9521レ SLやまぐち 長門峡
2011/10/16撮影
 晴天だったのに9時を回ると風もでて雲が増えてきた。翳ると露出がぐっと落ちてしまう状況。本番列車をどこでやろうか迷ってしまう。C56なのかDDなのかも情報がない。C57+DD51も悪くはないが、久しぶりなのでSL重連も撮っておきたい。コンプレッサの故障が直っていればいいのだが。とりあえず長門峡に陣取って時間を潰す。風は止むことはほとんどなく、しかも風向が定まらない。煙がどう流れるのか予測もつかないが、順光サイドで編成を狙う。しばらくすると、別の場所に行かれた、たつやさんから連絡が。SL重連らしいとのこと。やっとやる気がでてきた。1台は飛ばして、鉄橋を渡った直後を編成一杯にセット。もう1台は引いてゆったりと全景を入れてフレームを創った。メインは望遠。さて、どうなることか。
 定刻に列車が到着。黒煙が立ち登ったが2機かどうかはまだ判らない。出発直前に黒煙の量が増えだすと、風に乗って辺りの風景を隠し始めた。まづい! 強い風は風向を変えるので谷の向こうも、こちらもどんどんと黒煙が広がっていく。これでは煙幕を張られたようだ。長い汽笛が1つ。さらにもう1つ。C56がいるようだ! ゆっくりと鉄橋を渡りはじめると望遠のファインダのなかは黒煙だらけ。黒々と霞んで列車がぼやけている。さらに強風が煙を前に押し出して最悪の状態。列車よりも黒煙のほうが速度が速く先に進んできた。先頭のC57ですら霞んでいる。どうにもならずこの絵は撃沈。その後、列車は速度を上げて黒煙の靄を追い越す。退いた絵はなんとか客車1両分まで靄の外に出てくれた。が、煙は勢いよく向こう側に倒されてしまった。せっかく雲が切れて日が落ちていたのだが、なんともスカッとしない出来になってしまった。
b0185825_21465456.jpg
2011/10/16 山口線 長門峡 9521レ SLやまぐち
Canon EOS-40D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-10-26 21:47 | 山口線 | Comments(2)
Commented by C62重連 at 2011-10-27 15:07 x
毎度です!
SLは単機牽引でも、煙の流れ出具合で作品の出来が左右されますが、重連となると更に難しい・・(^^;
光線だけで、納得出来る電機や電車と違って、奥が深いですね・・・
Commented by kony5711 at 2011-10-27 19:20
>C62重連さま

毎度です!
そうなんです。SLは風まで写ってしまいます。(笑)
同じ場所で同じアングルをとっても同じ絵にならないので飽きない。
結局、通ってしまうという悪循環!
じゃなくて好循環。おもしろくてたまりまへん~
<< 9521レ SLやまぐち 徳佐 2538D 篠目 >>