姉川堤防
2012/2/12撮影
 午後2時を過ぎてやっと雪が止んだ。もう蒸機列車は来ないが、雲が切れて空は綺麗になってきた。吹雪いたままならテンションが下がってしまって回送列車も待たずに撤収するつもりだったが、これなら残る価値はありそう。もう1度姉川の築堤に戻ると、傾きかけた太陽がちぎれた雲を照らしてなんともいい雰囲気。とりあえずポイントでカメラを構えてみた。が、ダイヤを調べても列車はなにも来そうにない。仕方がないので空に露出を合わせて忙しなく流れる雲を狙う。地表は暗く写っているが実際は真っ白でもっと明るい。線路の向こう側の雪原は日が落ちているので湖面のように光っている。太陽の輪郭と差し込む日の光がおもしろい。
b0185825_1931575.jpg
2012/2/12 北陸線 長浜~虎姫 姉川鉄橋付近
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-02-16 19:32 | JR北陸線 | Comments(2)
Commented by C62重連  at 2012-02-17 12:10 x
毎度です!
光が織り成すコントラストが絶妙ですねぇ・・・
最近出場のトワ客車の銀色屋根なら怪しく光るのかも・・(^^;
車両通過時には、どんな絵が見られたのか気になりますね・・
Commented by kony5711 at 2012-02-17 18:51
>C62重連さま

毎度です!
そうなんですよ。
225系あたりの新快でもいいと思ったんですが来ませんでした。
昼間は1時間に1本ですから・・・
夕方リトライしましたが、風景は違っていました。
またお見せします。
<< 回9244レ EF65-1124 9243レ 北びわこ3号 >>