭っていると、トンネルの中に光が。慌ててカバーを外した瞬間に列車が飛び出してきた。ブラインドのままシャッターを切ると、もう列車は後姿に! なんと愛想なし! 汽笛もなければ予兆もない。わずかなヘッドライトの反射に気が付かなければやり過ごしていたかもしれない。あぶない、あぶない!
b0185825_18224422.jpg
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-05-11 17:00 | 磐越西線 | Comments(6)
Commented by まむし at 2012-05-12 00:33 x
こんばんは。
目に鮮やか。というのは、このような情景を言うのでしょう。ほんと、緑が美しいですね。光ががばあと当たっていなくても、輝いています。みずみずしいという方が当たりかな。
素敵だと思いました。
しかし、プロウの有無だけではないのでしょうが、1号機に比べて180号機は重心が下めに思えて、どっしり感が強いですね(^o^)
Commented by C62重連  at 2012-05-12 09:05 x
毎度です!
トンネル飛び出しはサミットを越えて下り区間なのでしょうか・・・
意外とトンネル内にサミットがあると、下り絶気運転で「音も無く・・」は
現役時代のSLでもよくありましたね・・・
運転技術が上手く継承されているのでしょうね・・・
しかし、緑が眩いですねぇ!(^^)
Commented by kony5711 at 2012-05-12 19:06
>まむしさま

ありがとうございます。
今回は雨ばかりでしたが、その分、緑は鮮やかで綺麗でした。
秋の紅葉にも負けないくらいです。
こういうアングルだとプロウの有無はかなり影響しますね。
濡れたカマは見上げるとうまく光ったので余計に重量感があるのかもしれません。
Commented by kony5711 at 2012-05-12 19:10
>C62重連さま

毎度です!
雨や風の音のせいもあったのでしょうが、ほんとなんの予兆もなかったです。
普通はこんなアングルだと先にトンネルから風が抜けてきたりするのですが・・・
ほんと愛想なしでした!
ま、午後の下り列車は絶気区間が多いのでしかたないですね。
Commented by かしゃ猫 at 2012-05-14 22:34 x
雨に濡れた新緑がいい色合いですね。
こちらも今日からばん物のカットをアップ開始しました。
天気に恵まれなくともなかなかいいシーンは撮れたと思います。
Commented by kony5711 at 2012-05-15 18:40
>かしゃ猫さま

こんばんは
雨は雨なりになかなか面白いですね。
結構、好きです。濡れ鼠にはなりますが・・・
今回はニアだったようですが、またお会いできた時はよろしくお願い致します。

<< 磐越西線 8233レ ばんえつ物語 磐越西線 8233レ ばんえつ物語 >>