かわね路1号 第2橋梁
2012/2/18撮影
 かわね路1号はC56の牽引でやってきた。大井川でC56は初遭遇。ちょっとテンションが上がって、追っかけをすることに。この沿線で追っかけはあまりやったことはないので具合は分からないが、家山停車中に先行すればなんとかなるかと。笹間渡まで来るとすでに7分ほど先行。列車の速度はかなり遅いのでこれなら飛ばす必要もない。前を走る軽トラに付き合ってのろのろと北上。目指すは第2橋梁。気温は低いままだが天気は最高。どこも綺麗に日が射していてすばらしい。駿河徳山を過ぎて山道になると驚いたことに北側斜面に積雪がある。なんとなんと! ほんの少しだが白い! 一部路肩が白い場所も。ここでも前夜は降っていたようだ。2橋に着いて急いでカメラをセットする。橋梁を縦に狙って、頭からドカンのアングル。姿を見せたC56は見事な灰煙。ところが、しまった! なんと煙は勢いよく噴き上がって画面の外へ。C11ならば後ろになびく程度なんだが、C56は威勢が良すぎる。思った位置に煙がこなかった。残念!
b0185825_1846436.jpg
2012/2/18 大井川鉄道 大井川第2橋梁 かわね路1号
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-02-22 18:48 | 大井川鉄道 | Comments(2)
Commented by C62重連  at 2012-02-23 11:15 x
毎度です!
C10、C11と同出力程度ながら、C56の方がパワフルですねぇ・・
大井川のC56の魅力は、「適度な煤けた感じ」ですね(^^)
某、旅客会社のそれは、黒塗りと派手な金の縁取りがありますから
装飾っぽく見えてしまいますものね・・・
まあ、人それぞれではありますが、当方は「大井川機」に一票かな(^^)
Commented by kony5711 at 2012-02-23 18:51
>C62重連さま

毎度です!
飾りっけのない姿は風格がありますね。
大井川では唯一のテンダー機ですから、ここで見ると大きく見えてしまいますよ。後ろも旧客ですからノスタルジック派にはたまらんでしょうねぇ。HMもないし!
<< かわね路2号 笹間渡 ナイトトレイン 笹間渡 >>