磐越西線 8226レ ばんえつ物語
2012/5/4撮影
 午前中の追い掛けの最後はこの鉄橋になることが多い。お手軽に撮れるというのと、足場が広いので後から後から車がやってきても三脚は立てられる。ただ、いつも撮っているとよく似た画になってしまうので悩ましい。南側からやったり北側からやったり、見上げてみたり離れてみたりと、いくつかのパターンはあるのだが、谷全体を渡るため鉄橋自体が長いので狙いを決めないとまとまらない画になってしまう。お手軽なんだが、実は結構難易度が高い気がする。
 定刻の発車よりも15分ほど早めに到着できたので、普段なら逆光になるサイドに廻ってうろうろしてみる。道路脇に立派な農家が3軒。高い畑の淵にあがればかわせて鉄橋の全体が見渡せるのだが、鉄橋の手前は道路や別の住宅や電柱やらでとてもうるさい。1つ1つかわしながらアングルを探すのもちょっと面倒そうだ。雨は止んで日差しがないので、ガバッと退いて全体を撮ってしまおうかとも思ったのだが、手前の農家の屋根がまだ濡れていていい具合に光っている。これをそのまま入れると鉄橋が上を渡る。これならなんとかうるさいものも処理できそうだ。姿を見せた列車はいつものように黒煙。追い風を受けて舞い上がり、ゆっくりとうねりながら手前に流れてきた。3両目以降は煙に隠されたので、上から編成を入れていれば撃沈したかもしれない。
b0185825_18265910.jpg
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-05-08 18:29 | 磐越西線 | Comments(2)
Commented by C62重連  at 2012-05-09 09:11 x
毎度です!
構図に悩まれたようですね・・・
で、手前の農家ですが、蔵もあり本屋の屋根には明かり取り(?)が
ある立派なものですね(@@;
多分、鯉幟が奥にあるのでしょうけど立派なんでしょうね・・・
Commented by kony5711 at 2012-05-09 17:48
>C62重連さま

毎度です!
そうなんです。実は鯉のぼり狙いでした。
雨は止んでましたが、さすがに泳いでなかったですね。
仕方がないので裏手に廻ったしだいで・・・
<< 磐越西線 8226レ ばんえつ物語 ピンクの水玉? >>