9522レ 白井
2012/3/25撮影
 午後も雲は多いが天気はまずまず。気温は低く、時折強い風が吹く。弁当を買って道の駅で昼食。のんびりと時間を過ごしながら午後の列車はどこでやろうかと相談。時間は十分にあるし、帰路のことを考えると午後の追い掛けは出来ないので腰を据えて一発勝負がよさそうだ。みつるさんの4x5のことも考慮して白井へ案内することに。道の駅、なごみの里から津和野川に沿って谷間に進む。白井の里はまだまだ冬の様相。菜の花くらいは咲き始めているかと思っていたが、梅すら咲いていない。12月の下見の時とさほど変わらない様子。4x5の距離感はわからないので大まかにポイントを説明して、後はご自由行動。どんな画ができるのか楽しみ! で、どこで撮ろうかと・・・風があるので線路際がベストだろうが、すでに何台か三脚が立っている。ならばとオーソドックスに川と橋を入れるアングルにすることに。煙が暴れたり、手前に流されたりした場合を考えてカーブを出た辺りで構図を創る。もともと編成が全部入る場所ではないので機関車と煙を中心に画角をちょっと狭い目に設定する。日が射せば順光だし、翳ると画面は暗くなるが川面の反射が目立ってそれもいい。かなり安全策だが、どちらにしてもこれならしくじることはなさそうだ。結果は計算通りに煙は流れて中央バックに入る民家の屋根が消され、薄日も射してオーソドックスな白井の画が仕上がった。
b0185825_18211365.jpg
2012/3/25 山口線 船平山~津和野 9522レ SL「やまぐち」
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-04-05 18:21 | 山口線 | Comments(0)
<< 2538D 長門峡 9521レ 小河内 >>