かわね路2号 大井川第一橋梁
2012/3/11撮影
 午前中にかわね路13号で下ってきた4両編成はELの単独牽引で新金谷に戻ったので、千頭に残った7両編成はSLが2台で牽引となる。久しぶりの重連撮影なので、どこで迎え撃とうかと・・・やはり長い編成を意識すると1橋がベスト。人が多くても足場も十分にある。笹間渡まで戻っていろいろとアングルを探す。順光サイドのリクエストを頂いたので河原に降りることになった。ゴロゴロと石がころがる河原を機材を持って移動。広い河原なので思った以上に距離がある。なかなかいいアングルが決まらず手前の支流を飛び石で渡って中州に行ってみることにする。ただ流れを渡るのは一苦労。石は滑りやすいうえに不安定、足元に気をつけながら1歩づつ進むが・・・あと少しの所で右足が水の中へ。バランスを崩してこけそうになったが、なんとか堪えて被害は最小限に抑えられた。右足はスネまでビショビショ。ま、雪の虎姫でラッセルしながら膝まで浸かったことを思えば大したことはない。ところが奥に行けば行くほど編成の縦撮りは難しいことが分かった。鉄橋から離れるとサイドから全編成が入りそうだが、列車は小さくなる。せっかくの重連なので機関車をはっきりと捕らえたい。結局、悩んだが編成撮りは諦めて機関車2台を頂くことにする。バックの山の木に変化をつけたいが、程よいアングルでは手前に撮影者の姿が入ってしまう。これも入れてしまうことも考えたが、橋脚の下から笹間渡温泉の建物がちらりと見えて、ちょっとうるさい。フレームは煽って鉄橋を下端に据える。苦肉の策だが、これなら山の木もすっきりする。登場した列車は吹き下ろす強い風に煙が流され編成に被ってしまった。特に後ろのC11は前のC10の煙で隠され姿がほとんど見えない。連写したカットの中で一番重連らしく見えるものを選んだが・・・リベンジですね!
b0185825_22115697.jpg
2012/3/11 大井川鉄道 大井川第一橋梁 かわね路2号 C10-8+C11-190
Canon EOS-40D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-03-18 22:14 | 大井川鉄道 | Comments(2)
Commented by C62重連  at 2012-03-19 10:08 x
毎度です!
雄大な鉄橋を渡る重連でしたが、風に災いされましたね・・・
でも、風で煙が思う方向に流れないのも、SL撮影の醍醐味だと
久しぶりに思いました・・・
フィルム時代なら困ったものでしたが、デジタルの時代の今なら
気力次第で「次は・・」って考え直せますからねぇ・・(^^;
Commented by kony5711 at 2012-03-19 19:39
>C62重連さま

毎度です!
もうちょっと噴き上がると思ったんですが、吹き下ろしの強い風で絡まってしまいましたね。次回は場所を考えないと・・・
また、ご一緒してください!
<< 9864レ EF81-146 ワム貨 かわね路14号 大井川第三橋梁 >>