EF59-21 JRF広島車両所
2011/10/23撮影
 昨年の広車公開は雨で外に展示された車両がゆっくり観察できなかった。なかでも残念に思ったのはEF59だったが、今年は前に出され広車のスターEF66-1の隣に並んでいた。両サイドとも撮影できる状態なのはうれしい。足回りこそ汚れたままだが、上回りは綺麗に磨かれている。古老の趣きは存在感抜群。EF66-1ですら迫力負けですな。種車は昭和初期の東海道のエースEF56。2エンドはトラ塗りされているが1エンドは古えのまま(?) 風格のある面構えと丸いオデコが特徴。テールランプの配線も繋がっているし、運転席のメーター類も見える範囲は綺麗な状態。自走するとは思えないが保存状態はさすがに抜群だ。願わくば足回りにも手を入れてもらえれば満点なんだが・・・
b0185825_19534966.jpg
2011/10/23 JRF広島工場 EF59-21
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-11-01 19:54 | その他 | Comments(2)
Commented by C62重連 at 2011-11-02 16:55 x
毎度です!
行灯タイプのテールが味を出していますねぇ・・・
広いデッキは、EF67なんかの後付でないだけに
真に走行開放のための設備ですものねぇ・・・
やはり、デッキ付き電機はカッコが良いですな!
Commented by kony5711 at 2011-11-02 19:24
>C62重連さま

毎度です!
かつてSL終焉後は、デッカーを追いかけていた時期がありました。
上越国境や青梅、吾妻、阪和、紀勢などなど
好きでしたねぇ~ カッコよかった!
EF16+EF15なんかもう痺れてましたよ!
<< EF500-901 JRF広島車両所 JRF広島車両所 EF510-1 >>