465T 吉野口
2011/10/2撮影
 辺りは益々暗くなってきた。谷筋に沿って細い道を走ると線路脇に真赤な彼岸花が目に飛び込んできた。既にほとんどの場所では枯れ始めていて色褪せているのだが、ここはまだまだ真っ盛り。暗い谷の奥なのに鮮やかに存在を主張している。思わず車を止めて畦に座り込んで見とれてしまった。暗ければ暗いほど鮮やかに見えてしまうのはなぜだろうか? 列車の通過までしばらく時間はあるがフレームを創って待つことにした。せっかくなので花を大きく入れて列車は流してしまう。露出がないので丁度いい。花にピンも露出も合わせてみた。赤が奇麗だ。
b0185825_2225103.jpg
2011/10/2 和歌山線 吉野口付近 465T
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-10-05 22:25 | 大和路・和歌山線 | Comments(0)
<< F1 日本GP 鈴鹿 469T 吉野口 >>