三岐鉄道 丹生川 普電
2012/4/7撮影
 丹生川まで来ると藤原岳は目の前に迫る。雪も止んで日が射すようになるとすっきりとその姿を現した。場所を移動してバックに入れてみる。架線柱の間隔を考慮すると余りズームを望遠側には出来ないが圧縮して大きく見せたい。なるべく線路寄りに寄って架線柱をかわす。それでも手前には邪魔ものがないのでフレームは創りやすい。上り貨物3716レを待つ。雲は小さくなったが量は多い。時折、流れてきては影を落とす。待つ間に普電が上下3本も通過。軌道も山もきれいに日が射している。普電は3両か4両編成なので画的にはまとまりが悪いが、次のタンカーなら14~16両編成。これならいい画になりそうだ。ところが定刻になってもなかなか現れない。7~8分遅れて踏切が鳴りだした。と、雲がすぅ~と流れて来た。列車は遅いので強風に流される雲のほうが速そうだが・・・結局、編成前半は影の中、後半は日が当って撃沈。現像時に調整はしてみたが、ここまで露出が違うと1枚の画にはまとまらなかった。で、日当り良好な普電から1枚、お付き合いを。
b0185825_201234.jpg
2012/4/7 三岐鉄道 丹生川 普電
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-04-13 20:12 | 三岐鉄道 | Comments(2)
Commented by まむし at 2012-04-21 14:30 x
こんにちは。
藤原岳がすっきり見えていい感じですね。カモレは光線が残念だったようですが、私、ここの電車の色、気に入っております。冬の名残の気配を漂わせた藤原岳にこの電車。色合いもよく、私はよい写真だと気に入りました。
Commented by kony5711 at 2012-04-23 17:30
>まむしさま

こんにちは
このポイントは沿線では有名なようです。
当日も何名かご一緒しました。
田に水が入るとまた雰囲気が変わるかもしれませんね。
ただ残念なことに毎年、セメント工場の定期点検で5月はカモレは運休なんですよ。
なんで、この電車を撮影しないといけません!
<< 桜井線 帯解  三岐鉄道 丹生川 3714レ >>