近鉄車 笹間渡
2012/1/3撮影
 午後の折り返し列車までには十分に時間があるので、もう1本普電を狙うことに。少し高い場所に登って橋梁を見下ろす。天気はいいのでカーブした橋梁全体が見渡せる。背後の山は陰になって暗く、手前の橋梁が浮いて見える。ここだけ頂くことにしてフレームを創る。サイドには日がほとんど回らないので黒いSLでは撃沈だが、明るい電車ならなんとかなりそうだ。日が射した斜面を1/3残して、あとは暗い斜面で構成する。陰の手前に2両編成が浮かべば成功。前回は橋梁を上下の中央にして失敗したので、今回は斜面を多めにし橋梁は下へ。これで、列車が右下に来ればバランスは良くなるかな? 丁度中央に架線柱と退避所が来るのが気に入らないが、仕方ない。結局、この2つが列車にかかってしまった。まだまだ工夫の余地がありそうだ。
b0185825_17231732.jpg
2012/1/3 大井川鐡道 抜里~川根路温泉笹間渡 近鉄車
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2012-01-06 17:23 | 大井川鉄道 | Comments(2)
Commented by C62重連  at 2012-01-06 17:20 x
毎度です!
雄大な景色を優先すると、やはり気になるのは架線柱ですね・・
当方も、車両の連結部分に持っていこうとして失敗・・・(;_;)
なかなか思い通りにならないのが、次への活力だとプラス思考に・・爆
Commented by kony5711 at 2012-01-06 19:04
>C62重連さま

毎度です!
この鉄橋の架線柱の1スパンが丁度2両分なうえに、架線柱脇に必ず待避所もあるので待避所が頭か尻にかかってしまいます。飛ばすとどうしてもこの処理がうまくいかない。何度も失敗してますわ~ .....笑!
<< かわね路2号 田野口 かわね路1号 笹間渡 >>