和歌山線 吉野口
2011/11/23撮影
 8時を過ぎてやっと谷にも日が射し始めた。とは言ってもまだまだ影の面積のほうが広い。谷筋の奥に特徴的な三角屋根の建物を見つけた。以前は茅葺だったのだろうか。そこだけ日が射しているので、辺りの暗い影とのコントラストが気に入った。傍を通る軌道もほとんどが影の中だが一瞬だけ面に日が当りそうだ。どう狙おうかと思って道路から一段低い田の畦に降りてみる。と、休耕田の片隅に白い穂を付けた植物が群生している。あまり詳しくはないがおそらくチガヤ(茅萱)だろう。地下茎が発達するのでススキのように群生する。河原などでよく見かけたが最近はあまり見ない。暗い日陰の中でふわふわとした白い綿毛が不思議な光景に見えた。この前に陣取って日向に露出を合わす。スポットライトの当った三角屋根と暗がりの中の白い筋。ちょっとおもしろい。
b0185825_17412568.jpg
2011/11/23 和歌山線 吉野口~北宇智 
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-11-24 17:42 | 大和路・和歌山線 | Comments(4)
Commented by C62重連  at 2011-11-25 16:12 x
毎度です!
田舎の鄙びた風景に似付かない青い車両ですねぇ・・(^^;
出来ればバス窓の10系あたりがベストなんでしょうけど・・・
白い穂の植物も最近ではあまり見ませんが、なんか昔よく見た記憶がありますねぇ・・
久しぶりに見る風景です・・(@@;

Commented by kony5711 at 2011-11-25 19:32
>C62重連さま

毎度です!
確かに綺麗な車両は不釣り合いですが、
今風の田舎は、どこに行っても新しい車って感じですね。
里の原風景と古い車両の組合せは少ないなぁ~
でも撮りたいですね。

Commented by まむし at 2011-11-27 22:03 x
こんばんは。最初、スマホでこの作品を見させてもらったときは、明暗差が激しく、小さな画面ではよくわかりませんでした。
今あらためてPCで見ますと、影のところもしっかり絵にされており、さすがだと感じ入りました。
それにしても、イノシシはいやですねえ。このところ、各地でイノシシに人が襲われるケースが目立っています。周辺監視をしながらの撮影は集中できにくくなりますものね。
Commented by kony5711 at 2011-11-28 18:40
>まむしさま

ありがとうございます。
手前に日が射すまでもう1本待とうかと迷いましたが、この日は曇ってくることがわかっていたのでもっといい場所はないかと、移動してしまいました。また来年行ってみます。
イノシシは集落の周辺に結構いるようです。
毎朝、姿を見るとか聞きました。
狭い小道で鉢合わせして目が合わない限り大丈夫なようですが、
それでも不意打ちはいやですしねぇ。
<< 和歌山線 吉野口 近鉄 吉野口 >>