9521レ クリスマス・トレイン 
2011/12/23撮影
 追っかけの2発目はいつもなら長門峡辺りだが、さらに走って名草を目指す。実の残った柿の木が沿線にあることを知ったので、朝に下見をしてみると実に雪が積もって、いい感じ。昼前の列車通過時には溶けてしまうかもしれないが、バックの田の雪は残りそうだ。というところまでは確認した。現地に着いてみると、なんと大勢の方がすでにスタンバイ。考えることは皆さん同じだったようだ。ただ、やっぱり柿の実に積もった雪はなく、みぞれが降っていて露出はない。バックの山並みも半分はガスの中で、フワッとしてつかみ処のない風景。広角ぎみに狙うのが無難だが、どうもポイントが絞れない。思い切って70-200mmで実だけを大きく入れるアングルを探る。縦にしたり、横にしたり、位置を変えてみたりと四苦八苦。結果はご覧の通り。列車の尻尾が若干切れてしまったのと、人の多さに立ち位置がベストにならずフレームが今一つ追い込めなかったのが残念。また、来年の課題かな?
b0185825_1514362.jpg
2011/12/23 山口線 名草~地福 9521レ クリスマス・トレイン
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-12-29 15:14 | 山口線 | Comments(2)
Commented by C62重連 at 2011-12-29 16:04 x
毎度です!
編成キッチリ、手前の柿木、雪の畑・・・バッチリの構図ですな!
C56に2両の客車と言うのが本来の姿だけに、SL晩年の臨客っぽくて良いです(^^)
Commented by kony5711 at 2011-12-30 19:34
>C62重連さま

毎度です! 
確かに晩年の臨客ですね。
機関車自体ではなく列車全体がかわいいので好感が持てました。
北びにいつも違和感があったのは、そう言うことだったようです。
この姿が一番、似合ってますよ!
<< 9521レ クリスマス・トレイン 9521レ クリスマス・トレイン  >>