抜里
2012/1/3撮影
 予定の撮影は終了したが、まだまだ光線がいいので帰り道で普電をもう1本狙うことになった。抜里に着くと抜群の斜光線。茶畑がオレンジ色に染まって、なんともドラマチックな色をしている。列車はこの光線を生かして撮るとして、逆光でもなんとか絵を創りたい。やっぱり逆光が好みに合って仕方ない。軌道にカメラを向けて、露出をアンダーにしてゆくと、いい雰囲気だ。踏切標識を入れて、陰の中に消え行く軌道を捕えてみた。標識の脇に小屋が入って気になるので、黒く潰してレールだけを光らせる。フレームの右上、外に太陽があるので、どうやってもフレアが消えないが、こんなもんでしょ。列車を待つ間にちょっとしたお遊びのつもりだったが、結構まとまった絵になった。
b0185825_19294055.jpg
2012/1/3 大井川鐡道 抜里
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-01-09 19:31 | 大井川鉄道 | Comments(4)
Commented by C62重連 at 2012-01-09 22:09 x
毎度です!
鉄の楽しさだけでなく、遠征は僅かな瞬間でも楽しい時間になりますね・・・
画像を「創る」って作業の楽しさを感じる瞬間ですな(^^)
Commented by kony5711 at 2012-01-10 19:16
>C62重連さま

毎度です!
列車が来なくても天気がいいと楽しいですね!
特に朝夕の斜光線時間帯の逆光は大好物なんでおいしく頂かないと・・・爆!
Commented by まむし at 2012-01-15 14:56 x
車両のない鉄道写真のよい作例ですね。
私も逆光大好きですので、興味深く拝見しました。やはり逆光でレールとともに張り巡らされた電線が光るのが素敵ですね。
私もこういう光景を見るとしびれます。
Commented by kony5711 at 2012-01-16 18:41
>まむしさま

こんばんは
本番列車のアングルが順光側ですぐに決まったので、待つ間の暇つぶしでしたが、結局、夢中になってしまいました。角度を変えたり、露出を変えたりで、20枚以上撮ってました。(笑)
こういう光景に1日の最後で出会うと幸せな気分で帰宅できますよね。
<< 7090レ EF200-6 柏原 72レ EF65-1117 芦屋 >>