2546D 津和野
2012/3/24撮影
 昼食をゆるりと取って津和野の街に下っていく。天気は相変わらずパッとせず、時折パラパラと雨が落ちてくる。鳴滝から本門前まで見てみたが、これといった感じにならない。カッと日が射していればすぐに決まるのだろうが、どこも同じようにフラットな光線なのでイメージが創れない。ならば行ったことのない場所に行ってみようということに。太鼓谷稲荷に車を止めて、まずはお参り。境内を見て回ってポイントを探す。遠目は霞んでどうにもならないが、鳴滝の築堤まではすっきりしているので絵にまとめられそうだ。赤い石州瓦の町並みが暗い景色の中でも印象的。これならおもしろそう。足元に流れる津和野川には目の前に堰があって流れにアクセントがある。川縁の石積みと瓦屋根が津和野らしい雰囲気。背後の築堤をギリギリに入れてフレームを創る。ズームを調整していると突然、雲が切れて薄日が射してきた。ファインダの中が明るくなって綺麗に見えたところで、タンフォンが聞こえて気動車がやってきた。やっぱり薄日でも暗天よりはずっといい!
b0185825_15323219.jpg
2012/3/24 山口線 津和野 2546D
Canon EOS-40D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-03-31 15:33 | 山口線 | Comments(0)
<< 9522レ 津和野 2537D 渡川 >>